サービス終了のお知らせ

「イルイル」は2018年3月20日(火)をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。
終了にあたり、会員の皆さまに重要なお知らせがございますので、こちらをご一読くださいますようお願い申し上げます。

ASRさんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

1月9日から仕事を再開することになりました。正直なところ2年半くらい働いていなかったので不安でいっぱいです。ちゃんと出来るかとか朝早く起きられるかとか(^^;;
仕事をしていなかった2年半は通院、入院、手術と病院にいた時間も長かったので何処かに旅行へ行ったり美味しいものを食べに行けなかったが少し残念でした。
年が明けたら働き詰めになると思うので遠方への旅行はだいぶ先になると思います。
目標は60歳までに老後の生活費以外に貯金をして世界一周の船旅をすることです。それまでには仕事以外にきちんとガン検査を受けて健康を維持します!

その前に保育園の準備と年賀状を書かなきゃ行けません。年賀状を年内に出すようになったのは結婚してからで今までは来てから返事を返していただけでした。
インターネットで注文出来ると知ったのはつい最近の2年前です 笑
ってか年賀状を書く前にまずはインターネットで年賀状を注文します!

23 view
2017/12/26 09:03

クリスマスの食事といえばチキン(または唐揚げ)ピザ、おしゃれなサラダ。今風に言えばインスタ映えするサラダ。あとはクリスマスケーキを連想しますが私の実家ではなぜか鳥のモツ鍋とクリスマスケーキが定番でした。正直、あの見た目とモツの食感が昔から苦手だったためクリスマスはあまりテンションが上がりませんでした。
なぜ鳥モツかというと亡くなった祖父と近所の精肉店のご主人が仲が良くて付き合いで買っていたみたいです。それなら、唐揚げの肉でもいいのにと思うのは私だけ‥?
私含め弟と妹が社会人になってからクリスマスを過ごすことがなくなり、鳥モツ鍋を食べることがなくなりました。たまにスーパーで売っているのを見かけると昔のクリスマスを思い出します 笑

今日の晩御飯は豚の生姜焼きと普段と変わらない食事です。食後は生チョコのクリスマスケーキ。今年は苺が高いのかケーキにのっている苺が少ない気がします。
今晩だけダイエットとビールを解禁します。
今年も残すところあと1週間!年明けには子宮頚がんの検査が待っています。来年からは乳ガン検査も受けたいと思います。何事も無いといいですよね(^^;;

24 view
2017/12/24 17:58

お恥ずかしい話ですが今日生まれて初めて宝クジを買いました。話のネタで宝クジ当たらないかなって友達同士で言ってましたが今まで当たるはずがないと思って買っていませんでした。
今日買ったきっかけは買い物しているときに偶然昔の知人に会い半分悪ノリに近い状態で買いました。
その知人は毎年、年に2回必ず買っている熱心なチャレンジャーだと言ってました。笑

今年は自分の出産、親戚の結婚式数回、私の円錐切除手術と出費がかさんだのでその分だけ当たれば嬉しいなぁと思います!‥って期待し過ぎですね 笑笑

宝クジといえば私の父が不思議な経験をしました。
今から30年近く前のことです。宝クジを買ったことがない父が珍しく宝クジを買ってきました。仕事の空いた時間に宝クジ売り場がたまたま目に入り、何となく買ったと言ってました。
家族全員が当たるわけがないと思っていました。
当選発表の前日、父は既に他界している祖父から夢の中で 孫に何か買ってあげてと言われたそうです。
父はただの夢で朝おきて家を出る頃には忘れていました。
仕事が終わりその日の夕刊を確認すると100万円当選していました!父は夢のことを思い出したみたい...

もっと読む

21 view
2017/12/22 21:11

世間では年末年始や大掃除で盛り上がって ? いますが毎年やらなきゃなぁと思いつつなかなかやる気がおきません。今日は寒いから暖かくなってからにしようとか用事があるから別の日にしようと言いながらまともにやれたことがありません。
モチベーションを上げるために風水のことがのっているインターネットで検索をしています。
どこのサイトもほとんど同じことを言っているとわかりながら毎回見てしまいます 笑
掃除だけに限らず私は前から何かを始める前とか占いの良い結果だけを見て自分自身を奮い立たせていました。手術の前にも雑誌の占いのいい結果だけを見ていました。基本的に悪いことは見ません。
話は戻りますが風水では金運アップにはトイレ掃除が効果があるという話をよくききます。今日見た風水の占いサイトではトイレが汚いと金運ダウンだけではなく婦人科系の病気になりやすい!と載っていました。婦人科系の病気になっていた私はトイレ掃除がきれいにできていない?と言いたいのかな?
っていう記事を読んで掃除のモチベーションがまたまた下りました。またいい結果だけを見直して元気をいただきたいと思います。もちろん、この後にお掃除はちゃんと...

もっと読む

21 view
2017/12/19 00:11

今までお金や保険に関して真面目に考えていませんでした。
保険は知り合いの方に紹介されたプランを何となく契約しお給料は入った分だけ使っていました。
給料日にはすぐに飲みに行き服や化粧品などで消えていました。もちろん独身時代は貯金なんてほとんどしていませんでした。
クローゼットはブラックホールとよんでいいくらい服やカバンがギッシリ入っており出かけるときになると、着ていく服がない〜と言いながらクローゼットの中を引っ掻き回していました。かなり矛盾していますよね 笑
そんな状況で何年か後に結婚、出産、手術を経験した後に保険に入ってて良かった〜と初めて思えるようになりました。
今では何かあったときのために貯めておくようにしています。
その為には来年こそ家計簿をつける!と何年も前から言っているような気がします(^^;;

20 view
2017/12/17 18:33

以前私は薬膳料理にハマっていました。作るほうではなく食べるほうです。
今から5〜6年前だったと思います。子宮頚がんの精密検査が何回も続き、何もかもうまくいかない時期があったとき友人に連れてもらった古い中華料理店が薬膳料理との出会いでした。
薬膳料理といえば薬くさいような独特な香りがするイメージがありましたが普段私達が食べている中華とほとんど変わりませんでした。
特に美味しかったのが店のオススメメニューである参鶏湯。具材には高麗人参、クコの実、鶏肉、ニンニクと言ったシンプルに見えてスープは鶏肉や野菜を何日もかけて煮込んでおり濃厚で後味がさっぱりとして、ほのかなニンニクの香りが風邪で弱った身体を芯から温めてくれるようでした。
特に身体にいいと言われている高麗人参はちょっと苦手です。
根っこのような見た目。硬い食感。独特な匂い。ちなみにお店では一本3000円で売っていました。超高級食材なんですね‥
そんな高麗人参なんですが、アンチエイジング、血流を良くする効果がありダイエットや美容効果だけではなくむくみ便秘、更年期障害の予防にいいみたいです。
血流を良くするってことは婦人科系にもいいかもしれ...

もっと読む

27 view
2017/12/13 02:42

本日の最低気温は−19度でした。毎朝5時ちょっと前に起きる私にとって辛いです。生まれも育ちも北海道の私でもこの寒さは慣れません 笑
昔から冷えは万病のもとといいますが、子供の頃から手足が冷たかった私は秋、冬になると月に一回は風邪をひいていました。インフルエンザには二回かかりました。そのおかげで熱が出たときはインフルエンザかどうか分かるようになりました。

暖かさよりオシャレを重視していた10代20代。
高校時代、膝上スカート生足に紺のハイソックスが流行っていました。みかねた母親にストッキングや毛糸のパンツをすすめられていましたが校則で禁止されていたので履くことができませんでした。
今思えば、ものすごくおかしい校則ですよね⁇
先生たちはスカートの中まで確認するんですか?っていうことを当時は誰も言っていませんでした。
今の時代ではあり得ないですよね。
今となっては服を何枚か重ねて着ているのでそんなに寒さは感じません。夏でも冷たい飲み物は飲まないで室温くらいになるまでおいています。

円錐切除手術を受けたことと寒さの影響は関係ないと思いますが診断を受けたことにより心まで弱っていった感じがしま...

もっと読む

19 view
2017/12/09 22:09

今日は1ヶ月前に受けた円錐切除手術後の検査の結果が来ました。異常なしで一安心。体調のほうも特に異常もなく平和に暮らしています。

何日か前にも日記で投稿したことなんですがこの時期(寒さが厳しい時期)になると様々な不調が出てきます。
まずは乾燥身体全体ですが主に唇と踵と手がひび割れに悩まされるくらいです。
そして肩こり、むくみ。これはほぼ通年に近いですが冬になると特に辛くなります。
最近気になっているのが唇。ひび割れからは血がにじんでいます 笑 笑顔はおろか喋ることすら辛いです。
リップクリームを塗ってもすぐに乾いてしまいます。
安いリップクリームでも高いリップクリームでも変わりません。

円錐切除手術で入院したのは真夏でした。いつも乾燥とは関係ない生活を送っていたのですが病院は常に乾燥しているためか冬と同じように乾燥が少々気になっていました。
特に手術後は唇はひび割れ、手は衣服が引っかかるくらいカサカサしていました。
入院を経験した友人何人かも同じことを言っていました。私が入院した病院だけではないようです。
病院では乾燥するものと割り切って自分なりの乾燥対策のアイテムを用意した...

もっと読む

26 view
2017/12/07 17:17

私が初めて生理がきたのは17歳になってから。高校2年になったばかりの頃です。当時にしては結構遅いほうです。他の同級生はだいたい中学一年くらい早い子で小学5年で始まっていた子もいました。

元々すべてにおいて他の同級生に比べて遅かった私にとって中々こない生理はこんなものなんだなぁってくらいしか考えていませんでした。
高校1年の終わり頃。中々こない生理の心配をした母親は婦人科に診てもらうことをすすめてきましたが私は断固として拒否しました。
婦人科=妊娠した人が行く人と思っていたので万が一病院に入って行くところを友達に見られたら‥と想像したら嫌でしょうがなかったです。それに生理というものがよく理解できていなかったというのもありましたが、生理がこないこと以外身体の不調が一切ありませんでした。
当時は具合が悪いわけではないのになぜ病院へ行かせようとするのか理解できませんでした。
何ヶ月かその事で母親ともめていましたが、高校2年になり生理が無事に始まってなんとか病院へ行かずにすみ一安心。もちろん初潮のお祝いのお赤飯も断りました。
社会人になり働き始めたのが20歳 。27~8歳まで婦人科に行くこと...

もっと読む

50 view
2017/12/05 23:59

11月中旬頃から気温が一気に下がり雪が降ってきました。外は吹雪+テカテカ道路。織田裕二のタイヤのコマーシャルのような景色です。そんなツルツルに滑る道でもヒールの高いブーツで小走りできる北海道の女性はたくましいと思います。私もかつてヒールの高いブーツで小走り出来ましたが、結婚してからヒールを履かなくなった今ではそんなことができる自信がありません。

こんな季節、毎年悩まされるのが乾燥です。足は特に踵は年中ガサガサで靴下を履いているのでほぼ見て見ぬふり状態なのですが手はあかぎれ、唇はヒビがたくさんあります。ガサガサの唇はおろし金のようです。リップクリームは塗るというよりすりおろす。と言われそうです。
特に1番乾燥が辛いのは手です。
手は茶わん洗いのときにゴム手をつけハンドクリームをこまめに塗っても改善されません。今まで沢山の種類のハンドクリームを試しましたが、どれもイマイチでした。恐らく人生でハンドクリームにつぎ込んだお金でブランドバッグは買えるでしょう。皮膚科も考えましたが最近ヒルロイドを美容目的で使っている人が増えているというニュースを見てから手荒れくらいでは行きづらいと思ってきました...

もっと読む

29 view
2017/12/03 21:58

親戚が整体のお店を開いたということで今日行ってきました。
マンションの一室に表札のあたりにお店の看板がかけてあるだけなので初めて行く方にとっては入りづらく、分かりづらいと思います。
その方とは冠婚葬祭で会う程度で旦那の遠戚にあたり私1人で行ったので会話に困らないか不安に思っていました。
自他共に認めるコミュ障の私はお店の人に親しく話されるより必要最低限のやり取りだけにしてほしいほうです。服屋さんで話しかけられるのはもっとも苦手。
美容室とかでは店員さんと親しくなりたくないから一回いくたびに店を変えているくらいです。むしろ普通の方がちょっと愛想ないなと思うコンビニ店員くらいが心地いいです 笑
私の婦人科の担当の先生も事務的でやりやすいです。悪い意味ではありません。(^^;;

話はかなりそれましたが、身体の辛いところや気になるところを聞いた後、全身の鏡を使って姿勢やバランスを見てもらいました。
常に左側に荷物を持っている私は案の定肩が左に下がっていました。産後で筋肉が落ちているため骨盤が歪み全体のバランスが崩れていました。骨盤が歪んでいると内臓が下がり子宮が圧迫され生理不順、生理痛、むく...

もっと読む

37 view
2017/12/01 21:00

1ヶ月前の診察から特に何も変わらない日々が続いています。日用品や食料品の買い出し以外の外出は病院しか思い出せません。
予定では1月から仕事をするのですが、早く働きたいという気持ちと労働からけっこう長い間離れていたので不安という気持ちがあります。
うちは自営業で多少の融通がきくし、従業員を雇っておらず人間関係というストレス(旦那を除く 笑)こそありませんが専業主婦&入院と遠方への通院という後ろめたさは多少あります。

もうすぐで前回の検査の結果がハガキできます。
異形成って言われたらどうしよう‥悪い結果が出てまた手術だったら嫌だ。怖い。という気持ちより、また入院したら家事育児どうしよう。お金かかるんだろうなっていう仕事をしていないという引け目があります。もちろん、世間の専業主婦にはそんなことは思っていません!

最近の1日の流れはこんな感じです。

朝6時前後に起床。洗濯、トイレ掃除、朝ご飯つくり。
6時半に自分の着替え。化粧(外に出る予定がある時にしかやりません)
7時軽く歩く。
7時半お湯を飲む(最近始めた健康法)
掃除機をかける。
8時みんなで朝ご飯。子供起きる。着替え。
9時朝...

もっと読む

29 view
2017/11/29 19:17

手術が終わり、3ヶ月たちあとは3ヶ月おきの検査だけなので病気に関してはそんなに気にしなくて良くなりました。いや、気にするべきなんでしょうが間隔が長いと自分が手術をしたことを忘れてしまいそうです。

手術前は産後の生理が再開しておらず手術後の出血か生理によるものなのか分からなかったです。
今覚えているのは手術直後の1週間くらいは全身麻酔のときに喉に入れていたチューブの影響で喉がヒリヒリと痛みがありました。風邪をひいたときのようでした。ツバを飲み込むとき少し痛かったです。

以前はちょうど1ヶ月のサイクルできていた生理が1ヶ月半にのび、さらに太りやすくなりました。いや、太りやすくなったような気がします!
インターネットでこれらの変化について調べましたが、いずれにしても円錐切除手術とは関係ないと書かれていました。円錐切除手術は流産、早産のリスクが上がる。としか書かれていませんでした。

食生活にもかなり気を使っているつもりですが、そのせいとは考えられません。

前の日記にもかきましたが、意識して鉄分摂取を心がけているので貧血は無くなりました^ - ^

いまは病気前とほとんど体調は変わりま...

もっと読む

51 view
2017/11/25 18:42

昨日は再び耳鼻科へ行ってきました。今回は聴力検査から始めて診察を行いました。
前回と変わらず聴力は低いまま。鼻水の症状はだいぶ治りましたが、まだ完全には治っていません。

聴力低下の原因はむくみによりリンパと聴力の神経が圧迫され聞こえが悪くなっていると診断されました。
むくみが原因‥?確かに生理前で顔も手足もパンパンです。まさか、そのむくみで聴力が低下しているとは夢にも思いませんでした。
そして、今回処方された薬は前回と同じ鼻水と耳関係の薬の他にむくみに効く漢方です。
妊婦時代に処方された漢方と全く同じものでした。耳鼻科でもむくみの漢方がもらえるんですね‥

その漢方は飲み始めてきいたかな?と感じるまで2~3日かかるそうです。今は飲んで2日目。トイレが近くなった気がします。見た目には変化がありません。
次の診察は1週間後にあります。
むくみがなくなって聴力が低下していないか確認するのが少し楽しみです 。聴力よりむくみが改善されるほうが楽しみです。

病院帰りはいつもと同じく買い物をしましたが、その日の夕食以降は味を薄めにするように心がけました。旦那曰く、離乳食と同じくらい味気ないです。...

もっと読む

20 view
2017/11/22 00:32

先週は約10年ぶりに耳鼻科へ行ってきました。今までは仕事が忙しく行く余裕がなかったため市販薬で対処していましたが2週間以上せき鼻水が続いたので仕方なく行ってきました。
ティッシュ片手に順番を待ちながら雑誌を読んでいました。混んではいましたが、待ったのは30分くらいです。
私の最近の具体的な症状はせき鼻水の他に耳を棒でついたような痛みと飛行機に乗ったときに感じるあの耳に空気が詰まった感覚がありました。
まずは機械で鼻水を取り除き、耳を見てその後聴力検査を受けました。その後は鼻周辺のレントゲンをとりました。
そして再び診察に入りました。レントゲンでみた鼻周辺は真っ白。つまり、ちくのうってことでした。聴力では高い音(蚊が飛んでる音くらい)が聞こえいないと言われました。自分でも気がついていませんでした。診断の結果。ちくのうと軽度の騒音性難聴と言われました。
と言われあまり納得がいきませんでした。
私は人生で大きな音に常に晒されていた環境にはいませんでした。カラオケも苦手で避けていたので、ハッキリとした原因が思い当たりません。
その日はちくのうの薬と耳の血流を良くする薬ビタミン剤を処方されました...

もっと読む

24 view
2017/11/21 22:46

退院してからの通院は1週間後、2週間後、3週間後、1ヶ月、2ヶ月とだんだん間隔が開いていき次の病院は3ヶ月後の2月になりました。
現在は手術後の傷も回復したので、普段と何の変わりもなく生活しています。病院以外の日は病気のことを忘れられます。
退院してからは普段どおりにしても問題ないと言われましたが、何もしないのも落ち着かないので恐らく健康的なことを生活にできるだけ取り入れてます。

1 体を冷やさない。まだ雪は降っていませんがヒートテックを2枚重ねてきています。

2 鉄分をとる。定期購入で鉄分がたくさん含まれたドリンクを毎朝飲んでます。
ちなみに鉄分は貧血だけではなく美肌やダイエットにもいいそうです!

3 禁酒。飲んでも大丈夫と言われましたが、ダイエットと節約を兼ねてはじめました。

4 朝、20分歩く。朝でなくても、できるだけ歩くようにする。病気とは関係ないのですが、子供がスマホを見続けていたためそれを防ぐために外遊びをさせています。

5 なるべく料理。野菜を使うようにする。野菜高いけど使うようにしています。

特にストイックとは程遠いですが自分なりに意識していると思います 笑...

もっと読む

29 view
2017/11/15 09:16

手術明けの朝は麻酔で身体が重たかったです。前日と同じように朝起きてすぐ体重、血圧、脈拍、体温を測りました。丸1日飲まず食わずだったから少しは減っているはず‼︎‥と期待していましたが、何故か1キロ体重が増えていました 涙
24時間以上絶食で空腹だったはずなのに、朝食があまり入りませんでした。

午前中の診察のときに止血のために詰めてあったガーゼを抜きました。抜く感覚が気持ち悪かったです。
術後の出血のために入院前に夜用ナプキンを用意するように言われましたが、思っていたより出血が少なく、おりものシートでも間に合うんじゃないのかな?って思うくらいでした。出血量は人それぞれですが、私は少ないほうだと言われました。
出血が少ないため、鉄剤を処方されずにすみました。

その後、同室の方とお話ししたり、本を読んで過ごしました。同室の方も種類は違えど婦人科系の癌の治療をしていました。いろいろとためになるお話も聞けました。皆さん、明るく良い人ばかりでした。癌の患者さんは私が思っていた以上に多いと知りました。

そして次の日に退院でした。手術までの日々は長く感じましたが、終わればあっとゆう間。この後はし...

もっと読む

50 view
2017/11/13 09:23

手術が始まるまで何もすることがなく、とにかく退屈をしていました。
食べることができないだけでこんなにも時間の流れが普段より長くかんじます。
3ヶ月以上前でよく覚えていませんが、記憶をたどりたいと思います。

朝、手術をしたらしばらくお風呂に入れないと思い、シャワーを浴びました。 今日一日、絶食なので11時まで水をがぶ飲みして空腹を紛らわせていました。(聞いたとこ、飲みものはお茶か水。味がついていても、いろはすの味付きならオッケーと言ってました)

予定では13時半に手術開始なのですが、前の方が長引いたため、一時間遅れで始まりました。

手術室まで歩いて移動しました。予想通りドラマでよく見る光景でした 笑
ベッドに横になり酸素マスクをつけ胸には心電図のあのペタペタしたものをつけました。
右腕に注射されたあと電気のスイッチを切るように意識がなくなりました。

看護師さんの 終わりました っていう声で目が覚めました。お医者さんに切り取った部分を見ますか?って聞かれましたが、怖かったので断わりました。付き添った旦那の話しによるとワインのコルクくらいの大きさだそうです。
ストレッチャーみたいなも...

もっと読む

38 view
2017/11/11 23:39

入院手術の日程が決まり、入院する2週間前に検査を受けることになりました。
入院の説明から始まり、身長、体重、血液、心電図、肺活量、胸のレントゲン全てが終わるのに半日近くかかりました。
円錐切除手術は初めてですが、入院は何回か経験しているので準備は時間がかかりませんでした。
ある程度は前回の入院で使ったものを持っていくことにしました。

入院までは普段どおりの生活をしていました。
禁酒以外は特別なことはしていません。お医者さんには言われていませんが、サプリなどで鉄分をとるようにしました。

入院前日。実家に帰り入院のあいだ子供を親にお願いしました。
この日までは異形成による症状は全くありません。正直言って2日後に手術を控えているなんて本当に信じられないでした。
前日は買い物をして最終的な準備をしました。

肝心なパジャマがなかったのでユニクロでスウェットを購入。基礎化粧品は旅行用を持って行こうと思っていましたが、せっかくの機会?なので以前から気になっていた高めのセットを割引券を使いトライアルセットを購入しました。
これで気合いを入れて入院できます。

入院当日。この日は10時に病院に入り...

もっと読む

39 view
2017/11/09 07:10

2週間後検査結果を聞きに病院へ行きました。この日も混んでおり、待合室の雑誌も読み飽きケータイもいじる気になれずボーっとテレビを見ていました。
その時ニュース速報で小林麻央さんの訃報が出ました。普段なら人ごとのように思える事でもこの時ばかりは真剣にニュースを見ました。
少ししてようやく自分の名前が呼ばれました。

診断の結果、私の中のヒトパピローマウイルスは癌化しやすいタイプでした。

ここからは私が覚えている範囲での会話です↓

お医者さん「このままでは癌化してしまう可能性が非常に高いので円錐切除手術で取り除いたほうが確実に安心です。しかし、今後妊娠出産の予定がありましたら、流産早産のリスクは上がります」

私「妊娠出産を予定していない人にとっては癌化を防ぐ安心な方法ってことですか?」

お医者さん「普段は出産を予定する割合が低い50代以上の方々にこの手術を勧めているんですが‥
お子さんは今、何人いますか?」

私 「2人です。主人とはずっと前から子供は2人までと話し合っていました。この先の予定はないです」
お医者さん「分かりました!では手術の日を決めましょう。現在7月末と8月末が空...

もっと読む

48 view
2017/11/06 09:46

ようやく1ヶ月検診の日がきました。前回の出産した病院は母子一緒に検診を受けることができたのですが、今回の病院は母子別々の日に受けなければなりません。
子供の1ヶ月検診が終わり、2日後に私の1ヶ月検診と共に子宮頚がんの詳しい検査をしました。結果は1ヶ月後、郵送にて知らされます。

結果を早く見たいような見たくないような‥。進行していたらどうしよう。取り返しのつかない状態になっていたら怖いな‥。不安な気持ちで毎日自宅の郵便ポストを覗いていました。

今思えば、あの不安感は育児で多少は紛れていたのかもしれません。

紛れていたのかも‥といえば、入院でいき損なった心療内科の予約をすっかり忘れてました!
薬をのみきって1ヶ月近くたっていました。
調子は良いとは言える状態ではないのですが、薬を飲まなくても生活には支障がなかったので特に真面目には考えていませんでした。
心療内科との関係は自然消滅で終わりました。

1ヶ月たち、検査の結果がきました。結果は3b。できるだけ早く来てくださいとハガキに書いてありました。
予約できたのはハガキが届いて約一週間後でした。
その日はものすごく混んでおり、予約時間...

もっと読む

39 view
2017/11/04 15:15

痛みが弱まってきたタイミングで子供のオムツ替えや身の回りの用意をしました。
次に痛みの間隔を測る。10分おきになったとき、病院に電話をしたら、すぐに来てくださいと言われ母親に病院まで送ってもらいました。

病院に着いて3時間くらいでなんとか出産しました。

予定より2週間早い出産です。

本来なら初乳を飲ませる為にマッサージをしなければならないのですが、鬱の薬を飲んでいたので母乳の出を抑える薬を1週間飲むことになりました。他にもお腹の痛み止、鉄剤、便秘薬、忘れましたが、他にも2種類くらい出されました。薬だけでお腹がいっぱいになりそうです。笑

産後の入院期間は4泊5日。3時間おきに24時間。全て粉ミルクを飲ませました。周りのお母さんたちは痛い思いをしながらマッサージをし、母乳を飲ませているのにその中で私だけ粉ミルクなのは後ろめたさが少しありました。

心療内科の予約の日と入院が重なったので退院し、落ち着いた頃に通うことにしました。

退院になり、1ヶ月検診が終わるまで実家で子供と一緒に過ごすことになりました。
産後1週間の頃胸が破裂するかと思ったほどの張りと痛み、高熱の症状が出ました...

もっと読む

40 view
2017/10/31 16:20

出産まであと1ヶ月となったあの時期、移動はなるべく徒歩。エレベーターを使わず、階段を使う。などなど妊婦で許される範囲で出来るだけ身体を動かすように心がけました。

その頃は世間ではクリスマスムードが漂い、ケーキ屋さんはもちろんコンビニでもクリスマスケーキやオードブル、シャンパン、ワイン、一匹丸ごと焼いてあるチキンを横目にとにかく歩きました。横目にっていうよりなるべく見ないようにしていました。

来年のクリスマスにはあれを全て食べてやる!その為にはまずダイエットではなく体重を増やさないように頑張って無事に産む!そして産後の1ヶ月検診で子宮頚がんの検査。結果によっては手術。
出産と治療の流れをインターネットで調べても不安感はなくなりませんでした‥

心療内科は相変わらず同じ事の繰り返し。良くなった実感がないまま予定日が近づいてきました。
妊娠によるマイナーな症状か鬱のせいなのか未だ分かりません(^^;;

1月4日。妊婦検診。前日から少しずつ生理痛のような痛みとお腹の張りが続いている。
診断では子宮口が開いておらず赤ちゃんもまだ下がっていないと言われました。
1月6日。この日は何故か朝から...

もっと読む

35 view
2017/10/29 18:26

妊娠7ヶ月。
異形成Ⅲbは変わらず、産婦人科の判断で大きな病院へ移ることになりました。手続きは意外と簡単でした。
転院先の看護師さんには「ハイリスク出産にあたるので、何かあった時にはうちのような設備が整っている病院のほうが安心ですよ」と言われました。

ハイリスク出産‥
2度目の妊娠による根拠のない自信が一気に崩れたような気がします。
確かに‥高度異形成でうつ病の通院。健康な妊婦ではないです。

この頃から、お腹も大きくなり誰が見ても妊婦だと分かるようになりました。
2時間かけて週に1回の病院通いはさすがに辛くなってきたので心療内科は月に1度の通院で薬をまとめてもらいました。
大きくなってきたお腹で心療内科へ行くのが気まずくなってきたというのもあります。

今更?と言われそうですが、ハイリスク出産にたじろいだ私はマニュアル通りプラスαの超健康的な生活、食事を意識するようになりました。

生活習慣ではなるべく早く起きて歩くようにしています。今でも歩数をチェックしています。

食習慣では魚、野菜を取るようにしています。お酒は妊娠してから飲んでいません。青汁を飲むようにし、鉄分と葉酸を取るよ...

もっと読む

32 view
2017/10/26 13:56

役場から母子手帳を発行してもらえました!
小さな町で年子出産は照れ臭かったのですが農家さんが多いこの町では多産が多いので当たり前のように受け入れられました 笑

心療内科と産婦人科、一週間おきに通う生活が1ヶ月続きました。
お腹の赤ちゃんは5ヶ月。本来なら妊婦検診は6ヶ月まで月に一回なのですが、私の場合、子宮頚がんの経過を見るために2週間に1回通うことになりました。
最初は子宮頚部の表面の検査。2週間後は結果がでてⅢbだったので子宮頚部を少し切り取る精密検査をしました。

次の週に心療内科へ行き状況報告。状況は変わらず、いつも通り同じ量の薬を処方されました。
この頃は不眠の症状はなくなってきたので鬱の薬の処方のみとなりました。

なんだかんだ言って出産まで産婦人科と心療内科は交互に週に1回通うことになりました。

どちらの病院もら自宅から2時間近くかかり、通うのが負担でした。しかし家事と育児、旦那両親との同居のため出歩きずらかったので、多少の気晴らしにはなりました。
子供の検診と予防接種以外外に出ることがなかったので前向きに考えれば、ある意味社会との接点をもてるいい機会でした。

妊...

もっと読む

39 view
2017/10/24 22:33

お医者さんから言われた通り2日後に再び産婦人科へ行きました。前回の診察からこの日まで腹痛がなく一安心。あとは、赤ちゃんがエコーで確認できるかどうか。6ヶ月の子供を連れてというのもありますが、1時間の待ち時間はいつもより、とても長く感じました。

体重、尿検査、血圧を測ったあと内診。エコーで赤ちゃんが確認できた!と思ったけど、尿検査では妊娠反応が出ませんでした。

‥どういう意味ですか?矛盾した状況を把握するのに時間がかかりました。

流産の可能性があるのでまた2日後に来てください。

まだまだ安心は出来ません‥

現在、うつ病の薬を飲んでいる事を伝えると、心療内科へ私の状況を説明した診断書を書いていただきました。

次の日、心療内科へ行きました。
先生には妊娠したが、曖昧な状態だと、いう事を伝え
薬を飲むにあたり赤ちゃんへの影響はないか?と聞きました。

その時に飲んでいた薬は二種類。鬱の薬と眠れる薬。
心療内科の先生によると眠れる薬は胎児に影響があり、流産の危険性が高い。
鬱の薬は今のところ薬が原因の流産や奇形は確認されてはいないが可能性はゼロではない。
しかし、いきなり薬をやめ...

もっと読む

55 view
2017/10/22 22:39

通っていた心療内科の病院では認知症で通っている方が多く、その方たちは必ず付き添いの方がいました。
付き添っているのは家族や施設のスタッフでした。

赤ちゃんかわいいね。と言いながら診察室まで入ってこられるのは毎回のようにあり、少し慣れてきたというより諦めていました。

ある日いつものように診察が終わり、子供を後ろの席のベビーシートにのせエンジンをかけようとしたとき後ろから音がしました。ガチャガチャガチャ!と何回も音がしたので振り返ると全く面識のないおばあちゃんが子供を覗きながらドアを開けようとしていました。
驚きのあまり一瞬だけ身体が動きませんでした。その後すぐに付き添いの方が止めに来てくれ、事なきを終えました。
1人で施設の利用者さんを4〜5人連れてきたみたいです。介護の仕事は本当に人手不足なんだなぁ‥。
私は子供1人連れて行くのも大変だと思っていたのに介護士さんは本当にすごい。尊敬に値します。

そんなことがあったので、次の診察からは母親に子供を預けて1人で行くことにしました。
おかげで誰も話しかけてこなくなりました。

通院して2か月くらいたった頃、次男を妊娠しました。

生...

もっと読む

44 view
2017/10/17 21:49

不眠、倦怠感、頭痛、肩凝り。過去の嫌な記憶の脳内再生。忘れたいのにふつふつと沸いてくる。ほかにも、軽い曇りの日でも太陽の光が眩しいすぎて家中のカーテンを閉めていました。
このような症状が3か月くらい続いたころ旦那に心療内科に連れていかれました。
うつ病と診断されました。

それから二週間おきに病院へ通うことになりました。

病院へは車で片道二時間かかります、
通っていた病院は私と年の近い方もいましたが認知症と思われるお年寄りの方のほうが多くいました。

私が受けた説明で覚えているのは治療には約1年かかること。薬は1日3回目一錠から始め、少しずつ増やし最大で6錠必要となる場合があります。

私はドラマのようにお医者さんが話をゆっくり聞いてくれるのをイメージしていました。

実際は机とパソコンが置いてあるシンプルな個室の事務室みたいな部屋で最近の症状を報告して、薬を処方されるといった、アッサリとした流れです。
完全予約制のため受付から会計まで1時間はかかりません。診察は長くても10分くらいです。

診察自体そんなに苦痛ではなかったのですが、患者さんのほとんどがお年寄りなので赤ちゃんを連れた...

もっと読む

48 view
2017/10/15 16:42

初めて子宮頚がん検診を受けたのは会社の健康診断です。確か28歳だったと思います。
結果はⅡb。再検査を勧められましたが、なかなか都合がつかず行くことができませんでした。

当時は仕事が忙しいというのもありましたが失恋ホヤホヤというのもあり連日連夜友達とやけ酒をしていました 笑笑
健康なんて二の次。今は楽しいことだけに集中しよう!20代はこんな感じで過ごしていました。

30歳で結婚。
これを機に飲み歩きはやめました。
そしてしばらくして子宮外妊娠。急な手術と入院で少し戸惑いましたが、退院後は安静にしていること以外は特に気を使ったりとかはしませんでした。

31歳で妊娠。
この時に初めて妊婦に体重制限があることを知りました。
この時点で頸がんの検査では異常なし。

32歳で初出産。
20キロ増の大幅な体重増加で吸引分娩手前の難産でしたが何とか出産しました。

それからしばらく不眠、頭痛、倦怠感が続きました。
子供が眠ったときなどの何もすることがない時、過去の嫌な記憶が頭の中で再生され、勝手に落ち込んだりイライラしていました。
夜は眠れない。朝は金縛りにあったかと思うほど身体が怠く起きるの...

もっと読む

56 view
2017/10/13 15:22

去年の6月くらいに次男の妊娠発覚と子宮頚がん高度異形成の告知で天国から地獄へと落ちていく感覚でした。

癌になるの‥?赤ちゃんは大丈夫‥?ちゃんと生まれるの?私が死んだらどうなるの?

などなど、マイナスな考えがぐるぐると頭の中を回っていました。

子宮頚がん高度異形成 と常に検索していました。

何度インターネットで調べても自分の中の不安感はきえません。旦那に相談しても、世の中にはもっと大変な人はたくさんいる。としか言ってくれませんでした。
妊娠時にいく自治体の講習会のときに保健師さんに出産予定の病院を変えたことを報告したときも
今病気に気がついて良かったねと励ましてくれたと思いますが、
私は 良くないよ!異常なしです!で無事に通過したかったよ!無責任なことを簡単に言うな‼︎
‥と心の中でどんな良心的な言葉でも捻くれた捉え方しか出来ませんでした。
今思えば、心の中とはいえ私の負の捻くれオーラが周りに伝わってしまっていたのかもしれない‥

皆さん、本当に申し訳ございません>_<
(捻くれた心による人とのトラブルは今のところございません。旦那以外は 笑)

確かに私より進行している人はた...

もっと読む

58 view
2017/10/11 13:43
日記を投稿