東雲さんの日記 (乳がんの日記)

今朝、テレビの情報番組で、フリーアナウンサーの小林麻央さんの訃報に接した。

麻央さんの乳がんが公表された時、私は術後の抗がん剤治療を受けていたと記憶している。
まだお若く、お子さん達も幼いのに…と、胸が痛んだ。

けれども私は、麻央さんのブログを一度も開いた事がない。
自分がこうしてブログを書いていながらどうかと思うが、乳がん闘病中の方の苦悩や葛藤に触れるのは辛い。

ことに若くしてがんを患ってしまった方のブログは、なかなか開く気持ちになれない。その年頃を元気に過ごしていた私には、どう接する事が正解なのか分からないから。

私は48歳で乳がんが見つかった。子ども達は二人とも高校生だった。それでも子ども達の事が気掛かりで、不安にさせている事が堪らなく辛かった。
麻央さんのお子さんは二人ともまだ未就学児。そんな時期に、過酷な闘病生活をすることの苦しさは、計り知れない。

開かなくとも、テレビやネット上で、麻央さんのブログの要所々々を目にする事は頻繁にあった。前向きに頑張っておられる様子に、共感したり感銘を受ける事も多かった。

この訃報を私の家族もそれぞれの視点で捉えていた。娘は
「あの...

もっと読む

44 view
2017/06/23 21:56

手術が決まった日、両親に続いて子ども達にも告白する時がきた。
当時娘は高校3年生、息子は1年生だった。

夫は定時で帰宅し、子ども達に
「晩ご飯の後、大事な話があるけん。」
と予告した。なぜそんな事を言っちゃうんだ⁉

案の定、娘は
「えっ、何? 悪い話?」
と、しきりに聞いていた。息子の顔も強張っていた。
「まぁ、後で。」
夫は“これ以上聞くなオーラ”を放っていた。
きっと夫は、夕食後に子ども達が自室に行くのを防ぎたかったのだろう。

お陰でその日の夕食は、異様な空気だった。テレビのバラエティー番組を観ていても、誰も喋らないし笑わない。

夕食を終えると、娘が切り出した。
「で、何?」
夫は
「突然やけど、お母さんが手術する事になって、来週入院するけん。」
と言ったきり、黙った。子ども達が一斉に私の顔を見た。
おいおい夫、下手くそか⁉ もっと丁寧に説明せんかい!…と思った。でも、きっと夫もテンパっていたんだろう。

「実は私、乳がんになっちゃってさぁ…」
結局自分で説明した。
娘は顔を真っ赤にして号泣し、息子は無言で下を向いていた。

まだ初期がんである事や、急を要するわけではない事...

もっと読む

44 view
2017/06/22 23:28

K先生からの電話で手術日が決まり、もう隠していられなくなった。直ぐ様、実家へ向かった。

私の父は幼児期、戦争で父親を失った。後に母親が再婚したが、弟妹にしか愛情が注がれなかった。だから義務教育すら満足に受けていない。それでも母親や弟妹の為にずっと苦労して家計を支えてきた。

私の母は大規模農家の娘で、家族の愛情にも恵まれて育った。農家育ちのせいか働き者で、よく気が利く芯の通った女性。病気がちな父を献身的に支え、家庭を守ってくれた。

そんな両親の一人娘の私は、とても愛情いっぱいに大切に育ててもらった。寂しい思いをしないようにと、いつも一緒にいてくれた。自分達のように苦労しないようにと、大学にも行かせてくれた。
それなのに…。

足どりも重く実家に行くと、何も知らない両親は、嬉しそうに迎えてくれた。
「あのね、驚かんで聞いてほしいっちゃけど…」
勇気を出して、乳がんである事と入院・手術の事を伝えた。

二人とも一瞬表情が固まった。膀胱がん経験者の父は
「今は初期なら治るけん。お父さんも今じゃ何ともないけん、大丈夫。」
と元気づけてくれた。母は夫や子ども達の事を気にかけていた。そして
「...

もっと読む

50 view
2017/06/21 23:18

汚い話だが、鼻水が止まらない。
梅雨らしく、久々の雨天のせいか、空気中に何か良からぬものが飛んでいるのか…。
一日中鼻をかんでいるので、もう鼻の下が真っ赤。ヒリヒリする。

鼻水スタートで不調スパイラルが起こる。
①鼻水が止まらない

②鼻を噛むので、体力を使う

③動悸が起こる

④ホットフラッシュも起こる

⑤汗をかく

⑥身体が冷える

①へ戻る

ってな具合い。
『風が吹けば桶屋が儲かる』みたいに好転すればいいのに…と思っていたら、ピンポーンと玄関チャイム。

な、な、何と!懸賞品のお皿が届いた‼
ささやかだけど、嬉しい(^^)v

35 view
2017/06/20 23:17

2015年12月8日
お昼過ぎ、アイロンがけをしていると携帯電話が鳴った。見知らぬ番号が表示されている。
「私、K病院乳腺外科のKですが…」
「あ、お世話になっております。東雲です。」
緊張が走る。とりあえずアイロンのスイッチを切った。

先生:「突然ですけど、来週手術できるようになりまして…。14日月曜日に入院して、16日水曜日に手術で如何でしょうか。」
私:「えっ、来週ですか⁉」
先生:「急過ぎましたか(笑)」
私:「あ、いえ、大丈夫です。」
また強がってしまった。
先生:「先日受けていただいた検査結果は問題ない様です。詳しい説明は入院してからにしましょう。何か聞いておきたい事はありますか?」
私:「咄嗟に思いつきません。」
先生:「ははは…(笑) では2~3日したら病棟の担当医から、入院について確認のお電話があります。わからない事はその時にでもお訊ねください」
私:「はい、分かりました。」
先生:「手術を急いだからと言って、別に病状が急を要するという事ではありませんので、心配なさらないで下さい!」
私:「あ、そうなんですね。」
心配するなんて言う発想すらなかった。
先生:「では、...

もっと読む

45 view
2017/06/19 22:45

今日は父の日なので、実家の父にプレゼントを届けに行った。夫も子ども達もそれぞれ忙しく、今回は私一人で行った。

ちょうど買い物から帰ったばかりだったらしく、テーブルの上にはお菓子がいっぱい。会話の端々で「食べなさい」と勧めてくれる。両親にとって私は、いつまでも“お子ちゃま”なのだ。

昨日の義両親と同様、両親も私の体調を気遣ってくれる。ただ、父は自身も膀胱がんの経験があるので、分かり合える部分も多い。よく“がん患者あるある”で話が弾む。

父はプレゼントのシャツをとても喜んでくれた。病院やら何やらと毎日のように出かけるので、新しい服は嬉しいらしい。良かった。

家では夜、娘が
「お父さん、いつもありがとう」
と、トムとジェリーのTシャツを贈っていた。
夫はマジマジと見ながら
「ん?なんでトムとジェリー?」
と言いながら、ちょっと嬉しそう。良かったね、夫
( ̄▽ ̄)b

息子は…特に何もしないらしい。照れるから?
それでいいのか、息子⁉

30 view
2017/06/18 23:43

娘と二人で、夫の実家へ行った。
明日は父の日だが、夫と子ども達の予定が合いそうもないので、一日早くプレゼントを届けるためだった。

博多から特急列車で北九州市に向かい、デパートで義両親と待ち合わせ。会うのは3ヶ月ぶりだろうか。義母と娘はハグして喜んでいた。

デパート内のカフェでランチして、行きつけのレディースのショップへ。もうすぐ私の誕生日なので、お祝いにと服を買ってもらった。
実は私の“よそ行き服”のほとんどが、義母からのプレゼントだ。

地下で食料品等の買い物を終えると、タクシーで夫の実家へ。いつ行っても青々とした芝生が気持ちいい。

マカロンやフルーツを頂きながら、義両親と近況を報告し合った。本来なら私が義両親の健康面を気遣わなければいけないのに、いつも
「お薬の副作用はどう?」
「暑さで体調をくずしてない?」
と、先に言葉をかけてくれる。
義両親にとっては、私はずっとがん患者なのだ。

娘には二十歳のお祝いにと、パールのネックレスとイヤリングのセットを戴いた。娘には身に余るような一生物。本当に有り難い。

持参した父の日のプレゼントを贈った。義父はワクワクした表情で包みを開け...

もっと読む

36 view
2017/06/17 23:47

2015年12月1日
この日はCT検査のみを受けた。
3時間前からの絶食でよかったのだが、午前中の検査だったので、朝食抜きで行った。早朝には食欲が湧かない。

CT検査室に行くと、血管確保。点滴のスタンドをコロコロ連れて歩いて、検査台へ。この日も金属等が付いていない服装だったので、更衣無しで済んだ。
前回の骨シンチグラフィの時に待合い室で、ユニクロのヒートテックを着ていた患者さんが、検査着に着替えるように指示されていた。だから念のために機能性下着は避けた。

検査中、造影剤の影響で身体が温かくなった。とくに下腹部は、失禁したかのような感触で、何とも気持ち悪かった。

検査終了後、造影剤を体外に排出する為に、病院内のコンビニでお茶を買って飲んだ。

2015年12月3日
午後からMRI検査を受けた。
この日も3時間前から絶食だった。でもこの頃には“病院には食べずに行く”という変な習慣がついていた。実際、お腹も空かなかった。

MRI処置室でガドリニウム造影剤を注射。このところ採血だの点滴だの注射だのと、左腕ばかり針を射す。ゴメンね左腕さん…って思ったりした。

この日も更衣無しで検査開...

もっと読む

19 view
2017/06/16 23:43

梅雨とは思えぬ良い天気が続いている。
こんな日は! …とばかりに、午前中に家事をやっつけて、街へ買い物に出た。

娘はバイトが休みだったので、一緒にカフェでランチ。“海老としめじの和パスタ”と“マンゴーラッシー”を堪能。
周りにはオフィスビルも多いせいか、サラリーマン客がたくさんいた。平日の昼間、社会はこんな風に動いているんだなぁ…って、なんだか新鮮!

食後、娘が矯正歯科に行ったので、一人でデパートのはしご。父の日のプレゼントを買った。
父にはアウターにも使えるシャツ。義父には帽子とサスペンダー。どちらも気に入ってもらえるといいな(^^)

買い物の際、行く先々で店員さんが話しかけてきた。娘と同世代の人達。しかも男女問わず。みんな商売そっちのけで、おしゃべりを楽しんでいるようだった。身の上話をする人もいた(^-^;)
若い人達との交流って、元気がもらえる!なのに
「有難うございました!楽しかったです‼」
って言ってもらった(*^-^*)

矯正歯科の治療を終えた娘と、再び合流。娘のたっての希望で『ハローキティ カフェ』へ。
見た目は可愛いんだけど…。娘が
「なんか、ゴメンね」
って苦...

もっと読む

32 view
2017/06/15 22:16

2015年11月27日
この日からは、がんの診断の為というより、手術の為の検査が始まった。

最初に骨シンチグラフィ。
乳がんは骨転移しやすいらしく、それを診る為の検査らしい。
まずは朝イチでテクネシウムを注射した。検査は注射してから4時間後という事で、その間に歯科へ。

歯科では周術期口腔ケアをするという。手術中の、口腔内の雑菌や歯の詰め物等の誤嚥を防ぐ為に、事前にチェックとケアをするらしい。病院内のコンビニでケアセットを買っておくように指示があった。

1時間以上待ったところで、事務方の女性が声をかけてきた。
「東雲さん、当院の歯内治療科にかかってありますよね⁉ こちらの口腔総合診療科は大変混んでいまして…。歯内治療科の担当医の先生に予約を取り直してよろしいでしょうか?」
1時間を返せ(>д<*)
でも掛かり付けの先生に診て頂けるなら安心! あっさり笑顔で快諾した。

次に向かったのは『周術期支援センター』。
待合い室でタブレット端末を渡され、入院生活の注意事項等のビデオを見た。
個室に呼ばれ、看護師さんから入院中の生活や手術前後の流れが説明された。
正直、あまり頭に入ってこない。...

もっと読む

36 view
2017/06/14 22:00

今朝、目覚めてびっくり!身体が痛い‼
五十肩の右腕を庇って、左を下にしたり仰向けで寝ている。が、無意識に右が下になってしまう事も多い。今朝はガッツリ右が下になっていた。

どこか身体の一部にダメージを抱えていると、それを庇って他の部分までしわ寄せがくる。乳がんの手術をしたばかりの時もそうだった。

首・肩・腰に大リーグボール養成ギブスを装着した感覚での活動開始。キッチンの片付けを終えて洗濯機に向かおうと振り向いた瞬間、
ズキッΣ(>Д<)
背中に激痛が走った。

ギックリ腰かも…と思ったが、背中だし動けるし、病院は嫌い!だから自分で湿布を貼る事にした。が、何しろ五十肩。背中に腕が届かない。悪戦苦闘の末、しわくちゃに貼れた。

こんな時思うのは
“がん治療で体力が衰えているせいかなぁ”
という事。けれども、何でもかんでもがんのせいにするのは如何なものかと、気持ちを切り替える。

とりあえず腰にコルセットを巻き、なるべく急激に動かないようにした。それが項を奏したのか、午後には随分楽になった。自力で治せて良かった。

もうこれ以上、病院通いを増やしたくない。普段から気を付けねば(^-^;)

25 view
2017/06/13 22:52

昼過ぎ、私が担当してもらっている証券マンのSさんから電話。
「用件がいろいろありまして…。今からお伺いしていいですか?」
これは、もしかしたら5月13日の『お見合い大作戦』が上手くいったのか⁉ …と、ワクワクしながら待った。

Sさんが到着。
な、な、なんと! …ただの書類の不備だった(^^;
しかし、ここからが衝撃的!なんと、転勤が決まりそうなのだとか。なんてこった(-_-;)

で、お見合いのその後について聞いてみた。Sさんはお相手に好印象の様子。でもお互いの都合が合わず、次のデートにこぎつけないまま、1ヶ月くらい経ってしまったらしい。

Sさんの転勤先はまだ未定らしいが、いきなり遠距離になるのなら、甘~い話にはなりそうもないなぁ
( ´△`)

夕方、斜向かいのお宅のご主人が、
「息子さん、勉強頑張ってるようだから」
と、蜂楽饅頭を差し入れて下さった。
甘~い話、ここにあった(*´ω`*)

30 view
2017/06/12 23:36

どんだけ学園祭好きやねん⁉
ってツッコミが入りそうだが、そうではない。
今日は実家の両親を案内するために行った。
そう、決して青春を取り戻したいわけじゃない(笑)

息子は今日はクラスの手伝いで、廊下で客の呼び込みをしていた。とはいってもシャイなヤツは呼び込みをしている友だちの隣で、笑顔を振り撒いているだけだった。その笑顔に負けて、また『アイスクリームパンケーキ』を食べてしまったf(^^;

私と娘は勝手が分かっているので、今日は両親が楽しめそうな所だけを廻った。さすがに今日はエレベーターを使った。チャリティーバザーやブレスレット作りなど、両親も楽しめたようで良かった。

お昼は博多駅方面へ。
ランチを食べて、少しだけウィンドウショッピングを楽しんだら、また『トマト大福』を買って帰った。マンネリだけど大満足!

だけどさすがに今日は疲れた(×_×;)
夕方にはホットフラッシュと猛烈な眠気に襲われて、ついついソファで1時間程うたた寝。体力ないなぁ。

こんな時、いつも思う。お仕事しながら家事や育児をしている方、偉いな~って。
私も甘えてないで、頑張らなきゃ( ̄▽ ̄)b

22 view
2017/06/11 23:30

今日から2日間、息子の高校では学園祭が行われている。息子にとっては最後の学園祭。
朝から娘と一緒に、張り切って参加した。

息子のクラスでは『アイスクリーム パンケーキ』を販売していた。数種類のソースの中から、ハニー&チョコレートを選んだ。恐ろしく甘かった。

中高一貫コースの息子にとっては、6回目の学園祭だが、今回とうとう単独行動を希望されてしまった。もう母や姉と学内を歩くのが恥ずかしいのかなぁ。

まぁ、昨年は抗がん剤の最中なのに、這うような気持ちで行ったから、気遣ってくれたのかもしれない。
寂しいけど、この年齢なら当たり前。むしろよくぞ昨年まで付き合ってくれたものだ(゜∇^d)!!

娘と二人で校内を隈無く廻った。ブレスレットを作ったり、空気砲や液体窒素の理科実験に参加して、無邪気な気持ちで楽しめた。

エレベーターをほとんど使わず、1階から5階までを2往復半くらいした。昨年とは大違いの元気っぷりが嬉しい!とは言え、明日筋肉痛にならないか、怖い((( ;゚Д゚)))

帰りに、今地元でちょっとした話題になっている『トマト大福』と、一緒に売られていた『いよかん大福』を買って帰った。...

もっと読む

28 view
2017/06/10 23:27

今日は満月。
6月の満月は高度が低く、赤みを帯びて見える事から『ストロベリー ムーン』というらしい。
アメリカでは苺の収穫時期だから、そう呼ぶようになったとか。

ストロベリー ムーンを見ると「幸せになる」とか「恋愛が成就する」とか、いろんな言い伝えがあるらしい。恋愛はともかく、幸せの方ではあやかりたいf(^^;

夜になって息子がリビングの窓越しにチェック。
「なんか、イチゴ感が無いよ( ´△`)」
うーん、残念!

それでも自分で見てみたいと思い、庭に出て五十肩の右腕をプルプルさせながら、スマホでパシャッ!
私、どれだけ幸せに飢えてんだ⁉

ま、これで当分、幸せが担保されたはず(^^)v

38 view
2017/06/09 22:49

九州北部が梅雨入りして、今日で3日目。
でも朝からいい天気だったので、たくさんの洗濯物と格闘した。

格闘⁉…そう。今の私にはまさしく格闘だ。何しろ右腕は五十肩で上がらないし、このところ膝が痛い。おまけに鼻水やくしゃみも突如襲ってくる。

薬の副作用なのか、大気等の環境のせいなのか、年齢のせいなのか…。まぁ、全部だろうなぁ。
考えても仕方がないから、膝と五十肩については“大リーグボール養成ギブス”を装着していると妄想して「ウォォォーッ!」って楽しむ事にした。

夜になって、息子と庭で月を眺めた。
私:「ほぼ真ん丸で明るいね」
息子:「星も結構出とうね」
私:「あ、流れ星!」
息子:「いやいや、あれ、飛行機やから(-_-;)」
夜風は冷たかったけど、少しだけほっこりした。

梅雨入りしたし、体調も万全とは言えないけど、何気ない日常の出来事を楽しめるだけの、心のゆとりは持ち続けたいなぁ(’-’*)♪

43 view
2017/06/08 23:29

病院を出ると、博多駅へ向かった。
夫にどう説明しようか、夫はどんな反応するだろうか…そんな事を考えながらバスに揺られて行った。

博多駅に着いた時には、17時を過ぎていた。
夫の携帯に電話した。
「お疲れ~! 今日、遅くなる?」
普段私は、そんな電話をしない。夫は何かを察知したようで
「何?どうしたと?」
いつもと違う、少し慌てた声。
「今、博多駅なんだけど、よかったらお茶でもしながらお話しようかな~っと思って」
何とか呼び出した。

暫くして夫が到着。急いでくれた。緊張の面持ちで
「とりあえず、どこか入ろうか」
と、歩き出した。無意識だろうが、はや歩きになっていた。

ここは駄目そこも駄目…と、なるべく人の少ないお店を探すも見つからず、結局ドトールに入り、ドリンクを買ってカウンター席へ。

「あのね、驚かんで聞いてほしいっちゃけど…」
「うん、どうした?」
「私ね、乳がんになっちゃって」
「えっ!」
夫が小さく唸った。

私はお風呂でしこりを見つけてからがん告知されるまでの経緯を、順序だてて話した。夫はずっと正面を向いたまま、「うん、うん」と聞いていた。

そして、今後の事を話し合っ...

もっと読む

35 view
2017/06/07 23:14

乳がんの告知を受けて、診察室を出ると処置室へ。若い男性の先生(研修医かな?)から、手術前の検査について説明された。

CTなどをするにあたって造影剤を使うため、起こり得る副反応の説明があり、同意書に署名した。
じわじわ緊張と不安を感じてきた。

若い看護師さんに採血されて、ポカンとしていると
「何か分からない事はありませんか?」
と、聞かれた。さっきK先生に応えたように
「何を聞いたらいいのかも、分からなくて…」
と、苦笑した。すると
「今日は一気にいろんな事を聞いちゃったからですねぇ。でもK先生がきっと良いようにしてくれますからね。K先生に任せておけば大丈夫ですよ!」
すぐそばにいたベテラン風の看護師さんが、励ましてくれた。
K先生って看護師さんの信頼も厚い、良い先生なんだろうなぁ…って、少し安心した。

処置室を出ると、心電図・呼吸機能検査・胸部レントゲン検査を受け、入院説明のブースへ。
入院に必要な物品等の説明の中に『入院誓約書』の件があった。別世帯の“連帯保証人”と“身元引受人”を立てないといけないらしい。
こんな事を両親に頼むのか…と、気が重かった。

今後、検査や治療に高額...

もっと読む

47 view
2017/06/06 23:06

午後、実家の母が来訪。
タケノコとこんにゃくを炊いたおかずと、寒天ゼリーを差し入れてくれた。

実家は徒歩7分くらいの所にあるが、近頃は電話ばかりであまり行かない。両親は近所のお年寄り仲間とカラオケやバスハイクを楽しんで、なかなかの忙しさだし、私は出不精だし…。

それでも母は寂しいようで、たまーにこうして用事をつくって遊びに来る。74歳の母に重い食材を運ばせている事に、心苦しくもある。

母は毎回、決まって父の愚痴をぶちまける。一日中一緒にいると、息がつまるのだろう。でもそれを聞かされるのは、かなりストレスを感じる。

ただ、私ががんになってからは、母はあまり愚痴を言わないように、母なりの努力をしてくれている。まだまだ足りないけど( ̄▽ ̄;)
今日もそこそこ愚痴って帰って行った(笑)

夕食後、夫と一日の出来事やテレビの内容など、たわいない会話を楽しんで思った。
「私、幸せかも⁉」

60 view
2017/06/05 23:03

昨夜、帰宅したのは23:45くらいだった。
二次会に行くと連絡していたものの、こんな時間になるとは言っていなかった。心配性の夫の事が心配だった。

家に着いたら家族みんなが起きていて、一斉に「お帰り~!」って明るいトーンで迎えてくれた。良かった。夫も
「今日一日大変やったね。お疲れさん(^^)」
って、優しかった。

そんなこんなで、今朝は10:00頃に起きた。
娘は友だちとバーベキューに出かけ、息子は自室で勉強していた。
夫は庭で金魚の水槽をメンテナンスしていた。既に大量の洗濯物が干されて、お風呂掃除もしてあった。

病み上がりなのに、夜遊びして朝寝坊した事を申し訳ないと思う気持ちよりも、こうして 労ってくれる事への有難みを感じる。

午後からは夫も出かけたので、息子と二人きり。
事あるごとに昨日の事を思い出して、ついつい思い出し笑いをしたり、「うーん」と唸ったりしてしまった。
息子からの「どうしたと?」の問いに、まさか
「昨日オカマバーで、ママさんの去勢した後のタマタマの液浸標本があってさぁ…」
とは言えず…(^-^;)

がん患者だからと言って、大人しくしていなくてもいいのかなぁ...

もっと読む

32 view
2017/06/04 22:41

今日は朝から大忙し。

9:00から息子の授業参観。教科は英語。
高校3年生の授業ともなると、なかなか高度な内容で…とりあえずポカンと見ていた。

その後は立て続けに保護者会総会や講演会、お昼休みをはさんで学級懇談会があった。学校を出たのは15:00近くになっていた。

博多駅に向かい、娘と合流。前々から気になっていた『オリジナル パンケーキ ハウス』へ。チーズオムレツとダッチガーデン、アサイージュースを堪能(^q^)

娘と別れて、18:00から学年懇親会。担任の先生方も交えて居酒屋で楽しくお食事をした。

…と、ここまでは『母』スケジュール。
この後、二次会としてママ友2人とオカマバーに行った。私にとっては人生初の!

私と同じ年齢のママさんと、若いおネエさんが3人いて、ガールズトークで盛り上がった。
みんな所作が綺麗で気配りも細やか。生まれながらの女である私の方が、見習わないと…って、恥ずかしくなるくらいだったf(^^;

ママさんの豊満なバストに、複雑な思いがした。私だって小さいながらも本物のバストがあったのに、今はママさんの方が女性らしい身体だから
( ω-、)

それにして...

もっと読む

43 view
2017/06/03 23:19

ネットスーパーを利用するようになって、7ヶ月くらいになる。

がん治療を始めてからは、夫や実家の両親が買い物を引き受けてくれていた。
体力が弱っているし、脱毛してからは近所のスーパーに行くのが億劫だった。
けれどもお米や牛乳、野菜等々の重い物を頼むのは気が引けた。

そんなある日「ネットスーパーがあるじゃないか!」って閃いた。そこで、毎月1回お米を買う時に利用している。
¥5.000以上で送料無料になるので、冷凍食品や生鮮品も一緒に注文する。

いつも配達してくれる男性の眼には、医療用キャップをかぶっていた私が、どんどん元気になっていく姿は、どう映っていたんだろうか。
今日はいつもより肩の力を抜いて、笑顔を見せてくれた…ような気がした。何だか嬉しい。

もう買い物に出るのもへっちゃらだけど、何しろペーパードライバーの私。今後ともネットスーパーのお世話になっちゃおっと!

45 view
2017/06/02 21:42

夫のおつかいで、区役所へ。

昨日せっかくウィッグのサイズ調節をしたのに、今日は暑いし何だか気分じゃない。でも襟足の髪がモシャモシャと鬱陶しい。で、一つに結んでみた。雀の尻尾、出来上がり!

白髪がチラホラ目立つけど、風が吹いても汗をかいてもへっちゃら!やっぱり自毛は快適♪

おつかいを終えたらフリータイム。ウィンドウショッピングを楽しんでいたら、とある病院の『美容医療メニュー』のチラシを発見。
8月に同窓会を控えているので、とても気になる。持ち帰って見てみた。

☆レーザー、直径5㎜以下のシミ1個 ¥10.000~
☆光治療、全顔1回 ¥23.000~(3~5回がお勧め)
☆ボトックス注射、シワ1部位 ¥30.000~(持続期間:3~6ヶ月)

等々。早々に諦めた( ω-、)

夜、娘がバイトから帰宅して
「母、今日の髪型いいね!」
と、褒めてくれた。夫に聞いてみると
「うん、可愛いよ」
って、あさっての方向を見ながら返事( ̄O ̄;

お金をかけず、できれば手間ヒマもかけずに、美しくなれないものか…(´ヘ`;)

33 view
2017/06/01 22:43

午後からウィッグのサイズ調節に、サロンへ行った。担当は購入の時にもお世話になったTさんだった。

「ちょっと失礼します」
うなじの方からウィッグの中に手を突っ込むなり「あ、随分小さいですね。頭が覆いきれてませんね。」
と、Tさん。更にウィッグを外すなり
「わぁ!凄く伸びましたねぇ‼順調じゃないですか♪」
と、私の頭を四方八方から覗き込んだ。

どうやら私は自毛の回復が早いそうで、
「これだけの量がこんなに早く生える方のほうが珍しいですよ。しかも直毛で!」
などと褒められた。凄ーく嬉しい(ノ≧∀≦)ノ

ウィッグのサイズがピッタリになると、数日前の頭痛がウィッグのせいだったんだと、よくわかる。ウィッグって、実はこんなに楽だったんだなぁ。

ウィッグが快適になって、自毛を褒めてもらったので、すっかり自信を取り戻した私。
家に帰ると、先日の同窓会のお返事を
「是非、出席させて♪」
って、幹事さんに電話した。

44 view
2017/05/31 23:24

2015年11月17日
細胞診と針生検をしてから1週間が経ち、検査結果を聞く日がきた。

しこりを発見してから1ヶ月と1週間が経っている。その間にすっかり肝がすわって、何を言われてもへっちゃらな気がした。何だったら
「がんです」
「ガーン( ̄□||||!!」
くらい言ってやろうじゃないか!…って勢いだった。

診察室に入るとポーカーフェイスのK先生が、挨拶もそこそこに
「検査の結果が出てます」
と、間髪を入れずに説明を始めた。

採取した組織の悪性度は5段階で評価され、1は悪性度が低く、3は悪性とは言えないがそうなる可能性があり、5は悪性のもの。簡単に言えばそういう説明だったと思う。

私のしこりは、右胸アンダーラインの輪郭に沿うように3つあり、脇に近い方にあるしこりがグレード3(0.6㎝)、身体の中心に近いところと真下にあるしこりはグレード5(1.1㎝)だった。

「乳がんです」

「ガーン」って言えなかった。
ショックだったわけではなく、空気を読んだ。
テレビドラマの告知シーンとは違って、淡々と進んでいく事態に、どこか他人事みたいで実感がなかった。

先生:「で、手術なんですが…」...

もっと読む

105 view
2017/05/30 22:00

昨日の頭痛が今朝まで続いたので、今日は1日中ゴロゴロ…あ、違った、安静にすると決定!
とりあえず簡単な家事だけやって、あとはテレビを観たりパソコンいじったりして、ダラ~っと過ごした。

それでもお腹は空くもので、3食きっちり食べた。なんとなく体調が悪くても、食用が無くならない私、何だかたくましいf(^^;

しかしこのダルさは、どうしたものか…。午後には頭痛が和らいだものの、喉の下あたりが少しムカムカ気持ち悪い。甲状腺のトラブルかなぁ。
まぁいいか。考えたって答えは出ないんだから。

こんな時に限って、家族がいない。夫と娘は仕事で帰りが遅く、息子は部屋で勉強中…かと思いきや、爆睡して起きない(怒)

3食全て孤食って、何年ぶりだろう。
寂しかったなぁ( ω-、)

40 view
2017/05/29 23:38

午後からヤボ用で出かけるので、久しぶりにウィッグをかぶった。いつものようにネットをかぶって、ウィッグを装着!…って、あれ?何だか収まりが悪い!

このところ髪が伸びて、増えてきたなぁとは思っていたけど、こんなに急にウィッグのサイズに影響するとは…w(゜o゜)w

夕方用が済んで、バイト上がりの娘と合流。一緒に洋服を見に行った。
ああだこうだ言いながら見ていると、店員さんが
「仲がいいですね。」「楽しい!」
って、笑っていた。

確かに。このところ私は娘とばかりつるんでいる。病気してからは、友だちよりも家族の方がいい。気を使ったり使われたりしないから。
ウィッグがいらないくらい髪に自信が戻ったら、また友だちと出かける気になるかなぁ。

それにしても、サイズが合わないウィッグは辛い。すぐにズレるから鏡を見る度にチェックして、さりげなく修正。いっそのこと帽子にすればよかった(´ヘ`;)

夜になると頭痛が出てきた。やっぱりサイズが合わないウィッグのせいかなぁ⁉
明日サロンに電話して、サイズ調整の予約しなくちゃ。

38 view
2017/05/28 22:18

今日、新聞のテレビ欄に

『サタデー ステーション』
“がん最新治療”とは
ディーン・フジオカが取材

と、あった。
内容に興味津々の私とディーン・フジオカに興味津々の娘、二人で観た。

内容は“ゲノム医療”に関するものだった。
これまでのがん治療では「乳がん用」「肺がん用」と、臓器ごとに抗がん剤を使っていた。
しかしゲノム医療では、個々の患者の遺伝子を調べて、その患者の異常な遺伝子をピンポイントに攻撃するのだとか。

闇雲に抗がん剤で叩くのではないから、副作用のリスクが少なく、何より効果が高いのはとても魅力的だと思った。

ただ、まだ臨床試験の段階で、進行した肺がんと消化器がんの方々が対象になっているらしい。
私たち乳がん患者にとっては、まだまだ遠い未来の話かもしれないなぁ。
あ、でも『痛くない乳がん検査』の例もあるから、悲観的にはなるまいぞ!

番組終了後、娘に感想を聞いた。
「正直、がんに対して恐怖しかなかった。検査も痛いし治療的にも痛いし…。私はがんから逃げられんよね…って怖かった。でも、ここにきて痛くない検査とかゲノム医療とか、私の時には大丈夫かも…って、すごく希望が持てる!...

もっと読む

56 view
2017/05/27 22:50

夕方、見知らぬ番号から電話がかかってきた。
「あのぉ、私、ホニャララ大学卒業生の〇〇と申しますけど…東雲さんのお宅でしょうか?」
「あ、いっちゃん⁉」
「わぁ良かった!覚えててくれた‼」

いっちゃんは私の学生時代の同窓生。大学卒業後はお互いに他県に就職して、全く連絡をとっていなかった。実に27年ぶりくらいになる。

「元気だった?」
一瞬返事に詰まったものの
「お蔭様で。いっちゃんは?」
かろうじて取り繕った。

「私たち、今年50歳になるよね。で、このタイミングで集まろうって事になってさぁ。8月なんだけど、どう?」
一瞬、何で私の年齢を知ってるんだ?…って思ってしまった。そして次の瞬間、自分には右胸が無い事を思い出した。
「それって日帰り?」
「昼食会だけの予定。後は各自で泊まってもらってもいいし…」
とりあえずお風呂の危機は無くなった。

これまで何度か同窓会のお知らせをもらっておきながら、卒業後1度も出席してなかった。
今回は行ってみたいなぁ。でも、抗がん剤やら何やらですっかり老け込んでしまったからなぁ。

夫もまだ帰宅していなかったし、後日電話で出欠の返事をする事にした。
あ...

もっと読む

51 view
2017/05/26 22:43

昨日の夕方、夫からの帰るコールで
「明日の夕食はカレーライスがいい!」
って言われていた。なぜ前日に?

ともあれ、今晩の夕食はカレーライス。
夕方だいぶん涼しくなってから、調理開始!
具材を切って炒めて…あれ?暑い(×_×;)
いつもより暑くて、じっと立って鍋をかき混ぜるのが辛い(泣)
こんなに強くホットフラッシュが出るなんて、ちょっとびっくり。

少し休んでクールダウンしてから、調理再開。
無事に夕食が完成した(^^)v
今ですらこんな調子だと、真夏が思いやられる。

夕食の時間。
夫も息子も特にコメントは無いものの、「美味しい」って顔に書いてあった。良かった、頑張った甲斐があった。

ところが娘ときたら
「疲れてると美味しいね(^○^)」
だと⁉
おいおい、私の腕と苦労とS&Bの企業努力じゃろがいっ‼

謝れ(*`Д´)ノ

44 view
2017/05/25 23:06
投稿する