4.はじめての乳腺科〜針生検〜

31 view

〈2016.02.09〉


はじめて訪れた乳腺科。
本当は母の主治医の先生にお願いしたかったけれど、
9年前、初診で訪れた時はまだ乳腺科がなく、
主治医は呼吸器外科長の先生でした。


待合室のイスに座ると、
たくさんの雑誌が並べられたラックが目に入りました。
いつもの病院ならファッション雑誌や料理本が置いてあるのに、
そこに置いてある本には共通して“乳がん”という言葉が並んでいました。

乳腺科なのだから当たり前のことだけれど、
なんだかそこで自分が、
“乳腺科”に“乳がん”の疑いがあって来ているということを実感しました。

診察室に呼ばれて中に入ると、
そこには若くて小柄な女性の先生がいました。
こんなことを思うのは失礼だけれど、母の主治医のようなベテランの先生のほうが安心だな、と思ってしまいました。


先生はしこりを触ったあと、
すぐにエコーを予約してくれました。

長い長いエコーの時間が終わると、
先生は結果を見ながらいいました。

「細胞を取って検査しましょう」

一緒に来てくれた母は、
病室から出ることになり、
わたしは一人になりました。

今までに受けたことのない針生検に、
怖くて、心細い気持ちでいっぱいでした。

ベッドに横になると、
針を刺す位置を確認するために、
先生がエコーをはじめました。

そして、注射器とは違う見たことのない太い針を持って申し訳なさそうな表情をして言いました。

「ごめんなさい。大きな音がなるけど、あまりびっくりしないでくださいね。」

あぁ…相当痛いんだろうな…
わたしは目をぎゅっとつぶりました。


ガチャンッ


大きな大きな音。
それはホッチキスで紙をとめる時と似ていました。

「痛かったら麻酔の量を増やしますね〜」
「痛いですっ」

即答でした。
とてつもなく痛かった。
今までに感じたことのないほどの痛みだった。
あまりの痛みに、目を見開いてしばらく呆然としました。
もう二度とやりたくない。
そう思いました。

「普通の人の倍入れてるわよ〜!」
「だって痛いんですっっ」

痛みに耐えながらも、
看護師さんと笑い合いました。

帰り道、処方してもらった痛み止めを、
すぐに飲みました。
痛みは2日間くらい続いていました。

4
2017/04/21 21:40

2 件のコメント

CHISAKI

2017/04/22

こんばんは^_^

ずっと闘病記録を読ませてもらっていて・・・・
何となく自分の病院と似てる所があって「まさか」と思っちゃいましたw
私の行ってる病院は東京の外れにあって元々は呼吸器系の病院でした。
乳腺科には60代の乳腺センター長のおじさんと30代半ば~後半位の女医さんがいます。
でも病院って数え切れないくらいたくさんあるからおそらく違うかな^^;

マンモトーム生検は私も2度受けました。
部分麻酔って意識があるからすごい恐怖ですよね。
ドリルのような針を刺されガガガガってすごい音がして・・・
怖さのあまり震えるくらい力が入りすぎて「麻酔薬が入っていかないから一度深呼吸しようか」って言われました💧
渡しの場合幸いにも痛みは無かったけれど何箇所もグリグリされ半べそ状態で受けたのを覚えています。
まいこさんは相当な痛みだったんですね(T_T)
しかも2日間も痛みが続いていたなんて・・・。
もう二度と受けたくない検査ですね(´・ω・`)

1

さくらまいこ

2017/04/22

CHISAKIさん、
おはようございます٩(*´︶`*)۶

そうなんですね✨
わたしが行っていた病院も東京の外れにありました!
でも大学病院だから違うかなぁ?

部分麻酔、怖いです…。
力入りますよね!
動かないでって言われても動いちゃいそうに…。
音でも恐怖感が増します:(´◦ω◦`):

1

ぴぃまま

2017/04/22

こんにちは(^^)

針生検…私も、初診の病院とその後紹介された大学病院とで、3回受けました💦

主治医の先生から音が大きいのは事前に聞いていて、覚悟してたのだけど、あの針の太さを見た時に、恐怖が倍増したのを思い出しました😱
刺した後のグリグリされるのも、もうやめて〜!って思いながら、横になってました💦
まな板の上の鯉の気分だったですね〜

さくらまいこさんの闘病記録を読みながら、あぁ、自分もそうだったなって思い出すことがたくさんあります。
どこか無意識に思い出さずにいたこと、でも、忘れないでちゃんと向き合っていかなきゃいけないこと…。
改めて考えるきっかけになりました。
ありがとうございます😌

1

さくらまいこ

2017/04/22

ぴぃままさん、
こんにちは〜!

まさにまな板の上の鯉!
嘘でしょ〜!やめてー!と思いました。
3回とは辛いですね…(ˊ• •ˋ)

そんな風に言ってもらえて嬉しいです。
わたしもこうしてブログに書くことで、
思い出しながら自分と向き合おうと思っています。
こちらこそありがとうございます(*´∀`*)

1
投稿する