ASRさんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

退院してからの通院は1週間後、2週間後、3週間後、1ヶ月、2ヶ月とだんだん間隔が開いていき次の病院は3ヶ月後の2月になりました。
現在は手術後の傷も回復したので、普段と何の変わりもなく生活しています。病院以外の日は病気のことを忘れられます。
退院してからは普段どおりにしても問題ないと言われましたが、何もしないのも落ち着かないので恐らく健康的なことを生活にできるだけ取り入れてます。

1 体を冷やさない。まだ雪は降っていませんがヒートテックを2枚重ねてきています。

2 鉄分をとる。定期購入で鉄分がたくさん含まれたドリンクを毎朝飲んでます。
ちなみに鉄分は貧血だけではなく美肌やダイエットにもいいそうです!

3 禁酒。飲んでも大丈夫と言われましたが、ダイエットと節約を兼ねてはじめました。

4 朝、20分歩く。朝でなくても、できるだけ歩くようにする。病気とは関係ないのですが、子供がスマホを見続けていたためそれを防ぐために外遊びをさせています。

5 なるべく料理。野菜を使うようにする。野菜高いけど使うようにしています。

特にストイックとは程遠いですが自分なりに意識していると思います 笑...

もっと読む

11 view
2017/11/15 09:16

手術明けの朝は麻酔で身体が重たかったです。前日と同じように朝起きてすぐ体重、血圧、脈拍、体温を測りました。丸1日飲まず食わずだったから少しは減っているはず‼︎‥と期待していましたが、何故か1キロ体重が増えていました 涙
24時間以上絶食で空腹だったはずなのに、朝食があまり入りませんでした。

午前中の診察のときに止血のために詰めてあったガーゼを抜きました。抜く感覚が気持ち悪かったです。
術後の出血のために入院前に夜用ナプキンを用意するように言われましたが、思っていたより出血が少なく、おりものシートでも間に合うんじゃないのかな?って思うくらいでした。出血量は人それぞれですが、私は少ないほうだと言われました。
出血が少ないため、鉄剤を処方されずにすみました。

その後、同室の方とお話ししたり、本を読んで過ごしました。同室の方も種類は違えど婦人科系の癌の治療をしていました。いろいろとためになるお話も聞けました。皆さん、明るく良い人ばかりでした。癌の患者さんは私が思っていた以上に多いと知りました。

そして次の日に退院でした。手術までの日々は長く感じましたが、終わればあっとゆう間。この後はし...

もっと読む

35 view
2017/11/13 09:23

手術が始まるまで何もすることがなく、とにかく退屈をしていました。
食べることができないだけでこんなにも時間の流れが普段より長くかんじます。
3ヶ月以上前でよく覚えていませんが、記憶をたどりたいと思います。

朝、手術をしたらしばらくお風呂に入れないと思い、シャワーを浴びました。 今日一日、絶食なので11時まで水をがぶ飲みして空腹を紛らわせていました。(聞いたとこ、飲みものはお茶か水。味がついていても、いろはすの味付きならオッケーと言ってました)

予定では13時半に手術開始なのですが、前の方が長引いたため、一時間遅れで始まりました。

手術室まで歩いて移動しました。予想通りドラマでよく見る光景でした 笑
ベッドに横になり酸素マスクをつけ胸には心電図のあのペタペタしたものをつけました。
右腕に注射されたあと電気のスイッチを切るように意識がなくなりました。

看護師さんの 終わりました っていう声で目が覚めました。お医者さんに切り取った部分を見ますか?って聞かれましたが、怖かったので断わりました。付き添った旦那の話しによるとワインのコルクくらいの大きさだそうです。
ストレッチャーみたいなも...

もっと読む

22 view
2017/11/11 23:39

入院手術の日程が決まり、入院する2週間前に検査を受けることになりました。
入院の説明から始まり、身長、体重、血液、心電図、肺活量、胸のレントゲン全てが終わるのに半日近くかかりました。
円錐切除手術は初めてですが、入院は何回か経験しているので準備は時間がかかりませんでした。
ある程度は前回の入院で使ったものを持っていくことにしました。

入院までは普段どおりの生活をしていました。
禁酒以外は特別なことはしていません。お医者さんには言われていませんが、サプリなどで鉄分をとるようにしました。

入院前日。実家に帰り入院のあいだ子供を親にお願いしました。
この日までは異形成による症状は全くありません。正直言って2日後に手術を控えているなんて本当に信じられないでした。
前日は買い物をして最終的な準備をしました。

肝心なパジャマがなかったのでユニクロでスウェットを購入。基礎化粧品は旅行用を持って行こうと思っていましたが、せっかくの機会?なので以前から気になっていた高めのセットを割引券を使いトライアルセットを購入しました。
これで気合いを入れて入院できます。

入院当日。この日は10時に病院に入り...

もっと読む

23 view
2017/11/09 07:10

2週間後検査結果を聞きに病院へ行きました。この日も混んでおり、待合室の雑誌も読み飽きケータイもいじる気になれずボーっとテレビを見ていました。
その時ニュース速報で小林麻央さんの訃報が出ました。普段なら人ごとのように思える事でもこの時ばかりは真剣にニュースを見ました。
少ししてようやく自分の名前が呼ばれました。

診断の結果、私の中のヒトパピローマウイルスは癌化しやすいタイプでした。

ここからは私が覚えている範囲での会話です↓

お医者さん「このままでは癌化してしまう可能性が非常に高いので円錐切除手術で取り除いたほうが確実に安心です。しかし、今後妊娠出産の予定がありましたら、流産早産のリスクは上がります」

私「妊娠出産を予定していない人にとっては癌化を防ぐ安心な方法ってことですか?」

お医者さん「普段は出産を予定する割合が低い50代以上の方々にこの手術を勧めているんですが‥
お子さんは今、何人いますか?」

私 「2人です。主人とはずっと前から子供は2人までと話し合っていました。この先の予定はないです」
お医者さん「分かりました!では手術の日を決めましょう。現在7月末と8月末が空...

もっと読む

28 view
2017/11/06 09:46

ようやく1ヶ月検診の日がきました。前回の出産した病院は母子一緒に検診を受けることができたのですが、今回の病院は母子別々の日に受けなければなりません。
子供の1ヶ月検診が終わり、2日後に私の1ヶ月検診と共に子宮頚がんの詳しい検査をしました。結果は1ヶ月後、郵送にて知らされます。

結果を早く見たいような見たくないような‥。進行していたらどうしよう。取り返しのつかない状態になっていたら怖いな‥。不安な気持ちで毎日自宅の郵便ポストを覗いていました。

今思えば、あの不安感は育児で多少は紛れていたのかもしれません。

紛れていたのかも‥といえば、入院でいき損なった心療内科の予約をすっかり忘れてました!
薬をのみきって1ヶ月近くたっていました。
調子は良いとは言える状態ではないのですが、薬を飲まなくても生活には支障がなかったので特に真面目には考えていませんでした。
心療内科との関係は自然消滅で終わりました。

1ヶ月たち、検査の結果がきました。結果は3b。できるだけ早く来てくださいとハガキに書いてありました。
予約できたのはハガキが届いて約一週間後でした。
その日はものすごく混んでおり、予約時間...

もっと読む

20 view
2017/11/04 15:15

痛みが弱まってきたタイミングで子供のオムツ替えや身の回りの用意をしました。
次に痛みの間隔を測る。10分おきになったとき、病院に電話をしたら、すぐに来てくださいと言われ母親に病院まで送ってもらいました。

病院に着いて3時間くらいでなんとか出産しました。

予定より2週間早い出産です。

本来なら初乳を飲ませる為にマッサージをしなければならないのですが、鬱の薬を飲んでいたので母乳の出を抑える薬を1週間飲むことになりました。他にもお腹の痛み止、鉄剤、便秘薬、忘れましたが、他にも2種類くらい出されました。薬だけでお腹がいっぱいになりそうです。笑

産後の入院期間は4泊5日。3時間おきに24時間。全て粉ミルクを飲ませました。周りのお母さんたちは痛い思いをしながらマッサージをし、母乳を飲ませているのにその中で私だけ粉ミルクなのは後ろめたさが少しありました。

心療内科の予約の日と入院が重なったので退院し、落ち着いた頃に通うことにしました。

退院になり、1ヶ月検診が終わるまで実家で子供と一緒に過ごすことになりました。
産後1週間の頃胸が破裂するかと思ったほどの張りと痛み、高熱の症状が出ました...

もっと読む

23 view
2017/10/31 16:20

出産まであと1ヶ月となったあの時期、移動はなるべく徒歩。エレベーターを使わず、階段を使う。などなど妊婦で許される範囲で出来るだけ身体を動かすように心がけました。

その頃は世間ではクリスマスムードが漂い、ケーキ屋さんはもちろんコンビニでもクリスマスケーキやオードブル、シャンパン、ワイン、一匹丸ごと焼いてあるチキンを横目にとにかく歩きました。横目にっていうよりなるべく見ないようにしていました。

来年のクリスマスにはあれを全て食べてやる!その為にはまずダイエットではなく体重を増やさないように頑張って無事に産む!そして産後の1ヶ月検診で子宮頚がんの検査。結果によっては手術。
出産と治療の流れをインターネットで調べても不安感はなくなりませんでした‥

心療内科は相変わらず同じ事の繰り返し。良くなった実感がないまま予定日が近づいてきました。
妊娠によるマイナーな症状か鬱のせいなのか未だ分かりません(^^;;

1月4日。妊婦検診。前日から少しずつ生理痛のような痛みとお腹の張りが続いている。
診断では子宮口が開いておらず赤ちゃんもまだ下がっていないと言われました。
1月6日。この日は何故か朝から...

もっと読む

20 view
2017/10/29 18:26

妊娠7ヶ月。
異形成Ⅲbは変わらず、産婦人科の判断で大きな病院へ移ることになりました。手続きは意外と簡単でした。
転院先の看護師さんには「ハイリスク出産にあたるので、何かあった時にはうちのような設備が整っている病院のほうが安心ですよ」と言われました。

ハイリスク出産‥
2度目の妊娠による根拠のない自信が一気に崩れたような気がします。
確かに‥高度異形成でうつ病の通院。健康な妊婦ではないです。

この頃から、お腹も大きくなり誰が見ても妊婦だと分かるようになりました。
2時間かけて週に1回の病院通いはさすがに辛くなってきたので心療内科は月に1度の通院で薬をまとめてもらいました。
大きくなってきたお腹で心療内科へ行くのが気まずくなってきたというのもあります。

今更?と言われそうですが、ハイリスク出産にたじろいだ私はマニュアル通りプラスαの超健康的な生活、食事を意識するようになりました。

生活習慣ではなるべく早く起きて歩くようにしています。今でも歩数をチェックしています。

食習慣では魚、野菜を取るようにしています。お酒は妊娠してから飲んでいません。青汁を飲むようにし、鉄分と葉酸を取るよ...

もっと読む

13 view
2017/10/26 13:56

役場から母子手帳を発行してもらえました!
小さな町で年子出産は照れ臭かったのですが農家さんが多いこの町では多産が多いので当たり前のように受け入れられました 笑

心療内科と産婦人科、一週間おきに通う生活が1ヶ月続きました。
お腹の赤ちゃんは5ヶ月。本来なら妊婦検診は6ヶ月まで月に一回なのですが、私の場合、子宮頚がんの経過を見るために2週間に1回通うことになりました。
最初は子宮頚部の表面の検査。2週間後は結果がでてⅢbだったので子宮頚部を少し切り取る精密検査をしました。

次の週に心療内科へ行き状況報告。状況は変わらず、いつも通り同じ量の薬を処方されました。
この頃は不眠の症状はなくなってきたので鬱の薬の処方のみとなりました。

なんだかんだ言って出産まで産婦人科と心療内科は交互に週に1回通うことになりました。

どちらの病院もら自宅から2時間近くかかり、通うのが負担でした。しかし家事と育児、旦那両親との同居のため出歩きずらかったので、多少の気晴らしにはなりました。
子供の検診と予防接種以外外に出ることがなかったので前向きに考えれば、ある意味社会との接点をもてるいい機会でした。

妊...

もっと読む

20 view
2017/10/24 22:33

お医者さんから言われた通り2日後に再び産婦人科へ行きました。前回の診察からこの日まで腹痛がなく一安心。あとは、赤ちゃんがエコーで確認できるかどうか。6ヶ月の子供を連れてというのもありますが、1時間の待ち時間はいつもより、とても長く感じました。

体重、尿検査、血圧を測ったあと内診。エコーで赤ちゃんが確認できた!と思ったけど、尿検査では妊娠反応が出ませんでした。

‥どういう意味ですか?矛盾した状況を把握するのに時間がかかりました。

流産の可能性があるのでまた2日後に来てください。

まだまだ安心は出来ません‥

現在、うつ病の薬を飲んでいる事を伝えると、心療内科へ私の状況を説明した診断書を書いていただきました。

次の日、心療内科へ行きました。
先生には妊娠したが、曖昧な状態だと、いう事を伝え
薬を飲むにあたり赤ちゃんへの影響はないか?と聞きました。

その時に飲んでいた薬は二種類。鬱の薬と眠れる薬。
心療内科の先生によると眠れる薬は胎児に影響があり、流産の危険性が高い。
鬱の薬は今のところ薬が原因の流産や奇形は確認されてはいないが可能性はゼロではない。
しかし、いきなり薬をやめ...

もっと読む

36 view
2017/10/22 22:39

通っていた心療内科の病院では認知症で通っている方が多く、その方たちは必ず付き添いの方がいました。
付き添っているのは家族や施設のスタッフでした。

赤ちゃんかわいいね。と言いながら診察室まで入ってこられるのは毎回のようにあり、少し慣れてきたというより諦めていました。

ある日いつものように診察が終わり、子供を後ろの席のベビーシートにのせエンジンをかけようとしたとき後ろから音がしました。ガチャガチャガチャ!と何回も音がしたので振り返ると全く面識のないおばあちゃんが子供を覗きながらドアを開けようとしていました。
驚きのあまり一瞬だけ身体が動きませんでした。その後すぐに付き添いの方が止めに来てくれ、事なきを終えました。
1人で施設の利用者さんを4〜5人連れてきたみたいです。介護の仕事は本当に人手不足なんだなぁ‥。
私は子供1人連れて行くのも大変だと思っていたのに介護士さんは本当にすごい。尊敬に値します。

そんなことがあったので、次の診察からは母親に子供を預けて1人で行くことにしました。
おかげで誰も話しかけてこなくなりました。

通院して2か月くらいたった頃、次男を妊娠しました。

生...

もっと読む

25 view
2017/10/17 21:49

不眠、倦怠感、頭痛、肩凝り。過去の嫌な記憶の脳内再生。忘れたいのにふつふつと沸いてくる。ほかにも、軽い曇りの日でも太陽の光が眩しいすぎて家中のカーテンを閉めていました。
このような症状が3か月くらい続いたころ旦那に心療内科に連れていかれました。
うつ病と診断されました。

それから二週間おきに病院へ通うことになりました。

病院へは車で片道二時間かかります、
通っていた病院は私と年の近い方もいましたが認知症と思われるお年寄りの方のほうが多くいました。

私が受けた説明で覚えているのは治療には約1年かかること。薬は1日3回目一錠から始め、少しずつ増やし最大で6錠必要となる場合があります。

私はドラマのようにお医者さんが話をゆっくり聞いてくれるのをイメージしていました。

実際は机とパソコンが置いてあるシンプルな個室の事務室みたいな部屋で最近の症状を報告して、薬を処方されるといった、アッサリとした流れです。
完全予約制のため受付から会計まで1時間はかかりません。診察は長くても10分くらいです。

診察自体そんなに苦痛ではなかったのですが、患者さんのほとんどがお年寄りなので赤ちゃんを連れた...

もっと読む

26 view
2017/10/15 16:42

初めて子宮頚がん検診を受けたのは会社の健康診断です。確か28歳だったと思います。
結果はⅡb。再検査を勧められましたが、なかなか都合がつかず行くことができませんでした。

当時は仕事が忙しいというのもありましたが失恋ホヤホヤというのもあり連日連夜友達とやけ酒をしていました 笑笑
健康なんて二の次。今は楽しいことだけに集中しよう!20代はこんな感じで過ごしていました。

30歳で結婚。
これを機に飲み歩きはやめました。
そしてしばらくして子宮外妊娠。急な手術と入院で少し戸惑いましたが、退院後は安静にしていること以外は特に気を使ったりとかはしませんでした。

31歳で妊娠。
この時に初めて妊婦に体重制限があることを知りました。
この時点で頸がんの検査では異常なし。

32歳で初出産。
20キロ増の大幅な体重増加で吸引分娩手前の難産でしたが何とか出産しました。

それからしばらく不眠、頭痛、倦怠感が続きました。
子供が眠ったときなどの何もすることがない時、過去の嫌な記憶が頭の中で再生され、勝手に落ち込んだりイライラしていました。
夜は眠れない。朝は金縛りにあったかと思うほど身体が怠く起きるの...

もっと読む

31 view
2017/10/13 15:22

去年の6月くらいに次男の妊娠発覚と子宮頚がん高度異形成の告知で天国から地獄へと落ちていく感覚でした。

癌になるの‥?赤ちゃんは大丈夫‥?ちゃんと生まれるの?私が死んだらどうなるの?

などなど、マイナスな考えがぐるぐると頭の中を回っていました。

子宮頚がん高度異形成 と常に検索していました。

何度インターネットで調べても自分の中の不安感はきえません。旦那に相談しても、世の中にはもっと大変な人はたくさんいる。としか言ってくれませんでした。
妊娠時にいく自治体の講習会のときに保健師さんに出産予定の病院を変えたことを報告したときも
今病気に気がついて良かったねと励ましてくれたと思いますが、
私は 良くないよ!異常なしです!で無事に通過したかったよ!無責任なことを簡単に言うな‼︎
‥と心の中でどんな良心的な言葉でも捻くれた捉え方しか出来ませんでした。
今思えば、心の中とはいえ私の負の捻くれオーラが周りに伝わってしまっていたのかもしれない‥

皆さん、本当に申し訳ございません>_<
(捻くれた心による人とのトラブルは今のところございません。旦那以外は 笑)

確かに私より進行している人はた...

もっと読む

29 view
2017/10/11 13:43

今日は近くに住んでいる親戚の方の庭で山ブドウをとりました。
とったブドウで果実酒とジャムをつくる予定です。果実酒が出来上がるまで約2カ月。それまで禁酒です。年末には解禁して少しだけ飲みます 笑
次男妊娠してから今日まで禁酒して1年半。そして、手術から2ヶ月経ちました。

円錐切除手術後の生活において特に制限はありません。妊娠中も食事には気をつけていましたが、今では野菜を意識してとるようにしたり、高くて料理が面倒という理由から避けていた魚介類もとるようにしています。味噌汁の出汁は粉を使っていましたが、かつおからとるようになりました。
作れるものは可能な限り自分で作るようになりました。しかし、お菓子作りはまだやったことはありません。

16 view
2017/10/09 22:10

イルイルに登録して3カ月くらい経ちました。
検査に異常が見つかり手術、術後診察と今日までにいろんなことがありました。
こちらのアプリに出会えたのは偶然ですが、皆さんのいろんな話が聞けてかなりありがたく感じています。

それまではインターネットで病気のことを調べ続ける毎日でした。

子宮頚がん 異形成 と常に検索していました。今ではケータイの予測変換で出てくる言葉のほとんどが病気関係なような気がします(^^;;

最近では身体も気持ちも落ちつき、検索の対象がファッションやコスメに戻りつつあります。
インターネットから離れろってつっこまれそうですね 笑笑

言い訳ではないのですが、家族全員風邪ぎみで外は雨。家事が終わったら何もやることがないんです(^^;;

運動不足&お菓子の食べ過ぎで入院しているときより身体が重いかも!?

明日は晴れるので外に出ます。

ここで宣言しておかないとまたダラけそうなので自分への戒めとして書かせていただきました 笑

19 view
2017/10/07 23:12

昨日は台風が上陸し、強風と大雨で外出ができませんでした。
今月入ってから冠婚葬祭や子供の病院で忙しく手を抜きすぎていた家事をまとめてやりました。

夕方近くに雨がやみ、近所のかたからトウモロコシを50本ほど頂きました。都会の方からはこの数に驚かれますが私達の地域ではこれくらいの量の野菜のおすそ分けは当たり前です 笑

次の診察まで1週間きり、体調、食欲は戻りましたがこの量のトウモロコシは食べ切る自信がありません 笑
ちなみにトウモロコシはむくみ貧血、便秘解消、ダイエットにいいとききましたが、トウモロコシの食べ過ぎで少し太ってしまいました>_<

むくみと貧血予防を期待するならトウモロコシのヒゲ茶のほうがいいと思います!

13 view
2017/09/18 11:05

昼夜逆転生活と不摂生な生活を1ヶ月ほどおくっていたA子は私を含め周りの人たちは仕事のストレスで心を病んだのではないかと思われていました。

A子から病気をカミングアウトされたのは治療を始めてからだいぶ経ったときでした。

A子をなんとか元気づけようとしたA子の母さんは地域のガン患者のコミュニティにA子と一緒に参加しました。
何回か参加していくうちに治療に対して前向きになり、生活を改めるとポッチャリ体型がスリムになりました。おりた保険金で服や化粧品を買いました。
今まで化粧はほとんどしていませんでした。
抗がん剤治療で髪は抜け落ちたときは様々なウィッグを買いいろんな髪型を楽しみました。

久しぶりに会ったA子は誰かわからないくらい垢抜けていました。
本人いわく病気前より今のほうが美しくなった 笑 と言ってました^_^
転移、再発もなく体調も順調。治療から一年後、知人の紹介で再就職できたA子は同じ職場の方とお付き合いし、今年の12月に結婚することになりました。

18 view
2017/09/17 21:44

今朝、友人から結婚の報告がありました。
今日は友人のお話です。友人(以降A子)はガラケーでイルイルのアプリをダウンロードできない&インターネットの使い方がよくわからないということなので、代わりに投稿させていただきます。
A子は初期の乳ガンで治療し、現在は再発していないか調べる為に通院しています。A子は同じ病気のかたが少しでも勇気がでたらということで、A子の頼みでA子の話をします。

A子は現在37歳。35歳のとき会社の健康診断で病気が発覚しました。
勤めていた会社では治療の為の長期休暇が取れなかったので退職を余儀なくされました。
失業と病気でかなり落ち込んでいたA子は通院以外の時間はほとんど家に閉じこもっていました。

1日のスケジュールです
12時起床、食事
13時本を読む
16時趣味の時間(絵を描いたり)
18時から21時仮眠
21時本屋orDVDレンタル屋
22時本、DVD鑑賞
5時睡眠。

っていう感じです。

続く

20 view
2017/09/15 19:52

昨日の夜、母が胸の横辺りにシコリのような感覚があるということなので、一緒に総合病院へ行きました。間も無く60歳。閉経から何年か経っているとのことで、もしかしたら乳ガンかもしれないと不安に思いながら病院へ‥
婦人科での診察かと思いきや乳腺外来へ案内されました。受け付から1時間ほど待ちました。
母の名前が呼ばれ、私は触診の間だけ診察室の外で待ちました。

‥‥診察の結果、乳腺に水が溜まっていてそれがシコリのように硬くなっていて、これから3カ月おきに水を抜くことになりました。

ガンじゃなくて良かった〜‼︎

病院内で叫んだ母を見て周りの人たちは驚いていました 笑笑

シコリ=ガンとは限らないのですね‼︎今日は勉強になりました>_<
病気ではないと分かったとたん、お腹が空き帰りに立ち寄った回転寿司で思いっきり食べてきました^_^
帰宅後、不安そうな顔をしていた旦那家族は話を聞いて安心して笑っていました。

24 view
2017/09/13 17:49

午前中以前から壊れていた洗濯機の買い替えのため家電量販店に行きました。
タイミングよく保険金が入ったと同時に洗濯機が壊れました。本当はもっと早く欲しかったのですが、旦那と買いに行きたかったので予定があわず、今日になりました。
思っていたより安く買えた!と思っていたら、四国に住んでいる親戚の結婚式の予定が入り、残りの保険金はそちらに充てることになりました>_<
まあ‥四国は初めて行くので、思いっきり美味しいものを食べようと思います。四国の美味しいものは何かわかりません‥今からネットで調べて計画します。

保険会社から届いた給付金(保険金)の内訳のお知らせには上皮ガンと書かれていました。
お医者さんは異形成はガンの手前と言っていましたが、保険会社ではガン扱いなんですね‥‥。

午後は同じような病気の友人数人でお茶をしました。
前半はお互いの近況報告や他愛のない雑談。
後半は詳しい治療の経過、病気の情報交換。みんな共通して言ってたことはガン保険に入ってて本当に助けられた。と宝クジが当たったら、世界一周の豪華客船の旅に行きたいと言ってました。友人いわく、ガンのような病気の人はほとんどの方が世...

もっと読む

40 view
2017/09/11 22:16

水曜日私にウイルス性のイボができたので皮膚科に行きました。
場所は左手の薬指。再発しました。でき始めたのは3年近く前。結婚が決まって少し経ったとき。指輪がイボに引っかかり、入りませんでした 笑笑
あの時は3〜4回くらい皮膚科に通いました。
液体窒素を患部にかけに2週間に一度ずつ通いました。今回も同じ治療をしていきます。
イボも子宮頚がんもヒトパピローマウイルスが原因だと言われていますが、自分の生活が間違っているとは思いたくありません。きっと疲れて免疫力とか落ちているのかもしれません。
7月下旬の手術から口内炎、吹き出ものなど、ちいさな不調が続いています。円錐切除手術とは関係ないと思います。もしかして、ストレスが原因⁇

木曜日はサボりすぎていた家事をまとめて片付けました。先週は親戚の結婚式やいろいろとありましたので、掃除が疎かになってしまいました。

金曜日と土曜日は家でのんびりと過ごしていました。体調のほうは普段と変わりありません。
そして、心配していた生理がやっときました。出血量は少なめでした。

25 view
2017/09/09 22:37

今週は月曜日、火曜日、水曜日に耳鼻科、歯医者、皮膚科と病院漬けでした。

月曜日、次男が風邪をひき咳と鼻水がひどかったので耳鼻科にいきました。自宅から病院まで車で1時間かかります。
実家の近くにあり幼いころから鼻炎もちだった私は昔から通っていましたが、初めて診てもらう次男は問診票を書かなきゃなりません。
そんな時に靴を脱いで子供が遊べるスペースはとても有り難いです。 受け付けから会計まで30分。薬をもらいすぐ帰宅。本当は買い物に行きたかった 笑
風邪ひきさんを連れ回すわけにはいけないから‥と思っていましたが何か喉に違和感‥鼻水もでてきました。私も風邪をひいたみたいです。旦那も鼻をかんでいます。

火曜日、長男の歯医者。上の階の前歯が黒ずんできたので虫歯⁉︎と思い慌てて歯医者へ行きました。
結果は転んだときに強くぶつけて、その衝撃で歯の神経がダメになったことによって歯が黒っぽくなった。と、言う事。
ケガには気をつけていたのに‥
その日はずっと反省していました。

私は自分の体調で精一杯で子供達のことを少し注意ができていませんでした>_<

34 view
2017/09/07 22:28

私はこれまで10代、20代、30代と数回全身麻酔を経験しましたが、年齢を重ねるにつれて回復力が落ちてきた感じがします‥

10代麻酔から醒めて2〜3時間で歩きまわれました。
20代翌日にはスッキリしていました。
30代翌日になっても体が重い‥

私が初めて全身麻酔を経験したのは17歳の頃です。

私は生まれつき目の下に500円玉くらいの大きさの茶色のアザがありました。
ファンデやコンシーラーでは隠しきれないほどでした。

美容整形だと思われますが、色素性母斑で保険が適用されます。
通常、局所麻酔してからレーザーで患部を焼きます。
ゴムをはじくような痛みだと聞いていましたが、目の下で皮膚が薄いため、物凄く痛かったので全身麻酔で治療することになりました。
これが私の初めての全身麻酔です。

色素性母斑は一回の治療では治りません。
レーザーのあと1週間後にカサブタが剥がれて3カ月後にレーザー。の繰り返し。アザの濃さによりますが、ココアくらいの濃さだった私のアザで4〜5回くらいで終わりました。

今、思えばこの経験があったからこそ今回の手術もそんなに恐怖にならなかったと思います。

41 view
2017/09/05 21:55

昨日で34歳になりました‼︎(祝ってアピールではありません 汗)それと同時に顔に何ヶ所か吹き出物と口内炎ができました‥

思えば、30歳になった途端に子宮外妊娠で入院し、二回目の出産の後の異形成の入院。一年に一回のペースで入院しています 笑

3、4回目の入院以外1、2回目の入院先はそれぞれ違いましたが、同室の患者さん達には恵まれていました。

1回目の入院では未婚で子宮外妊娠という負い目があり会社への報告にかなり勇気がいりました。急な入院だったので会社には婦人科系の病気としか言ってなかったのです。
たまたま同室の向かいのベッドにいた方が過去に同じ経験をしたことを聞きました。その方は子宮内膜症と報告したと言ってました。
会社に嘘をついた後ろめたさはありましたが、いいアドバイスのお陰で入院明けの出勤の気持ちは少し楽になりました。

2、3回目は出産による入院で年が近い方が多く楽しめました。

先日の入院では、明るく気さくなかたばかりで病気であることを忘れられたり、ためになるアドバイスをいろいろと聞けました。

これだけ入院しているので入院準備は説明を聞かなくてもすぐできる自信があり...

もっと読む

48 view
2017/09/03 22:36

今日から9月。今日からいきなり秋の空気になりました。8月は夏としてパッとしない天気、気温でしたが、今日になって、少し寒くなってきました。

あと1ヶ月で患部は元どおりになるらしいです。
私自身、すでに通常の生活を送っています。

手術後1週間出血は少量でした。1週間たち出血はいつもの生理並みになり、約1週間で手術後と同じ量に戻りました。

しかし、病院のエコーで調べて見たところ、それは生理による出血ではありませんでした。
出血自体、手術後1ヶ月でおさまりましたが、生理はまだきていません。予定では今日の1週間前にきてもいいはず。妊娠ではないことはハッキリ言えます。

円錐切除手術後 生理 と今日一日中インターネットでずっと検索していました。
ほとんどの方が手術後1週間で出血の量が多くなり、1週間で戻っています。そして、生理との判断に迷っています。

私だけじゃないんだ〜と少しだけ安心しました。
生理がまだ来ないのは気になります。出血が多くて病院に行くのは分かりますが、生理が1週間遅れているくらいで病院に行くかどうか考えてしまうのは私は心配性なんでしょうか‥?
次の診察まで待って生理が...

もっと読む

77 view
2017/09/01 21:42

久しぶりに友達と外食に行ってきました。
彼女も私と同じ病気です。いえ、私より重くて長い期間治療を続けています。
お互い、これからも頑張って生きていこう‼︎っていう意味をこめて、少し奮発してファミレスの分厚いステーキとデザートにケーキを注文しました。
病気の発覚は友達のほうが早かったのですが、入院した時期がほぼ同じだったので、お互い他人事とは思えないと感じています。

私達、ママ友より結束力が強いガン友達だね 笑笑

こんな風に笑いに変えられる友人のポジティブさには頭が上がりません。
私もこんな風に笑えるよう頑張らなきゃ>_<

私も友人も発覚するまで自覚症状がありませんでした。会社の健診で発覚しました。
他のガン友達も同じく自覚症状がなく、健診で初めて知った人がほとんどでした。

改めて健診の大切さを実感。
今までガンは自分がなると思っていなかったので健診もメンドくさいものでしかなかったけど自分の状態を知るための必要なものであるこを自覚しました。

短い時間でしたが、色々と話しを聞けてとても充実していました。ほとんどガンの話しでしたが 笑笑

31 view
2017/08/30 13:33

手術後診察に行ってきました。
旦那が仕事のためもうすぐ2歳になる長男と7ヶ月の次男を連れて行きました。

朝急いで支度をして8時半過ぎに家を出ました。自宅から病院まで車で1時間半。道が空いていてもこれくらいかかります。
予約は10時。通勤時間を過ぎていたため比較的、道は空いていました。
10時半病院に到着。途中で子供がぐずったりと色々あったので遅れてしまいました。
左手に次男を抱っこ、右手で何処に行くか予測不能な長男の手を繋いで病院の中へ入り産婦人科のある2階まで向かいました。
少し混んでいたからか受け付けからほんの数分で見て貰えました。
結果は良好です。傷口もほぼもとに戻りました。
後は1ヶ月後の診察で完全にもとに戻っているか確認。

お会計を済ませて近くにあるスーパーで買い物して帰宅。
いつもは親に子供を預けて1人で行くのですが、今日は物凄く疲れました。長時間の抱っこで明日は筋肉痛になりそうです。
次の診察は1ヶ月後の9月25日。それが終わったら3ヶ月おきに再発していないか確認。
2週間おきが3ヶ月になったらだいぶ楽になりますが、一生気にしていかないと思うと少し気が重いです>_<...

もっと読む

37 view
2017/08/28 22:48

先週末、次男の半年健康相談がありました。
本来でしたら先月で6ヶ月なので、その時に行くはずでした。ちょうど私の入院が重なって今月にずらしてもらったからです。
やることは主に体重、身長、頭、お腹周りの測定。簡単な離乳食の説明と試食。保健師さんと子供の様子について話す。これで大体2時間くらいです。

ほとんど終わり、あとは保健師さんとお話だけになりました。
子供の最近の様子、育児で何か困ったことがないか等、健診でありがちな会話のあと、私の入院や病気の話題に入りました。

いろいろ大変でしたね‥何かあったら、いつでも役場に来て相談しにきてくださいね!
(‥自宅から役場まで行くのが負担。何かって何?)

とにかく、野菜をたくさん食べてください!特に緑黄色野菜がいいですよ!
(野菜を食べ、青汁まで飲んでいるのにな。それじゃ私が肉食みたいじゃないか 笑笑)

などなど、少しモヤモヤが残りましたが、その日はなんとか無事に終わりました。
今の私は何かあったら役場より病院に駆け込むことになりそうです。

明日は病院へ行きます。何事もないことを祈って今夜は眠ります>_<

27 view
2017/08/27 18:38
日記を投稿