プチさんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

円錐切除術の検査の結果で腺がんとわかり、広汎子宮全摘術の手術をすることとなりました。

そして手術2日前に食事制限や手術の準備で入院となりました。
入院してしまったら、家庭の事や仕事の事など、少しは気にならなくなりリラックスできました。手術まで2日しかないので、心身ともにゆっくりしよう思いました。雑誌や本を読む気にもなりませんでした。なんとなくボーっとしていました。手術前日の夜は少し寝付けませんでした。悪い事を想像したり、何かあったら今後どうするかや、考えてしまったからです。

手術当日は主人が早目に来てました。あまり話もしてなかったですが、ずーと見守ってくれている感じでした。
手術室に入る為に看護師さんが迎えに来てくれて、主人とは病室で別れる事になりました。
そして、手術室に入ってまずは寒いっと感じました。手術室にも看護師さん達が手際よく準備をして、ただ俎板の鯉の様な状態で寝ていました。
全身麻酔が効く直前に右腕が圧迫される感じで痛いの痛ぐらいの時に麻酔が効きわからなくなりました。
そして気が付いた時には、ぼんやりとした感じでしたが、病室で主人が横に立って私を見てお...

もっと読む

12 view
2017/11/19 08:00

術後の経過も良く、体調も手術前とあまり変わらず、医師に言われていた出血も無く、ほっとしておりました。
退院して2週間後ぐらいに健診と検査の結果を聞きに病院へ行って来ました。
その日までは円錐切除術で終わり、後は経過観察だろうと思っておりました。
しかし、腺がんで、思ったより進んでいたとの事でした。

広汎子宮全摘術を進められました。
私が考えていたのは、検査の結果で最悪、子宮と卵巣を取るだけだと考えておりました。私の場合、30歳頃に生理が無くなり、女性ホルモンのバランスはとっくに崩しておりましたので、子宮と卵巣を取る事に対してはあまり気にしませんでしたが、リンパ節郭清という事を聞いた時、リンパに転移の可能性があるんだ!!っと思い落ち込みました。
腺がんの場合はリンパに転移があることがあるので、切除して検査した方が良いと言われて、心配になりました。もちろん、私も悪いところは全部取って、検査していただきたです。
悩むこと無く、広汎子宮全摘術と決まりました。
術後の副作用など言われましたが、私の頭の中は、リンパ転移していたらどうなるんだろうっと、その心配ばかりしていまして、...

もっと読む

35 view
2017/11/16 07:00

子宮頸がんと分かって、まずは円錐切除術をしました。
子宮は残して、子宮頸部のがんがある組織を円錐状にメスで切り取る手術をしました。
最初に医師から円錐切除術を、やりましょうと言われた時は、どんな手術か全然わかりませんでした。
医師が絵で説明していただき、なんとなくわかりました。
円錐状にメスで切る?!とりあえず悪い所を取るという事だと思いました。
医師は患者の負担も少ないので、この方法が良いと言ってました。
その後の検査で、今後の治療法を考えると言われました。

手術時間は1時間くらいでした。入院は3泊4日です。
手術後も思ったより、出血も無く、痛みも無く、身体が楽でした。
退院してすぐ、仕事復帰もできましたし、あとは検査結果を待つだけでした。

55 view
2017/11/13 07:53

今年も11月の中旬になりました。
すぐ年末がきます。
この時期になりますと、子宮頸がんと告知された事を思い出します。
最初は地元の産婦人科病院で、検査して子宮頸がんの疑いが出ました。
その時の医師は、数値が極わずかなので、だぶん大丈夫ですが、念の為に総合病院で検査しましょう。と言われ、私も大丈夫だろうなって、軽く考えていました。
でもやはり早目に白黒つけたいと思い、すぐ総合病院に予約を取り、行きました。

結果はかなり初期の子宮頸がんと言われて、少しの不安はありましたが、運が良かったと思いこんでおりました。

その後、手術のための検査をして、円錐切除術をして、多分この手術で終わると言われていましたし、私もそう思ってました。

しかし、手術後の検査の結果、腺がんとわかり、広汎子宮全摘術となって不安が増しました。

子宮頸がんと分かって手術は、年末から新年を迎えてすぐの出来事でしたから、私にとって今の時期が一番、辛い時期を思い出してしまいます。

年々薄れてくるどころか、昨日の様に思い出してしまいます。
仕事をしている時など普通の生活をしている時は、子宮頸が...

もっと読む

41 view
2017/11/11 08:14

今日は家族全員が、帰宅遅いです。
愛犬と仲良しております。

やはりいつも居る人がいないと心配と不安ですね!
誰もいないのに慣れていれば良いでしょうが、久しぶりに一人は寂しいです。

私が入院中、主人が毎日病院に来ている間、娘は一人でいたんだって今思うと、可哀想だったっと思ってしまいます。

入院している時は、どうせ家族の世話出来ないんだから、家族に会いたいと思ってなかったです。

私は、家族のことや、家の事を出来る事が幸せなんですね!
今は、お節介な感じになっているかも?

今更、変えられません!

皆んなに、付き合ってもらいましょう!

26 view
2017/11/07 19:42

私は同居の義父は胃癌で2004年に亡くなった時に、義父はがん保険に加入していた為、とても助かりました。
安心して、十分な治療と介護ができたのも、がん保険のお陰だと思っております。
義父の葬儀が終わり、落ち着いてから義母、主人、私とがん保険に加入しました。
その時に医療保険など見直しをしまして、入院や通院も十分なものに変えました。
それまで入っていた保険は解約して、新たに違う保険会社で加入をしました。

その後わたしが子宮頸がんとわかり、
2012年11月子宮頸がん円錐切除術
2013年1月子宮全摘手術
と入院、手術と2度行いました。
術後すぐ後遺症でリンパ浮腫になり、リハビリ科に通院となりましたので、がん保険、医療保険と入っていて助かりましたし、安心して治療に専念できました。
主人と私は同じ考えで、保険は十分に入ると結婚当初から入っておりました。
がん保険は義父の死がきっかけですが、がん保険はテレビのCMの様になってしまいますが、入っていて良かったと思いました。
勿論、保険は継続しておりますので、病気については、お金は安心しております。

病気にはならない...

もっと読む

28 view
2017/11/05 07:52

この間、主人と私の病気の事で、何気なく話していた時に、私が子宮頸がんと言われた時の話をしておりました。

私は自分の身体の事と家族の事が心配で、どうやってこの家を今まで通りの生活を守れるのかや、銀行口座、保険、などわかるか?!できるか?!そんな事を考えて、心配でいられなかったっと言いましたら、主人が初めてその時の本当の心境を言いました。

当時は、子宮頸がんと医師に言われても、冷静で何にもいつもと変わらず、くだらない話をして笑ったりしてましたので、私はとてもある意味、楽でした。大丈夫と言っても、大丈夫だよ、などと簡単な返事ばかり返ってきて、何考えているんだろうっと思った事もありました。

それがこの間、主人が私が家の事が心配でいられなかったっと言った時、主人も私の身体の心配や家庭の事と、情けないほど困ったっと言っておりました。言葉にならない程だった、参った!!っと聞いた時に、
私は本当にびっくりしました。全くそんな様子はなく普段道理の会話ばかりでしたし、ただ病気の心配はしてましたが、今思うと、主人が普通だったのが救いでした。

なので、やはり私は身体に気を付けて、心配...

もっと読む

30 view
2017/11/03 10:14

子宮頸がんの腺癌とわかった時に、腺癌について沢山調べました。

医師には、子宮の出口を円錐切除をして、病気の広がりや、深さが判断しにくいため、正確な診断したいと言われました。

腺癌にも種類がある事を医師の説明やネットで調べわかりました。

1. 腺異形成 上皮内腺がんで最初期のがんで、定期的な検査をしていくレベル

2. 上皮内腺がん 悪性の腺であるが、扁平上皮がんのO期
0期と言われても扁平上皮がんのように円錐切除後に、判断するレベル、私の最初の診断は、医師がたぶんこのレベルだと言ってました。

3. 微少浸潤腺がん
扁平上皮がんのⅠa期、しかし扁平上皮がんはⅠa1期とⅠa2期に分けられ、この状態では手術で子宮をとる事や、精密検査をうけた上で、リンパ腺を切除する事を含めて、広めの手術をうける事がある。

4. 腺がん
子宮頚がんの進行期、主な治療法は手術、リンパ腺を含めた大き目の手術がすすめられるレベル、

一度目の円錐切除手術後、検査の結果、私は 4.腺がんと診断されました。
とても不安が増えました。
広汎子宮全摘術となり、子宮全摘、卵巣切除...

もっと読む

56 view
2017/10/31 06:51

子宮頸がんと診断が出た時にネットで検索してみました。
そうしたら、HPVの事が必ず出てきました。

高リスク型のヒトパピローマウイルス (HPV) 感染が、子宮頸がんの原因で、ほとんどの女性が、一生のうち少なくとも一度は高リスク型 (子宮頸がんを引き起こす可能性のある) HPV に感染するといわれています。多くの場合、体の 免疫機能 の働きによってウイルスが消えるので、病変ができるようなことはありません。しかし、ウイルスが消えない場合もあります。長い間ウイルスが体内で活動し続けることにより、子宮頸部の細胞が変化し始めると、将来は子宮頸がんになる可能性があります。
子宮頸がんの原因は、ほぼ100% が高リスク型HPVです。
とネットに出ております。

私の場合は腺がんであり、調べていくと
ただし、腺がんにはHPV が検出されない例もまれにあります。その中には、1938 年から1971 年の間に、多くの女性に流産抑止剤として投与された薬剤、ジエチルスチルベストロール (DES) に胎内で暴露していた場合に発生する腺がんもあります 。

時期は違いますが、流産の経験が2...

もっと読む

40 view
2017/10/28 08:14

退院して5年になりますが、思い出してみると、入院中の出来事で元気回復になった事が多かった。

1、主人の看病と思いやりを感じました。
 毎日帰宅前に病院に来てくれました。
 何の用事があるわけでないので、仕事に疲れて寝ている事もありまし 
 た。有難かったです。

2、娘が週末に病院に来て、シャワー入浴の手伝いをしてもらいました。

3、ケースワーカーと話しを沢山出来たこと、癌患者のメンタルな所を良 く分かってくれて、勇気が出ましたし、心強かったです。
 その時に子宮頸がんの術後の後遺症など、詳しく教えてくださいまし  た。

4、実家の母や姉妹がお見舞いに来てくれて、元気を沢山もらいました。

5、病室の部屋の患者さん達と、お話しができ勉強になりましたし、悩み や病気と闘う勇気や元気をもらいました。

6、看護師さんのやさしい対応が、入院中の治療など安心できました。

7、病室の清潔感と設備の良さがストレスなく過ごせました。

8、食事の美味しさ、食事を2パターンから選べる事と、パン好きな私  は、朝食と昼食パンに変更出来たりと、食事の楽しさも...

もっと読む

29 view
2017/10/25 07:19

リンパ浮腫のケアで最初に大変だったのは、毎日の足のケアでした。
まずは浮腫んだ部分を手で、浮腫みを柔らかくする様な感じで、マッサージして浮腫みを散らす様なイメージでやりました。
浮腫みが酷かった、最初は主人に手伝ってもらいマッサージしてもらいました。
5日間ぐらい丁寧にマッサージしてましたら、浮腫ん感じはなくなりました。
それからは出来るだけ浮腫まない姿勢などに気を付けて、弾性ストッキングを履く事をしておりました。
入浴後、弾性ストッキングを脱いでいる状態の時に、毎日マッサージしてました。
マッサージのやり方は、あお向けに寝て、足のつま先から太ももにリンパ液を上げる様なイメージで、手で丁寧にマッサージしてました。

私の場合は弾性ストッキングと相性が良く、足が固くなったり浮腫んだりがなかったです。

毎日の姿勢としては、座ってリラックスしている時は、出来るだけ足を高い位置にすることを守ってます。
行儀が悪いですが、テレビを見る時などは、ソファの上にクッションを置き足をのせてます。
正座や中腰の姿勢は出来るだけやってません。
立っている時はじっとしないで、動く感...

もっと読む

31 view
2017/10/23 07:31

 子宮頸がんの腺癌とわかり、広汎子宮全摘術となり、子宮全摘、卵巣切除、リンパ節郭清の手術をしました。
心配なのは後遺症でした。
リンパ浮腫や腸の癒着のほか、卵巣を摘出した場合は女性ホルモンが分泌されなくなるため、更年期障害のような症状と、排便障害や排尿障害が出る人もあると医師から言われました。
女性ホルモンバランスは、私は30歳頃から生理が無かったので、手術前の現状と同じという事で変化ないと思いました。
リンパ浮腫と排便障害や排尿障害は出ない人と出る人といるという事で、勝手に私は大丈夫だと思ってまして、深刻に考えていませんでした。
術後の入院中はなのもなく、安心していました。
排便障害や排尿障害はなんでもなく大丈夫でした。
あとはリンパ浮腫の症状が気になりましたが、妊娠中も浮腫んだりなく、思いっきりプラス思考でした。

順調に無事退院ができました。
自宅の寝室で休んでいながら、デスクで椅子に座りパソコンなどやっておりました。
最初は座る時間を短くして、ベットで横になり、足をクッションを使い高めにしてましたが、慣れてくると、座りっぱなしをしてしまいました。
そんな...

もっと読む

92 view
2017/10/19 07:18

入院の病室は6人部屋でした。婦人科病棟でしたから、子宮筋腫、乳がん、子宮がんと婦人科系の病気と闘ってました。
皆さん、手術をするために入院しておりました。手術をして、経過を観て治療や回復をまって退院と同じ様でした。
今は6人部屋といっても、一人のスペースが広く、しっかり個室まではいきませんが、音以外は守られた感じでした。
私もそうですが皆さん、しっかりカーテンをしておりましたが、私の歩行練習の頃だったと思いますが、カーテンを開けて歩いてましたら、隣のベットの方と挨拶などしているうちに、仕切りのカーテンを開ける時が増えて来たころに、私の病室の方々がカーテンを開ける時間が長くなってきました。その後は着替えや医師の診断以外はカーテンを閉める人がいなくなっていました。
みんな闘病中なのに、明るく楽しい話をしておりました。
家族の事などの話はほとんどなく、病気の辛さや発覚など、とても勉強になりましたし、趣味などの楽しい話が多かった為、リラックス出来ました。
やはり女性で病気をして、仕事に忙しい人や、色々と活発に行動している方ばかりで、私も仕事復帰やレジャーなど今まで通りできそうだと思...

もっと読む

33 view
2017/10/17 07:41

私は子宮頚がんと診断された時に、実家の母にはすぐには言えませんでした。母は父親が胃がんで亡くなっており、母の兄が大腸がんで亡くなって、夫、私の父は42歳で肝臓がんで亡くなって、その後、再婚した夫も胃がんで亡くなっておりますので、癌と言うと死を考えてしまうのではないか、心配してしまうのではないか!?母の身体の方が心配になりました。私自身も癌と聞くと死と思ってしまいます。主人の実家と同居していますが、義父も60歳で胃がんと診断され6ヵ月で亡くなってしまい、私は実際、介護に携ったのはこれが初めてでした。義父の苦しみや虚しさが見て入られませんでした。この時に癌の恐ろしさが一番感じました。
そして、私自身が癌になったなんて、自分でも心の整理が出来ませんでしたし、怖さがすごくありました。最悪の事態ばかり頭に浮かんで、涙も出なく、頭の中が真っ白になってしまいました。最初に主人に話しをしました。人に話しをしたせいか少し落ち着いてきたのか、手術の方法や、自分の考えなどが言える様になってました。私には、一人娘がおりまして、その時は高校2年でしたしたので、大学受験の勉強をしており、娘のことが気になりました。...

もっと読む

56 view
2017/10/15 04:23

手術後1日目に歩行という事で、指導に看護師さんが来て頂きました。
先ずはベットから手を使って起き上がる様に言われました。
しかし手に力が入りません!腕から指先まで感覚も無くなっていました。手術の時に麻酔を入れる直前に看護師さんが横に立ち右側の腕に圧迫感がはしり、痛いっと思った直後に麻酔が効いてしまい意識が無くなってしまいました。
多分その時に腕を捻ったままになったと思います。
起き上がる事が出来ないので、歩行指導は明日になりました。しかし結局手に感覚が戻らず、左手だけで起き上がる様にして、歩く事になりました。
歩く事より、洗顔や歯磨きはとても大変でした。
手が正常になったのは、術後2カ月くらいだったと思います。

手以外は、術後順調に回復し退院となりました。
退院してからは、自宅で休養を10日くらいとり仕事復帰になりました。仕事復帰が早かったので、身体も元気になった様に思います。仕事仲間と話したり出来たので精神的にも良かったです。仕事を辞める事も考えていましたが、職場の人に理解があり、辞めないですみました。有難いことです。

48 view
2017/10/13 12:54

手術の2日前に入院になりました。入院した時から食事制限になりました。
入院したら手術の準備に身体が入りますので、病室で手術の不安など、これからどうなるのかなど、一人で考える時間ができました。手術の前夜は思ったより寝付きが良かったです。朝は早く起きてしまい、ベットで手術の事を考えてました。もちろん絶食ですが、お腹も減りませんし、食べる事などは何も考えられませんでした。
主人が病室に来てくれてからは、日常の事を何気なく話しました。2人の可愛いがっている、ペットの様子や娘の事などを話しただけでした。
無言で2人でボーっとしてました。お互い気持ちを言うと相手に心配かけてしまう様に、思ったのかもしれません。
そして手術になり主人と握手をして手術室に入りました。
手術に対しては怖さはあまり無かったです。麻酔ですぐ寝てしまい、気が付いたら終わってました。
終わって病室に入り、主人と少し話をして、すぐ寝てしまいました。
苦しそうな顔をして寝ていたようです。周りの人には、寝ている様に見えると思いますが、とても浅い眠りの感じでボーっとした状態でした。話をする元気はないが、周りの声や音など少し...

もっと読む

43 view
2017/10/11 07:33

紹介された総合病院で検査の結果、子宮頸がんと分かりました。
その時は初期の0期だと思うと言われましたが、円錐切除術をやってから細胞の検査をして、今後どうするか決めましょうと言われました。
私は知識がなかったので、癌と分かった以上は子宮全摘手術を望みましたが、円錐切除術の後の検査結果で決める事となりました。
そして手術を行い検査結果が出ました。子宮頸がんの腺癌とわかり、
広汎子宮全摘術と決まりました。子宮全摘、卵巣切除、リンパ節郭清と言われた時、最初に癌と分かった時には子宮と卵巣だけ切除すれば良いのかと思ってまして、リンパ節まで!?っと不安になりました。子宮頸がんの腺癌はリンパ節に転移している可能性があると言われた時に、リンパ節転移!ええ!!怖い!子宮頸がんだけでは終わらない可能性があるのではと不安になりました。死を覚悟と思い、癌の恐ろしさがやっと本当に自分で思い知りました。
2度目の手術を待っている期間の心境があんまりはっきり覚えていません。私は、全家計を預かっていて、主人も住宅ローンや預金口座など、なにもわかっていないので、必死に紙に書き、保険などや書類をわかりやすく整理し...

もっと読む

68 view
2017/10/09 07:59

私は結婚してすぐ、卵巣嚢腫になり手術を受けました。この時から卵巣は1つだけの機能になりました。
それから6か月後、妊娠しまして出産しました。最初の出産から2年後に妊娠しましたが、2度流産してしまい、そのショックから生理がこなくなってしまいました。
そしてホルモン投与などで治療しましたが、生理が来ることはなかったです。もちろん2人目の子供は諦めました。
その後、14年くらい経った時に、少量の出血があり病院へ行きましたら、検査で子宮頸がんと言われ、総合病院を紹介され、再度検査をいました。
最初は0期でしょうと言われ子宮頸がん円錐切除術になりました。
手術の結果、思ったより進んでいましたし、腺癌とわかり、子宮全摘手術となりました。

私は卵巣、子宮、ホルモンバランスと20年以上前から、婦人科系の病気がありました。
でも癌という事は自分に関係がないと思ってました。
今になってみますと、もっと検査に前向きになってやっていればよかったです。
子宮頸がんは不幸中の幸いの感じで、初期で分かったので、今は元気でいますが、怖いと心から思いました。
子宮頚がんをきっかけに、他の病気も、自...

もっと読む

53 view
2017/10/06 07:50

8月に受けた人間ドックの時に胃カメラで、ポリープが見つかり検査しましたが、昨日検査結果を聞きに病院へ行って来ました。
良性なポリープでした。ほっとしましたが、これからも痛くなったりしたら、検査をして下さいと言われました。
最低でも年1回は胃カメラも進められました。
今の状況を聞かれました。痛くないですか?違和感ないですか?っと
検査前までは何にも痛くなかったのに、ポリープが見つかり検査して結果出るまで、実は胃が重くなっていて、昨晩は痛くなっておりました。
今日からはスッキリしましたので、多分大丈夫でしょう。
神経性って怖いですね!
ただ経過観察がまた一つ増えました。(´;ω;`)ウッ…

41 view
2017/10/03 07:37

6か月に一度の定期健診もやっと終わりました。
婦人科外来の方は、いつもと同じ、血液検査、尿検査、エコー検査、直診検査などでしたが、今回はCTを撮り時間がかかりました。
リハビリ科でリンパ浮腫の調子を診てもらいました。
結果は2週間後ですが、私は仕事をしておりますので、異常や伝える事があった場合のみ、お電話頂く事にしてもらっております。
大丈夫と思って安心してますが、内心は不安です。今までは大丈夫でしたが、やはり心配です。今回の婦人科の検査と、8月の人間ドックをしましたが、人間ドックにポリープが見つかり検査中ですが、まだ検査結果が出てないのです。主人の検査結果は、先週来ましたが、私の方がまだという事でした。かなり不安です。

台風が近づいてますので、今日は雨が降ったり止んだりしてます。
被害が無く過ぎて行ってもらいたいです。

27 view
2017/09/16 11:40

昨日、姪に子供が生まれました。女の子です。
また今週末に実家に帰ります。
今回はお祝い事なので、嬉しいです。
また実家の母のトークを聞かないと!とても面白い話で娘は笑いっぱなしですが、私はまた始まったって感じで、疲れが出てきます。
75歳になっており、一人暮らしをしております。
敷地内で田舎なので、大きめの家庭菜園をやっていますので、また沢山あるんだろうから、持たされるんだろうなー!
梅干しを漬けたり、らっきょを漬けたりしてますので、美味しくて嬉しいですが、野菜は少しにしてもらってます。
病気をして、何度か入院していましたが、ちょっと目を離すと無理をしてます。
私も見習って頑張って行こうと思わせる人ですが、母としてみますと心配で見ていられません。
私は母の年齢の時に何をしているんだろうって考えますが、なんも思い浮かびません。
今を楽しむ事などで一生懸命で想像できない感じです。

昨日の日記で弾性ストッキングを注文忘れた件ですが、無事に取り寄せできました。電話した時に、ちょっとした喜びを味わいました。

22 view
2017/09/12 07:30

今週に定期検診だというのに、病院の売店に弾性ストッキングの取り寄せの電話するの忘れていました。
定期検診の日にリハビリ科の予約もして、CTも予約と良い感じで出来ていたのに!後日、弾性ストッキングだけ取りに行くのは(T . T)
今迄は、忘れた事無かったけど!年?!それとも病気になって時が経ったから、神経もゆるんだかな?良い方に考えると、良い事かな?!病気のストレスも時と共に薄れているかも!ストレスって自分ではわかりにくく、今迄に医師にストレスからきてますねっと何度か言われて来ましたが、自分ではいつも、なぜ?なにが?どうしたら良い?と悩んでいました!その方がストレスだ!
私の勝手な思い込みですが、原因がわからない時にストレスって言っているの?!なんて思った事もありました。
弾性ストッキングの方は、明日電話して聞いてみます!

20 view
2017/09/10 10:00

私はパート事務で現在の会社で、仕事をはじめたのが、娘が小学校に入学したときからです。
その娘が大学4年になりました。入学した時は、大学で生物学を専攻し大学院に進んで、薬剤などの研究をすると考えていたようですが、なんと就職を選び、CAになりたいと希望し、その道へ進んでいるようです。第一希望に決まり娘は喜んでおりますが、私は複雑な気持ちで、心から喜べません。
私の闘病中に文系を選んだ進路を、娘が理系に理転し、その時には今更、理転はと心配でしたので、反対してましたが、薬剤の研究などを将来したいとの事で、しぶしぶ娘の意志にまかせましたが、かなり振り回されました。それが、なんと文系のCAです。
私の病気もありましたので、薬剤や医学の道も良いと思いましたが・・・!
人生は分からないものです。
私もそうですが!!
ちょっと愚痴ってしまいました。

38 view
2017/09/07 07:53

今日は月曜日で雨です。
週初めに雨ですと、ちょっとブルーな気分ですね。
週末は秋晴れらしいので、週末に遊びに行こうと月曜日から考えてます。実は、今週は仕事が一番忙しい週なのです。
嫌な事は、頭の片隅にしまっておける性格なのですね。
今まで忘れていました。

体調は良好ですが、ちょっと喉が痛いかな?!
今月の中旬に子宮頸がんの6か月おきの定期検診とCT、リハビリ科でリンパ浮腫の定期健診に行って来ます。
術後5年になりますので、今回の検診で何もなく転移してなければ、気持ちも少しですが楽になります。
検査頃は毎回不安な気持ちになります。この気持ちはこれからも続くと思います。
なので気分を変えようとしまして、
10月に小旅行に行く予約を取りました。ペットと一緒なので、行けるところは限られてしまいますが、あまりやらないBBQをしたり、美味しいお刺身などを沢山食べたいと思います。ペット可で鮮魚が食べれるお店は意外と沢山ありました。楽しみです。自分に甘い私です。

39 view
2017/09/04 07:28

私の住んでいる所は台風の影響もなく、無事に日曜日が迎えられました。
台風が接近している時は、寒く感じていて、今日から暑さが戻ると、天気予報で言ってましたが、今朝はとても涼しい感じで、愛犬の散歩に行ってこれました。
やはりだんだん秋になっていくんですね!猛暑の時はとても辛かったですが、今思うとあっと言う間に過ぎた様に感じております。
私の病気と同じです。告知され、手術をしたときは死ぬほど辛かったですし、病理検査の結果待ちの時は生きた心地がしませんでしたが、5年くらいたった今は、あっという間に過ぎていて、10年くらいたった感じだと思ってます。
辛い時は沢山ありましたが、乗り切って楽しい事を沢山やって行く事が一番だと思ってます。
これからも、もっと辛い事があるかと思いますが、頑張って乗り切ってみます!みせます!!

29 view
2017/09/03 08:03

昨日は整骨院に行って来ました。
私が行ける時間は調度すいており、整骨院の先生とお話しをゆっくりとしております。
生まれてから今までの姿勢や歩き方、身体に力を入れる癖などが私の今の状態をつくってしまったようです。
私は長身で痩せ型で筋肉が少ない体質です。
やはり骨を筋肉などで補助しておりますので、私はもう少し太って筋肉をつけるように言われております。
子宮頸がんの広汎子宮全摘出手術後の後遺症えリンパ浮腫にになってから、激しい運動を避けておりますし、弾性ストッキングを毎日履いてますから、学生時代から筋肉が無く痩せていたのに、更に下半身が痩せてきております。ストレッチは良いですが、走ったりの運動は避けてきてしまったからだと思います。
これからは年齢とともに骨粗鬆症も心配ですので、何かやって行こうと思います。
整骨院の先生はすぐ体形を変えるのは無理があるので、姿勢や歩くときの力の入れ方など、出来ることからやるように言われました。
頑張ります。

37 view
2017/08/31 07:52

まだまだ暑くて憂鬱な毎日ですが、仕事中は屋内なので、冷房がしっかりきいており快適です。
私は子宮頸がんの手術前は低血圧と暑くても汗をかかない体質でした。
子宮頸がんの術後、落ち着いたころピロリ菌除去をしたころから汗を普通にかくようになり、血圧も上が90以上に必ずなるようになってました。
身体の悪い所を取ったり、治療した事が良かったのかと自分では、思っております。
汗をかいたりするのは、更年期症状かも?!しれませんが、以前は異常に血圧が低く、貧血まではいきませんが、貧血に近い状態で献血等もできませんでした。
マラソン大会で10キロくらい走っておりましたが、ゴールの時に友人に汗かいてないけど・・・・・!!大丈夫?!などとビックリされたこともありました。
体質かなっと思ってましたが、今はしっかり汗ばんだりしております。
体質改善か、年齢的な問題か分かりづらいですが''`ィ(´∀`∩

35 view
2017/08/29 07:47

人間ドックに昨日、行ってきました。
色々と検査をしましたので、昨日はとても疲れて、夜8時には寝てしまいました。
検査結果は後日ですが、胃カメラで胃炎、ポリープ3個見つかりました。
ポリープの細胞を一部取りまして、検査をするとの事でした。
以前ピロリ菌の除去もしましたし、安心してましたが不安になりました。
子宮頸がんになる前でしたら、きっと大丈夫だと楽天的な性格なのでそう思うと思いますが、一度でも医師から癌と言われた事が耳から離れず、少しの事でも不安になっております。
胃癌だったら(´;ω;`)ウッ…なんて考えてしまってます。
私は1年に1度、人間ドックなどで検査をする様になりました。
去年の検査結果では、骨粗鬆症までいかないが、数値が悪かったので食事に気を付けました。今回は数値も良くなっており、年相応の数値までなってましたので検査しておいて良かったです。
胃カメラは去年は、私がバリュウム検査の方を希望し、胃カメラを辞退しました。ピロリ菌除去もやっているし、大丈夫だと思ったからです。
今思うと、いつもの様に胃カメラやっておけばよかったと思います。
9月の中旬に子宮頸...

もっと読む

68 view
2017/08/27 07:34

入院中にあった事を思い出しました。
手術前2日間は、6人部屋で自分のスペースが結構広く、カーテンで仕切りになる、良くある大部屋ですので、常にカーテンをしてました。
他の皆さんもそうしておりました。
術後は2日くらいは、カーテンを閉めっぱなしでおりました。
術後3日くらいたった頃に隣に子宮筋腫の手術で入院して来た方と、挨拶などをしているうちに、お話をするようになってきました。
その後、次々と同じ部屋の6人の方、全員と会話をする様になっており、私の6人部屋は、カーテンをすることがほとんど無く、休んでいる時もオープンの状態でした。看護師さん達も驚いました。
同じ病気の方もいましたし、婦人科の病棟なので、病気の話は勿論、病気以外の話などをしたり、元気づけられたりしました。
ほとんどの方が仕事をしており、仕事の心配をしておりました。
私もそうですが、家族の心配はあったのに、なぜか家族の話はなかったです。
女性として子宮の病気をしての悩みが多かったです。
年齢層も幅がありましたが、年齢的アドバイスではなく、みんな同じ感覚で話ができました。
家族など周りの心配でなく、自分の事だ...

もっと読む

50 view
2017/08/24 07:30

私も振り返ってみました。
広汎子宮全摘術を受ける前に何をしたか考えてみました。
美容院で髪染めとカット、縮毛矯正をフルセットでやりました。
入院中に髪の手入れができないと思いました。
ロング髪なので、結ぶという事も考えましたが、シャンプー後セットなんて出来ない状況を考え、縮毛矯正をして、洗いっぱなしでも
サラサラストレートなら、なんとかなりそうですし、術後いつ美容院に行けるか分からないので、暗めの色に髪染めして、カットをしておきました。
美容師さんは、私の事情はもちろん知らないので営業をかけてきました。
定期的に髪染め券、5回分を今買うと半額になるという券でした。
次の予約は今日しておいてください。という事で、もちろん断っていましたが、強い営業トークに負けてしまい、購入してしまいました。
予約も2~3か月後になる様に入れました。
本当に行けるのかな?っと半信半疑でした。
今から考えても、バカな私と思います。😞
ただ、無事に日にちを伸ばし遅くして、無事に行きました。
5回とも使いました。( ´艸`)
慣れた美容院でいつもの様にお話しする気がおきないので、
わ...

もっと読む

70 view
2017/08/23 06:50
日記を投稿