ぽん太さんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

イルイル始めて思うのですが、

顔を見たこともない人でも、共感してもらったりすると心強いものです。

これからの待ち時間の過ごし方が変わる気がしています。

みんなこの「ドヨォン」を感じているんだと思えばなんてことない。

寄り添ってくれる人は直接の知り合いじゃなくても、お医者さんと同じくらい必要な存在です。

49 view
2017/05/20 19:42

子宮頸がんの検診を受けるようになってすぐ頃、生理不順が続くようになってしまいました。

ずーっと規則正しく来ていたのに、どんどんズレて、しかも間隔まで狭くなってきて、どうしちゃったんだろうって不安になりました。

生理不順が3カ月くらい続いた頃、何かの本でくるぶしのマッサージは女性特有の病気に良いって呼んだんです。

速攻くるぶしをグリグリしました。

お風呂に入りながらグリグリグリ

テレビを観ながらグリグリグリ

勉強しながらグリグリグリ


そしたら、次に来た生理が予定日ぴったりだったんです。

しかもめちゃくちゃ軽い!


あまりに大きな変化だったのでびっくりしました。

なのでまたくるぶしをグリグリグリ

そしたら次の生理も予定日ぴったり!

しかもまたまた軽い!!

なんだか健康になった気になります。

36 view
2017/05/18 20:32

前回の検診から来月で半年です。
早いな〜
まだ3カ月くらいしか経ってない気がするのに。

早くもっとハッピーな目的でクリニックに行きたいです。

たまごクラブとか待ち時間に読んじゃうような。

私の通ってるクリニックは夫婦やパートナー同士で来る人がとても多いです。
子連れとか。

1人の人の方が珍しい。

だから寂しいです。

んもぉぉ、誰か一緒にいこーーー!!

40 view
2017/05/17 19:12

最近、カロリーも気にせずかなり食べてしまっています。
運動も最近できていません。

言い訳をしてしまえば、余裕がなくて食生活や運動に気を使っていられない。

でも、余裕が無いのにいっぱい食べて、運動も出来てなくて、罪悪感に襲われ、余裕がもっとなくなるという悪循環!

日曜日が終われば忙しさから抜け出せるので、しっかりしっかりコントロールしていくつもりです。

6月にフルマラソン初挑戦するので、そのためにももうちょい体重落とさないとです。

35 view
2017/05/16 19:14

どこまで本当なのか分からないのですが、お砂糖の摂取量が気になっています。

特に白砂糖の依存性と健康への悪影響は最近よく言われるようになっていますよね。

集中力低下や病気の原因になるとか...

私、甘いものがすこぶる好きなんです。

辞めることなんて絶対に出来ないし、ついつい食べ過ぎてしまいます。

でも、減糖は健康への1番な近道な気がするし、一石千鳥くらいありそうな気がするんです。


でも今日も菓子パン2個食べちゃったし..

今はとても減糖に気を遣える余裕が無いのですが、もう少しでひと段落するので、原糖生活スタートしてみようと思います。

32 view
2017/05/15 17:02

前に検診の結果を聞きにいって、異常がなかったので、

「次回も異常なしなら1年に1回にしてみましょうね」

と言われました。

あれからもう結構経ってるんですけど...

異常無しって言われてるんですけど...

1年に一回でいいですよーってまだ言われていません。

私は筋腫もあるので半年に一回の検診が理想だとは思うのですが、時間と費用を考えると少しでもセーブできるとありがたい!

次回、聞いてみよー!

38 view
2017/05/14 20:06

1番最近の検診での出来事。

検診に行く数週間前から下腹部がグゥッと圧迫されるような感覚を覚えるようになりました。

ほんの一瞬だけの違和感なのですが、今までそんなに感じたことがなかったのに、最近になって結構頻繁に感じるようになりビビってしまいました。

そこで、検診の時、先生に伝えてみました。

「じゃあその辺もよく診てみましょうね」

と言ってくれて、診察台へ移りました。

子宮頚がんの結果はその場では分からないのですが、筋腫の大きさとか子宮の炎症の有無とかはその場でモニターを見ながら説明が受けられます。

詳しい話を聞くためにまた別室へ移ります。

筋腫が以前に増して大きくなってしまっているというのはバッドニュースでした。

そして先生に伝えていた違和感については

「たぶん便です。便が子宮近くを通るときに圧迫を感じることがあるのでそれだと思います。」

と...。

は....恥ずかしい!!

でも、グッドニュース。


私はもともと快腸な方ではないのですが、それを改善しつつある最近は下腹部の違和感は全くありません。

ってことはやっぱり便やガスの仕業だったのかもな...。

...

もっと読む

49 view
2017/05/13 10:25

たまたまではありますが、HPV陽性の結果が出た時期にランニングをし始めました。

太ってたのでダイエットで始めたのですが、最初は全然走れなくて、歩いても10分くらいすると飽きちゃって、全然うまくいきませんでした。

でも何故か続けたんです。

同時に食生活もバランス重視にしてみました。

お菓子もずーっと食べない日が続きました。

なぜかほぼ無意識に。

あー!お菓子食べたい!!

とか、

あーー!お腹減った!!

とかはありませんでした。

そしたら、なんとあら不思議!!

3ヶ月くらいで8kg減りました。

なんであれが出来たのか、今では不思議で仕方ありません。

でも、気持ちはずっと暗かったです。

HPVのもたらしたプラスとマイナスの効果かもしれません。

39 view
2017/05/12 00:11

ストレスっていろんなものをマイナスの方向へ持っていく強い力があるとおもいます。

どんな症状にも共通することですが、このストレスを軽減したり、うまく付き合っていけるようにならないと、病気になったり病気が悪化したりすることがあると思います。

私は筋腫もあるのでストレスには要注意。

と言っても、生きていればストレスに必ず出くわします。

仕事や家庭のストレスは、思考を変えてみたりスルースキルを身につけてどうにか付き合っていかないといけません。

でも、そのほかの人間関係からくるストレスは自分でどうにでもできる。

クリニックに通うようになる前と今では、私の交友関係は大きく変わりました。

ずっと前から遊んでるし、ここと切っちゃうとあっちとも切れちゃうし、色々良くしてもらったし....

と思って消極的に続けていた関係は、少しずつ切ってしまいました。

自分でも何様だよって思うのですが、そういうレベルで付き合っていた人達なので、グループラインから私がいなくなったことにずーっと気づかれることが無く(^_^;)

ある意味、両想いだったのね(^_^;)

でも性格が明るくなりました。
考え方...

もっと読む

49 view
2017/05/10 16:54

クリニックに定期的に通うのは、楽しくないし、時間は奪われるし、お金は取られるしで散々です。

周りは幸せそうなカップルや妊婦さん。

置いてある雑誌もマタニティ系で、本当に肩身が狭いです。

なーんにも良いことなんてない!!!


と、言いたい気持ちはあるのですが、クリニックに通うようになってからは、自分が女性であるということをより強く感じるようになったし、自分を大事にする気持ちが強くなりました。

人間の体は複雑だけど、中でも女性の体は特に複雑。

メンタル面も含めると宇宙並みに不可解。

一度傷つくと元に戻すのは大変。

精密機械のようなものなんだと思います。


好き勝手やりすぎても良くないし、庇い過ぎても良くない。

ほんと、大変です。


でも1番良くないのは自分の身体に関心を持たないことではないでしょうか。

今まで何も異常なんて出たことないし、私昔から健康だし!

っていう意識でいることは非常に無責任なんだと感じるようになりました。

病気になれば誰かを心配させてしまったり、通院等の時間確保のために誰かに仕事や家事を頼まなければならなかったりする。

頼ることは大事だけど...

もっと読む

66 view
2017/05/09 19:24

セカンドオピニオンとしていつもと違うクリニックへ行ってみて、そっちが良かったら乗り換えようと思っていましたが、今までのクリニックへ戻ることにしました。

予約がネットでできるから、よほどのことがなければ30分以上待たされることはないし、

女性のお医者さんにお願いすることもできるし、

手術もできるし入院施設もある。

通い始めに出くわしたキモいおじいさん先生にさえ会わないようにすれば何も不満はありません。

なので、このまま定期検診は今まで通りのクリニックへ通い、また区検診の時が来たら別のクリニックへ行って比較を続けることにしました。

38 view
2017/05/08 19:12

数週間後、区検診の結果を聞きにクリニックへ行きました。

A4サイズの紙が一枚、デスクの上に置かれていて、

「異常なしでした」

と言ってもらいました。

そっか...じゃあ安心していいのかしら...

セカンドオピニオンのために他のクリニックへ行って、欲しかった返事を貰えましたが、それでもやっぱり

「本当かな〜」

という気持ちはぬぐえませんでした。

これからずっとこんな感じなんだと思います(汗

50 view
2017/05/07 18:47

もの凄く長い時間待って、やっと呼ばれて診察室へ行きました。

とても元気でパワフルな側近らしき看護師さんと女医さんがこれまた小さなお部屋にいらっしゃいました。

すぐ近くに置いてあるあの椅子に座り、細胞を採って終わり。

結果はまた数週間後に来てください、と言われ、1ー2時間の待ち時間に対し5分くらいの診察&お支払いで終わりました。

そのあとはお楽しみのランチ!

予想外の待ち時間だったのでお腹がぺこぺこだったのを覚えています。

59 view
2017/05/06 19:18

事前にクリニックのHPを見てみたら、どうたら予約制では無いようで、待ち時間覚悟で都合の良い日に行けば良いみたいでした。

いつ行くかまだ決まっていなかったのですが、ある日「今日行ける!午前中の診察時間に間に合う!!」と思い、突如行くことにしました。

診察時間ぎりぎりで入ったせいか、待合室がいっぱい!!

ワンフロアの小さなクリニックなので、圧迫感がすごかったです。

感じが悪いとは言わないけど、声の低い真顔の若い受付の人に区検診であることを伝えてかろうじて空いていたソファの隙間に座りました。

1時間以上は待ったと思います。

案の定私が最後の患者。

あの受付の人は診察時間ギリギリに来たから

「んもー、ランチが遅くなるじゃない!」

って思ったのかも(^_^;)

私も飲食店でバイトしてた頃、閉店時間ギリギリに入ってくるお客さんにイラっとしてたからその気持ち、分かります!

お皿洗えないから食洗機の掃除ができないんですよねー!

結果帰る時間遅くなる。

これからは時間に余裕を持ってこのクリニックへ来よう!と決めました。

49 view
2017/05/05 11:31

なんやかんや過ごしていたら、また区検診の時期がやってきました。

いつも行ってるクリニックじゃなくて、違うところで診てもらおうと思い、

近所に住む友達が通っているクリニックへ行くことにしました。

もしかしたら今通ってるクリニックより良いかもしれないので、家から通えて、信頼できる友達が「良い」「問題なし」というクリニックが理想です。

それにバッチリ当てはまりました。

42 view
2017/05/04 17:02

HPV陽性の結果が出た時、私は付き合ってまぁまぁ長い彼氏がいました。

HPV感染の原因は性交渉に限られないのですが、仮に性交渉が原因だとしてもHPVの潜伏期間って10年くらいあるらしいので、相手など特定不可能です。

また、HPVは女性に常駐するウイルスで女性だけが感染するので男性に移してしまうものではありません。

でも、当時の彼とは真面目に交際をしていたので陽性反応が出たことを伝えました。

彼は「原因を作ったのは俺かもしれないし」と言って寄り添ってくれました。

デートの時も今までと変わらずに接してくれたし、性交渉においても「病気持ち」みたいな扱いなど一切せず今まで通りでした。

素晴らしい彼氏ですよね。

でもお別れしました。

あんな素晴らしい彼氏、もう他にはいない!なんてこれっぽっちも思っていません。

彼の態度は好きな人に対する態度として当然のもので、私が逆の立場でも同じように振舞います。

病気って人生の一大事で、婦人科系の病気は女性にとって一大事どころじゃありません。

そんな病気持ちの私と一緒にいてくれた、理解してくれたってだけで相手が唯一無二の存在のように思えて...

もっと読む

176 view
2017/05/03 19:02

HPVは免疫力が通常ならば感染することのないもの。

でも女性であれば自分の中に常駐するもの。

ならば免疫力を高めなきゃ!!

と思い、「免疫力UP 食べ物」と検索しまくりました。

とにかく色んなものが出てきました。

あれが良いと言われれば買って調理して食べ、

でも筋腫持ちでもある私には合わないとされる食材もあったりして、

なんだよ!もうわからん!!

となり、調べるのを辞めました笑

結局は、ちゃんと寝て、新鮮で栄養のあるものをバランス良く美味しく食べて、適度な運動をすれば問題ないってことでしょ。

体温を高めに保てばいいってことでしょ。


ずーっとずーっとバランス良く食べるのはちょっと難しくて、どうしてもジャンキーに行きたい日があって、とことんジャンキーに行っちゃうけど、全体的にヘルシーな食生活、生活サイクルを心がけるようにしています。


体温上げるのに1番効いて手軽なのは白湯です。

白湯を毎日飲むと風邪引かなくなるので免疫が上がっているんだと思います。

お通じにも良いです。

白湯最強!!笑

50 view
2017/05/02 13:20

3か月に1回ペースで定期検診をしていたので年に4回検査でクリニックに通っていました。

プラス、結果を聞きに行っていたので8回。

自分以外の女性のことは分からないので、このくらいの回数は大したことないのかもしれません。

でも、今まで区検診の時にしか産婦人科なんて行かなっかったのが急にそれだけ通うようになったので、生活は大きく変わった気がしました。

結果を聞く時のあの嫌な緊張には未だに慣れません。

でも、毎回「異常なし」と出ていたので、「次からは6ヶ月に1回でいいですよ」と言ってもらえました。


よかった〜...

というホッとした気持ちと、

もしや...最初から誤診だったとか...

という疑いの気持ちがありました。

まぁ、冷静に考えれば誤診ということは無いとは思うのですが..

でもこうやって定期検診をするのは大事、普通という感覚を与えてもらった事は非常に貴重だと思っています。

52 view
2017/04/30 19:04

毎月受けていた定期検診でしたが、異常なしの結果が続けて出ました。

でも、HPV陽性と一回は出てしまったから通い続けてほしい、次回から3ヶ月に一回にしましょうと言われました。

まだ通い続けるのか...と思いましたが、毎月から3ヶ月に1回は精神的にも経済的にも大きく違います。

ただ正直、「もう大丈夫です、これからは区検診だけちゃんと受けてください」と言って欲しい気持ちはありました。

きっとそんな日は来ないし、こうやって定期的に見て貰うのは大人の女性としての自分に対する責任なんだと思います。

51 view
2017/04/29 17:20

HPV陽性と出て精密検査を受けてから、定期検診は毎月受けていました。

検査のためにクリニックへ行き、結果を聞きにクリニックへ行き...

なんてしているとあっという間に次の検査の日になり、ずーーっとクリニックへ行きっぱなしな感じでした。

結果は電話で聞くことも出来るのですが、もし何か問題があったら電話より直接話を聞きたいし、来院した方がその日にすぐ検査なり治療なりができるかもしれないので、念のため来院するようにしています。

でも、結果を聞くのなんて一瞬で終わってしまいます。

クリニックのためだけにこの街に来るのは悔しいので、ネットで周辺の美味しいお店を探してクリニック後のお楽しみを作っていました。

美味しくて安いタイ料理とか、お寿司屋さんを見つけましたよ(*´∀`*)

まず、まっすぐ帰ることはしませんでした。

あくまでクリニックは「ついでの用事」かのごとく、クリニックだけにならないように過ごしていました。

今でもそうしています。

今度はラーメン屋さんに挑戦してみようと企んでおります。

49 view
2017/04/28 20:04

前にも少し書きましたが、HPV陽性と出て定期検診をするようになって、度々母の言葉に怒りを覚える事があります。

「あー、なんでこんなことになっちゃったんだろう...」

とかまるで私がストレスの原因みたく言われると、なんだか生きててすみませんって気持ちになります。

「私はもう子供産まないから、病気ちょうだい!!」

とか、何かにつけて病気病気言います。

非常に不謹慎だなと思います。

私の事を心配して、親心から言ってるんだと納得しようとしたこともありますが、

ある時、私がうがいをしていたかなんかで口から水を出した時、たまたま手を伸ばして来た母の腕か手に水が飛んだらしいのです。

そしたら

「ちょっとー笑 エイズが移る!笑」

と言われました。

力が抜けて何も言えませんでした。

言うとしたら、もの凄く汚い言葉100連発くらいしかないです。


家族にこんなバカがいるのかと、HPVを通じて知ってしまいました。

親に言わなければ良かった。

友達の方がずっと精神的なサポートになる。


我が家特有の現象なんだと思いますが...。

私は例え今の状況が悪化してがん化してしまったと...

もっと読む

84 view
2017/04/26 17:34

婦人科系の問題を抱えている女性はとても多いとは聞いていましたが、私は至って健康なので病気に悩まされたことがなく、婦人科系の病気とも無縁だと思っていました。

もっと年配になってから心配するようなものだと思っていました。

周りの知り合いの女の子が不正出血の話とか筋腫の話とか、生理痛がひどいっていう話をしていても何もわからず共感もできずでした。

気の毒だなと思うくらい。

でも、私も婦人科系の問題を抱えることになってしまいました。

気の毒だと思ったバチかなとも思いました。

でも、やっと気持ちが分かったんです。

頻繁に婦人科系クリニックに通って薬を飲んだり、婚期を気にしたり、ひどい生理痛や不正出血で辛い思いをしている人の気持ちが。

全く同じ気持ちにはなれないけれど、不安な気持ちは想像できます。

それと、健康しか知らない私でもこの問題を抱えることになったんだから、婦人科系の病気は今じゃ全然珍しくない。

あ〜かわいそうに、気の毒に、なんて他人が思うような特異なものではもはやない。

情報交換をどんどんして、不安を解消して、なるべくストレスを感じないように過ごすようにするのがベスト...

もっと読む

65 view
2017/04/25 14:12

看護師の友人に

「男性の婦人科先生は全員変態」

発言を受けて以来初めての定期検診の日。

女医さんでお願いしますと受付で伝えました。

私が通っているクリニックは男性の先生と女性の先生が半々くらいいて、女医さんを希望する人は女医さんがいる日を選んで予約をし、受付で「女性医師希望」という札を提示します。

初めてだったけどとてもスムーズにできまそた。

いざ検診のため、担当の女医さんと面談へ。

とても物腰の柔らかい女医さんで、カルテを見て今までの経緯を全て理解して、感覚として違和感があるか・最後の生理はいつかなどの問診をして、診察室へ移ってあの椅子に座って粘膜を採って、筋腫の場所と大きさを確認して、すぐに分かる筋腫の説明だけその場で受けて診察室を出ました。

結果はまた2週間後。

よく、

・女医さんだからって女性に寄り添えるわけではない
・女の敵は女

などと言われますし、それはあながち間違っていないと思います。
現に女医さんを選んでも嫌な思いをした人のエピソードはゴロゴロ転がっています。

でも、私はラッキーな事にこのクリニックで嫌な女医さんに会った事はありません。

受付の...

もっと読む

58 view
2017/04/24 18:00

子宮頚がんの定期検診を毎月のペースで行っていた時、看護師をしている友人とランチをする機会がありました。

まだ家族以外には誰にも話していなかったし、話す気にもなれない頃でしたが、彼女が看護師ということで何か良い情報が得られるのではと思い打ち明けて見ました。

クリニックのおじいさん先生で嫌な思いをしたことも。

そうしたら、

「男性で婦人科を選ぶ先生なんて、みんな変態だよ」

と言われました笑

それはちょっと極端じゃないのかなとは思いますが、現場に出ている彼女の言葉なのでかなり信憑性がありました。

インパクトは強かったです笑

彼女に「絶対女医さんにお願いした方がいい」とアドバイスを貰ったので、次回からは女医さんにお願いしようと決めました。


あのおじいさん先生は変態だったんだな。

だったらあのときムフッと笑いながら「性交渉です」といったのも理解できるわ。

そう思うと、なんだか少し傷というかモヤモヤが治る感じがしました。

なんでかな...変態ならしょうがないか、っていう意味不明な腑に落ち方です(^_^;)

41 view
2017/04/23 18:49

原因は性交渉だときっぱり言い切った先生は、なぜか私の担当になることが多かったです。

最初に区検診を受けたときも、精密検査の時も、その説明を受けた時も、次の定期検診の時も担当でした。

そのクリニックは大きいので先生がたくさんいらっしゃるのに、私の時はなぜかあのおじいさん先生。

ある日母が

「私も行って直接先生に話を聞く!!」

と言い出し、精密検査の結果は母と聞きに行くことになりました。

あ〜、きっとまたあのおじいさん先生かなぁ。あまり感じが良くないし、嫌な思いしそうだなぁ、気が重いなぁ...とずっと思っていました。

当日、母と一緒にクリニックへ。
呼ばれたので部屋へ行くと、あのおじいさん先生ではなく若い男性の先生がいらっしゃいました。

挨拶をして着席していよいよ結果を聞くことに。

先生は

・HPVウイルスは女性がもともと持っているものであること
・免疫が下がると感染してしまってがん化するおそれがあること(決して性交渉だけが原因ではない)
・陽性反応は30代の女性では非常に多い症状であること
・子宮頚がんでも問題なく妊娠して出産した女性はたくさんいること

など、とても...

もっと読む

53 view
2017/04/22 18:05

精密検査を受けて別室で担当のおじいさん先生から説明を受けた時、

「HPV陽性っていうのが出てしまったのは何が原因なんでしょうか?」

と聞いてみました。

難しいお勉強を何年もして資格を取って専門的な分野で働き、生計を立てていらっしゃる方なんだから、ネットなんかよりずっと信頼できます。

相手が男性だろうが関係ない。
聞きにくい質問でも自分のことなんだから聞く!!

そう思って聞いた質問でした。

それに対してそのおじいさん先生は、ムフッと笑みを浮かべた後に

「性交渉です」

と言いました。



あ、そうなんだ、専門家の先生でもそんな目で見ちゃうほど恥ずかしい事なんだ...

そう思い、その後は検査の結果によって今後の治療を決めますと言われただけでした。

あのおじいさん先生の「ムフっ」って笑いと言い方は忘れたくても忘れられません。

先生の年齢からそう先は長くなさそうだけど、よーく覚えておきます。

今後間違ってもお世話になることがないように。

38 view
2017/04/21 11:39

区検診で要精密検査のお知らせを貰ってから、すぐに予約をしてクリニックへ行きました。

哀れみの目でみられているような気にもなるし、

周りの妊婦さんが羨ましく思えるし、

自分は非常に場違いな人だなぁと思ってしまいました。

この気持ちは今でもクリニックに行くと感じます。

きっと自分が無事に妊娠・出産するまで感じるかもしれません。

もしかしたら子宮頚がんの定期検診を受けている限り続くかもしれません。

まだ未知の世界です。

クリニックではまず個室で区検診の結果についての説明と、これから受ける精密検査の内容の説明を受けました。

その後、診察室に移って、あの椅子に乗って、細胞を取って、タンポンを入れて終わり。

ちょっと痛いですよって言われたし、前情報としても痛いと聞いていましたが、覚悟が凄まじかったのか全然痛くありませんでした。

担当はおじいさん先生。

さらにその後、別室で注意事項の説明を受けました。

タンポンは衛生上、必ずその日の入浴前には取るようにと念入りに言われました。

結果はまたしばらく経ってから出るとの事。

結構お金がかかったのを覚えています。

1万円はした...

もっと読む

50 view
2017/04/20 10:21

子宮頚がんなんて恐ろしい名前を聞いたら、自分も家族も血の気が引きます。

名前はよく聞くけど、実際どんなものなのか、なんでなっちゃうのか、なるとどうなるのか、治るのか...なんて何も知りませんでしたから。。

母は早速ネットで子宮頚がんについて調べました。

「原因は性交渉」

という情報を得て、私に心当たりがあるかを聞いてきました。

私、30代だし恋愛だってそれなりにして来ましたから、心当たりなんていくらでもあります。

そんなことをわざわざ聞いてくる母に嫌気がさしました。

そんなことより今の状況や治すための事を心配してよって思いました。

親子だからってなんでもかんでも無神経に質問するな!というのが正直な気持ち。

親からしたら聞くのは当たり前でしょ!っていう事でも、親に聞かれるからこそ本人にとってはキツいことだって、親子関係のあり方によってはある。

当事者になって初めて分かりました。

30 view
2017/04/19 13:51

区の検診を受けてから数週間後、結果の用紙が入った封筒が届きました。

「精密検査を受けてください。」

なんて事が書いてあった気がします。


今まで「異常なし」しかみた事なかったのに、状況が理解できないし、事の重大性もイマイチ分かりませでした。

このまま放置しちゃおうかとも思ったけど、心がザワザワして仕方がなかったのですぐに精密検査を受ける予約を取りました。

それでもどこかで

「何かの間違い。きっと大した事ない。」

と思い続けていました。

31 view
2017/04/18 14:12

何年かに一回、区の検診で子宮頚がんの検査を無料で出来ますよね。

普段産婦人科に通うことはしていなかったので、そういう機会は逃さないようにしています。

確か2-3年ほど前、区の検診のお知らせが来たのでいつも通り受けに行きました。

結果は2週間後、郵送でとのこと。

切手代だけお支払いして帰宅しました。

31 view
2017/04/17 13:19
日記を投稿