傷跡に貼るテープ

274 view

通院

昨年の10月半ばに手術してから、
まだ傷跡は赤いままです。

放射線科の先生からは、
少しずつ赤みは引いていくと聞いていたけれど、
主治医の先生は少し気になっているようでした。

先日、診察のときに
「これをうまく活用している患者さんがいるんだよ」
と先生から教えてもらったテープ。

ちょっと高いけれど、先生のおすすめということもあって病院のコンビニで売っているそのテープを買ってみることにしました。

“Mepitac(メピタック)”のテープ。

箱の中に入っていた説明書によると、
ガーゼやチューブなどの固定用にお使いくださいとのこと。

本当にこれを傷跡に貼るのか…
この商品で間違っていないか…
不安になって念のために調べてみました。

同じようなシリーズでメピフォームというものが傷跡治療に使われていて、
違う商品を買ってしまったのかと不安になりましたが、どうやら病院向けに商品名がメピタックに変わっているそう。

肌にはとてもやさしいようですが、
テープ治療のこともはじめて知ったわたしとしては、
なんだか傷跡に貼るのは不安です。

その日、緊張しながらもお風呂あがりに貼ってみました。
次の日、おそるおそる剥がしてみると、
少しくっついているような気も…。

なんだか抵抗感が拭えずしばらく貼れていなかったのですが、
もしかしたらお風呂あがりに貼ったせいかも?
と思って、今日は朝起きたときに貼ってみました。

しばらくは様子を見て続けたいと思います。
赤みが引きますように!

そんなこんなで訳あってタバスコを顔にぶちまけたわたし。
メガネをしていてよかった…。
傷以外の場所も赤くなった今日なのでした。

昨日のブログにあげた右腕の痛みは、まだ続いています。
調べてみてもリンパ浮腫の症状として痛みはあまりあげられていませんでした。
腫れてもいないし、赤くなってもいない…。
そこで、ふと頭をよぎったのは、“腱鞘炎”です。

さっそく[乳がん 腱鞘炎]で検索してみると、気になる情報が出てきました。
ホルモン治療中に腱鞘炎が起きることがあるというものです。
もしかするとこの痛みは、ホルモンの減少によるものなのかもしれません。
とりあえず、冷湿布とリストバンドをしてみることにしました。


写真は、テープと今日の空です。

8
2017/06/22 23:55

さくらまいこさんの日記一覧

日記を投稿