にゃっちさんの日記 (子宮頸がんの日記)

仕事も手につかないまま夕方になり、
1時間程早退をして、再度病院を受診しました。

早く詳細を聞きたいという気持ちと、何も聞きたくないという気持ちが入り乱れる中、病院の先生はわたしにこう言いました。

『子宮頸がんの可能性があるので精密検査を受けて下さい』

『こちらでは精密検査が出来ないので、大きな病院を紹介します』

がん……?

わたしが……?

がん……?


言葉も出ないわたしに、先生はまだがんと決まったわけでないから、と励まして(?)くれましたが、

そっかー☆まだ決まったわけじゃないもんネ!☆
なんて思えるわけもなく……

いつくか挙げてもらった総合病院の中から、自宅に近いところを選び、紹介状を書いてもらい、その病院を後にしました。

21 view
2017/04/20 11:01

仕事中にかかってきた、見知らぬ電話番号からの着信。

出てみると、数日前に検診に行った病院からの電話でした。


『お話ししたいことがありますので、なるべく早くこちらを受診して頂くことはできますか?』

一瞬『え???』となったあと、一気に動悸が。

きっと、この間受けた検診についてのことだ。
何かマズい結果でも出たんだろうか……


不安になり、
『この間の検査結果についてですか?』と聞いたけど、

『主治医の方から直接お話しさせてください』
と詳しくは教えてもらえず、不安はますますつのるばかり……

仕事どころではなくなり、仕事を少し早退して、その日の夕方に再度受診することにした。

19 view
2017/04/19 10:37

検診を予約したのは、出来て間もない新しい病院。
どうせなら毎回会社の健康診断で行っている病院ではなく、新しくて綺麗なところにしよう……となんとなく違う病院を選択したことが、今思えば分岐点でした。

さすが新しい病院。
施設はとても綺麗で、診察機器は最新らしきものでした。
電動の診察椅子にのったのも初めて。

その時は、わー!診察台が自動で動く!すごい!
なんて呑気に検診を受けていました。

機器は最新でも、検査自体は違うことをするわけではないので、何度か経験したのと同じように検査は終了。

検査結果は3週間~一ヶ月くらいで自宅に郵送になります、と説明を受け、病院を後にしました。

ところが検査から一週間もしないうちに、その病院からの電話がかかってきたたのです……。

17 view
2017/04/18 10:19

異形成が発覚したのは、市の無料検診を受けた時でした。
それまでも2年に一度は会社の健康診断で婦人科検診を受けていたので、別に受けなくてもいいか……なんて考えていたのですが、『無料』検診というところに『受けないと勿体ないかも』という気持ちになり、検診予約。
どうせならいつも会社で健康診断を受ける病院ではなく違うところにしてみよう……とその時は軽い気持ちで検診を予約しました。

14 view
2017/04/17 09:00
投稿する