さくらすみれさんの日記 (乳がんの日記)

すべて
乳がん

先週行った血液検査の結果

異常があれば20日12時ごろ電話します、とのこと。

エコーやマンモグラフィーで
異常なしと言われても
やはり血液検査の結果も気になる

週末は3連休で、台風のため
ムスメも部活が休みで在宅だったり
日曜日は常会という地域の行事が
我が家(義実家)でありバタバタしていて
気が紛れて時間が早く過ぎて良かった

昨日は、台風一過で天気も良く洗濯物を
沢山して、リビングに敷いているマットまで
洗ったけど乾いて良かった!


さて、本日電話を待たなくてはいけない
と、朝は覚えていても
よく、うっかり忘れて買い物に出たりしちゃうので11時55分にアラームをかけた

あれ?そういえば
鳴って無かったような(・・;)

あ、昼食の準備をしよう
ムスメの弁当のおかずの残りと…
涼しいからスープも温めよう
なんてしてたら…

気づけば5分過ぎてる

もう、かかってこないかな?
異常あれば、だから
かかってこないといいんだけど

と、思っていたら電話がなる
(>_<)
ドキドキしながら受話器を取ると
軽トラの車検の電話…
なによ、びっくりさせないでーーー

もう、軽トラなんてほ...

もっと読む

75 view
2017/09/20 15:33



がんという言葉ってすごく重いと感じる

ひと昔前ならガンなんて不治の病というイメージの
テレビドラマはよくやっていたし
今でも、○○癌で余命〇年だけど結婚したとか
子ども産んだとかの映画とかあるし

癌のことを知ろうと検索すれば
余命、やら生存率など出てくる

死ぬならガンがいい
なんていう本のタイトルも見たことあるし

きっと色々準備ができるからだとは思うけど

夫の上の姉は車に乗っていて不慮の事故で亡くなってしまったんだけど
それはそれで家族にとっては
青天の霹靂でたくさん傷つくのだけれど
亡くなった本人はどうだろう

もちろん、婚約者もいて結納も交わし幸せいっぱいで
心残りだとは思うけどみんなが、本当に皆が
残念だ可哀想だと口々に語り
当時東京の大学に進学していた夫も
上の姉に関して悪い事は一切言わない
思い出すのは良い思い出だけ


義両親はそれぞれ肺癌と前立腺がんで亡くなったけれど
2人とももうボロボロでみんなに心配や負担をかけて・・・

こちらに、金銭的、時間的、精神的余裕があれば
どんななっても生き...

もっと読む

69 view
2017/09/17 11:50

昨日は、三ヶ月毎の診察に加え
丸4年たった一年ごとの検診でした。
今までは、大学病院で
造影剤を使ったCT、マンモグラフィーや
エコー、血液検査を受けていましたが
主治医が転院し
病院が変わったからか
造影剤のCTが検査項目から
外されていました。

いつも、胸部から腹部の造影剤CTだったので
素人考えで、夫の会社の配偶者の健康診断では
胃の検査など省いていたのです。。。

施設側の問題?

それとももう4年だったから?

主治医のことはビジュアル的に
どストライクだけど
性格的にはさっぱりし過ぎているので
何か聞いても
それは、専門じゃないからわかんないわー
そっちできいてよー
みたいなことも度々あったので
確認できるかなー?

って、自分自身においおい^_^;
いいお歳だよ!「そのくらいのこと」
確認できなくてどうする!!
とも思うのだけれども。。。

昨日は、夏休みをまだ消化できていない夫が
代休をとってくれた。運転をお願いできるから
気が楽(*^^*)

予約が2時半からだったので
午前中は空いているわけだ。

夫は、日曜日の常会の用意
長机を蔵から出して並べるというのを
やろ...

もっと読む

115 view
2017/09/15 11:04

乳がんになる前から子どもが生まれてからはずっと
仕事はしていなかったんだけど

不妊治療にお金をかけるよりは、と
通い始めたパン教室にはまり、その教室で
教えられる免許まで取得
(これは、実際のところお金で買う?みたいな・・・)
私は実家も米を作っていたしなんてったって
一緒に住んでいたおじいちゃんが
私がパンを食べているところを目撃したときに
「やだよ~、すみれちゃん、かわいそうだよ~
パンなんか食べてよ~、ご飯はないの?ご飯は?」と
真剣に心配されてしまうので
(大正元年生まれのおじいちゃんはお米がないからアメリカから
きた小麦粉でパンを作って食べさせられていると思ってる)
滅多に食べないし、米が好き。
だから、朝食がパンなんてなんか憧れる!
憧れるけど毎度米飯朝食・・・家族みんなが好きだから(笑)

今の家を建てた夫実家のある町はなんとパン屋さんがない。
2年ぐらい前にスーパーの中にパン屋さんができたけど
職人さんが粉から作るわけでなく
冷凍のパンをそこで焼いてる感じ。

なので、息子の幼稚園のお友達の母たちに
焼いて~材料費出す...

もっと読む

127 view
2017/09/12 10:40

毎朝、タモキシフェン20ミリグラムを服用しているのだが

乳がんの再発、転移は予防するけれど
子宮体癌にかかる確率が少しだけど上がるので
半年に一度は体癌の検診をするように
主治医から仰せつかる

子宮頸がん検診は夫の会社の保険組合で
毎年、無料で受けさせてもらってるけど
体癌はうけたことがない
というか、「子宮がん」がそう分かれていることも
しらなくて。

あちこちの病院に通うのも嫌なので
乳がんの一切合切をお願いしている大学病院の
婦人科で診てはもらえないか?と尋ねたところ
無理とのこと。。。。。

大学病院は癌拠点?指定?とやらになっていて検診センターとやらも
併設されているようなのでそちらにきいてみたけれど
なんと無理とのこと

ムスメを産んだ産院をちらっと考えたが
基本、婦人科でなく産科のようなのでなんとなく
気が引けて。

そうだ、こちらに来たばかりのころ下のアパートの人が
診てもらったという婦人科が良かった~って言ってた
今の家からは少し遠いけど電話してみた。すると
検診は9か月先までいっぱいですそれでも良ければ!...

もっと読む

89 view
2017/09/10 14:52

自分の今まで過ごしてきた人生は(大げさ)
当たり前じゃない
「がん」という死にも繋がる病になってしまって
初めて思う

25年前、夫と婚約もし結納も交わした後で
夫は小脳の血管異形から出血し手術をした。
その時は麻痺が残るかも、という状況だったけど
幸いにも麻痺などは残らず。
当時横浜で新居となるマンションに一人暮らしをしていた夫。
そこから歩いて行けるところに個人経営の脳神経外科があり
後から知ったことだがとても評判の良いお医者さまだったのだ。

これが、今住んでるところだったら死んでたかもね、っていうのが
義両親も含め私たち夫婦の感想。

その時、日常を平凡に暮らせることは普通じゃないと
それなりに感じたけど
やはり自分が家庭を持って、子供もいて、
そして夫でなく自分ががんになるということは
日常を平穏に送れることへの感謝の気持ちが倍増する。

なのでいつもは年末年始、里帰りするだけだけど
そこへ新宿ルミネでの劇場観覧と
高校卒業以来会っていないミクシイでつながっていた
友人二人と会うことにした。

そのころホルモン治療との兼ね...

もっと読む

84 view
2017/09/06 10:31

手術から4年経った今だから言えることなんだけど。

センチネルリンパ節生検、左胸温存術をし
放射線治療を60グレイして
リュープリン注射を打ち、タスオミンを服用しても
膝が痛いとかだるくて昼寝をしないと夜までもたないってこと以外は
術前と同じで。
他の人のブログを読ませてもらっては
ホルモン治療だけでも副作用強い人いるんだな・・・
ぐらいに思っていて。

果たして自分はホルモン療法が
効いているのだろうか?とちょっと不安になる。

当時、ぜーんぶ読み逃げだったけど(笑)
CYP2D6酵素(きちんと調べてません、間違っているかもです)
とやらを調べるとタモキシフェンの効果の有無がわかるとか
書いている方をちらほら見かけ興味を持ったんだけど。

もし、検査をして自分は効果なし、という結果が出ても嫌だし。

3ヶ月毎の、検診時に「思い切って」きいてみた

私、ほとんど副作用ってなくて。
膝が痛かったり汗かいたりしたって
薬のせいか歳のせいかわからないし
くすり、効いてるんですかねぇ・・・???と。

すると主治医、私の意図することがわか...

もっと読む

108 view
2017/09/04 16:58

放射線治療30回を無事に終えました。

9月がメインで三連休も2回もあり
効果に影響しないのかな…???と
少し疑問はありましたが。

その後の治療は
ホルモン療法。
とりあえずタスオミンを服用し
副作用も酷くなければ
リュープリンも、していく、という方針で。

タスオミンをのみはじめて
季節の変わり目だったからというのも
有るかもしれないけど
朝起きて歩き始めるのに
膝がぎしぎしいって。階段を下りるのが
ぎこちない(*_*;

しかし数分経てば普通に歩けるので
これはたいしたことないと判断し
先生に大丈夫です!
と報告するとリュープリンも、開始。

これが、なのかこれもなのかは
わからないけど
食欲増進。超増進。
妊娠したときにはつわりは全くなかったけど
噂にきく食べづわりのように
お腹が減ると気持ちが悪く…

食欲に従って素直に食べたら…
4キロほどあっという間に体重が増えたのです。

これは今、食べる量を減らし
たまにウオーキングと水中ウオーキングを
してるぐらいでやっと1キロ減…

料理を作るのもたべるのも大好きだから
困るわぁ

これから少し涼しくなるから
も少し頑張りますー...

もっと読む

48 view
2017/09/02 11:36

これは、乳がんになる前からのことだけど
出かけるのがあまり好きではない

家にいるのが好き

別に対人恐怖症とかでもないし
学生時代の、アルバイト含め卒業後の
就職先だって接客業で
人と話したりするのは大好き

だけど、いつの頃からか
外出が億劫に。

田舎である三重の中でも超高齢化少子化の
ど田舎は車が必須でどこへ行くにしても
運転していかなきゃならないというのも
大きいかと

運転は嫌いではないけど苦手
すごく疲れる

今週は、月曜日にパスタセミナーに行くのと
(不妊治療するなら自分に投資と始めたパン教室でパスタも未だに習ってる)本日の午前中の
自家用車の12カ月点検のみの外出予定だったのに
水曜日はムスメの親知らず抜歯の抜糸?のため
まず、北方面の学校まで30分かけて迎えに行き
自宅をこえ南に40分で歯科医へ。
そこから自宅へは夕方で35分かかり
トータルでずい分運転しだいぶお疲れ
夜は鳥取県大山に調査にいってる息子が帰宅予定
だったから待ってると11時半すぎに
大学への到着時間も遅く
機材資材の片付けも、手間取り
運転して、帰れる自身がないから研究室で
仮眠して朝帰りますとのこ...

もっと読む

66 view
2017/09/01 17:04

放射線治療を私より数日後から開始した
すらりとして品のいいおばさま。
話してみると自宅と病院との間の地域に住んでらっしゃるとのこと。
他所の病院で手術はしたけど
放射線治療はできないので放射線のみ大学病院に来たと
仰ってた。

8月の終わりから9月そして10月にもさしかかった私の治療。

台風だったのか局所的な雨だったのか
ワイパーを最速にしても前が雨の飛沫で見えないという日もあって。

時間さえ、決まってなければ路肩に停車して雨の弱まるのを
待ちたい、という時もありました。

私も予約時間の10分ほど前にしか着かないし
おばさまもそうだったから。話し始めると
治療に呼ばれたりしてなかなかじっくりは話せない

そんな中おばさまは
大腸がんも経験して抗がん剤もされている。
息子さんのお嫁さんが原因不明の病気で意識がない状態が
三か月も続いていてその時も大学病院に入院されていて
お子さん(お孫さん)の面倒をみているとのこと。

治療後に少し待って魅力的な方だったから
ゆっくりお茶でものみながら人生の先輩として
癌治療の先輩として話しをし...

もっと読む

64 view
2017/08/30 11:26

毎日同じ時間に通院し治療を受けていると
同じようにしている人がいて。

とはいえ、
話したいな、と思える人はいなくて。
たいがい顔を合わせるのは
おじさん2人と私より一回りぐらい歳の大きな
おしゃれなおばさま。

すごく私に話しかけたそうな雰囲気を出している
小柄な元気な(もちろん隔離されているような放射線治療を受けるような病気ではあるが。お互いに)おじさんが一人。

看護師さんにも大きな声で軽口をたたいていて。

視線をしばしば感じていたけど
全力で拒否。話しかけないでオーラを全身から出す。
でも待合室というほどの広さはなく
廊下に長椅子程度なので視線をかわすのもなかなか難しい。

するとおばさまが、私に遠いところから来ているの?
と声をかけてくださって。
それから色々と少しずつ話をするようになりました。

当時43歳、いや放射線治療時は44歳なのに自意識過剰だとは思うけど
週に1度はその長椅子のおいてある目の前の診察室で
放射線科の医師の診察があるんだけど
私が診察で呼ばれて少ししたらそのおじさんが
すんませ~ん!看護師さん!!...

もっと読む

120 view
2017/08/27 09:24

断片陽性だったので放射線は
2Gyを30回することに。

まず私がしたことは、通院するための
洋服や靴を買うこと・・・

普段専業主婦で出かけるのは食料品の買い出しぐらいで
キチンとしたお出かけ可能な服をほとんど持っていなかったのです。

とはいえ、毎日放射線治療代がかかるのですから
3パターンほどと靴を2足新調。なんだか
癌で毎日治療に通うために服を買うって・・・
情けない。ただ夫がいいの買っちゃいなよ~と言ってくれたので
気持ちは楽になりましたが。
2013年8月28日から30回通うことになりました。

私の時間は13時50分

放射線治療室は廊下をずーーーーっと行った先の
ドアの向こうにあり
なんだか隔離されているような怖さと
危険なものなんだ、照射のしようによっては
命も奪うものなんだ、と痛感。

と、昨日のことをちょっとはさみますーーーーーー

昨日、息子の卒論の下調べの為に裏山に登って。
下着は今はしっかりとしたブラジャーなんてつけてなく
グレーの綿ニットのカップ付きソフトブラみたいのをしていって。

Tシャツの上...

もっと読む

168 view
2017/08/23 23:02

一昨日の日曜日。
夫のひいひいお祖父さんの弟の息子の嫁の
一周忌があり夫が仕事だったので
私がお参りさせてもらうことになっていて。

って、ややこしいですよね…

実は私もその関係を一昨日知りました。
きっと夫は知らないだろう

だけど、田舎でね
義実家の2軒隣だし、苗字が同じだし
義父がそこのお宅の事をインキョと呼んでいたし
そこのおばさんも私のことを
母屋のお嫁さんと呼んでいるので
親戚なんだろうな、とは解っていた

一昨年、故人の100歳のお祝いの会があり
夫がお呼ばれしてお邪魔して。

そして去年ついこの間まで手押し車で
散歩されてたのにーと思ってる間に亡くなられて。

大往生。

そんなおばあさんの一周忌。

10時に自宅でご住職の読経&
参列者も読経。
その後お墓参り。後お寺にてまた読経&参列者も読経。その後会食のフルコース。

我が家の義祖父母も、義両親の時も
たくさんお世話になっているので
しっかりお参りさせてもらおうと
気合いは入れて臨んでいた。

が、一昨日は朝からあっつーーー💦
体重増えてるのに15年前の礼服がきっつーーー
あーー、ワンピースにしておいて11号にし...

もっと読む

85 view
2017/08/22 15:03

ここ最近自分のペースが掴めず
なかなか日記が進まない。その理由は以下の感じ。


お盆に里帰りする前に、息子が彼女と花火を我が家でしたい。
で、夜だから泊めていいか?と来た。キターーーーー!!

息子は高校時代の彼女のお宅には
何度かお邪魔していて(軟式だけどがっつり野球部だったので
時間がなく入り浸っていたわけではない)
親御さんや妹さんととても仲良くしてもらっているのは
きいていたけど我が家には連れてこず。

大学に入ってからも、何人か彼女がいて、
しかも仲の良い女友達も数人いて。
みんなそれぞれに彼女や彼氏がいるけど仲良くて
我が家に遊びにきてBBQをしたりしていたけど
その時の彼女は来てなくて。

それが、ついに。。。

今は実家暮らしの彼女。
他県の子です。1、2年時は大学のある市内に一人暮らしをしていて
息子は呑み会の後などに泊まらせてもらったりしていたようで。

それはそれで、親のあずかり知らぬところで、、、
ということで黙認。
旅行にも一緒に行っちゃってる。

が、家に泊まるとなると親が公認て事ですよねーーー
...

もっと読む

103 view
2017/08/21 23:06

2013年7月18日に退院しました。

病院は快適な室温に設定されていたけど
家は激アツ。

居間や台所はエアコン入れるけれど
廊下に出ると空気がもあ~っと暑い。
2階への階段なんてサウナのよう。

手術を終えただけで
治療は何もしていないから
術側の胸が板になっている?
シップ薬を貼って胸一面が動かないような?そんな違和感を
感じるだけで、とりあえず元気なので
夕飯作りに弁当作り、洗濯と通常より張り切った。
普通に家族の為に家事ができるって
当たり前じゃないと気付いたから。


退院して二日後。玄関の呼び鈴が鳴る。

誰だろう?
出ると、息子がスポーツ少年団の時の1つ下の子のお母さん。
彼女とは、実は手術を受けた大学病院の会計を待っているときに
2度ほど会ってしまい、どうしたの?
うん、ちょっとね~検査してもらってるの。でこちらは
済ませていたんだけど。
彼女は離婚して実の両親と住んでいるんだけど
お母さんが定期的に通院しているとかで
運転手なの、と。
元気そうだね~というと
腰は痛いし、検診でひっかかって乳がんの検査も
...

もっと読む

131 view
2017/08/18 13:26

待ち遠しかった朝が来て看護師さんが
尿の量を計りに来たり廊下でも人が動いている気配。
朝食を取りに行ったのか、持ってきてもらったのかは
もう覚えていないけれど
尿管?は、立ち上がってふらふらしないことを
確認してもらってすぐに外してもらった。

これで少しは自由に動ける。
けれど寝返りさえそろそろと亀のよう。

それに私はビビりなので胸の手術痕を見ることができない。

もちろん、回診にきてもらった先生に胸は見せてはいるんだけど
ぐっと下を向かない限り自分では見えない場所だし。


しかし早くもシャワーの許可が出て、
それ自体は夏場だし発熱もあって汗をたっぷり
かいたので嬉しいんだけど。。。
 
恐る恐る左胸を見る。
あら?これだけ?

私は乳首の左上に腫瘍があったから
乳輪に沿って丸く5センチほど線路のようにテープが貼ってある。

採った腫瘍を見た母にピンポン玉より大きかったと
聞いていたのでけっこうぺっこりとへこむのではと思っていたから
ほっとする。

クリニックの先生が大学病院は「温存温存て温存ばっかりだ!」
と、全摘派...

もっと読む

144 view
2017/08/15 17:20

現在のことです

今日から二泊三日ですが里帰りして
お墓参りに行ってきます

夫は、菩提寺の「年番」にあたっており
ご住職の棚経のお供をするので
留守番です。
5年ごとに開催されている中学校の同窓会も
あるようでそれにも参加。というか
幹事ではないのに仲の良い子が
幹事なので集まりが悪いからとあちこち
電話かけていました。

今日は、中学校の。
明日は高校のがあるそうで
普段は自家用車だから
呑んでタクシー使うからと
3日間の為に大金をおいてきました^_^;

この春亡くなった私の祖母。
初盆です。子どもたちもすごく可愛がって
もらったのでしっかりお参りしてきます。

嫁ぎ先の三重では初盆だと
家にご住職や親戚、地域の人も呼んで
お寺にもお墓にもみんなで参っても
最後には会食もして、とけっこうなイベントに
なってしまうけど実家は
そういうのがないので気が楽です。


普段はパソコンからの
投稿ですが今、新幹線からスマホで。

3週間程前に指定席の手配をしたんですが
三人バラパラの席しか取れなくて
しかも16号車。
いつも帰省ラッシュとは逆方面なので
そんなに早くから満員になることはない...

もっと読む

109 view
2017/08/11 09:32

本当に手術当日の夜は長かった。

ベッドのフレームに主治医と担当看護師の名前が書いてあるけど
担当看護師には挨拶もされてなければ
顔さえもわからない。

出産以外で初めての入院で(って書いて初めてじゃなかった!!
24歳の時流産と決定する前に入院してたわ)
そんなものかな~とは思っていたけど。

手術当日なので割とこまめに看護師さんが見回りに来てくれる。
それで、熱があって暑いというと
頭を冷やしますか?とアイスノンを持ってきてくれた。
気持ちがいい!だけどすぐに温まってしまって。。
次に見回りに来てもらった時も変えてもらって。
またすぐに温まり変えて欲しいな~と思ったけど
そのくらいの事でナースコールするのも。。。とためらわれ
時計とにらめっこ。全然時間が進まない。
喉は乾くし、水分とったらダメと言われてるし。


朝方、夜の若い看護師さんとは違う人がきて。
アイスノン変えて欲しいんですけど・・と言うと
あなただけが使ってるんじゃない、そんなに使わないで
自分で持って来て(私物を持参という意味)と言われ
ぽっかーーーん、、、、、( ゚...

もっと読む

177 view
2017/08/09 22:43

手術終わりはさすがに歩いては行かず
テレビのようにベッドで酸素マスクしたままゴロゴロと
病室まで運んでもらった。

3時間足らずの手術だったようだが
なんせ全身麻酔で記憶がないので信憑性がない。
が、脚元はシューシューと音を立てているし
酸素マスクもはめられているし確かに終わったんだろう。
それを見届けて夫が母を自宅に送っていき
夜、息子とムスメを連れてきてくれた。

私はいつも風邪もひかないインフルエンザだって
一人うつらない元気な母なので
テレビドラマのような姿を見られるのが恥ずかしい。
それに、病理検査の結果いかんで化学療法もありとの
ことだったので非常にナーバスになっていた。

子ども達はもちろん乳がんを採ってしまえばそれでお終い
治ったと思っているようだが。。
それは仕方がない私だって自分が乳がんと言われるまで
そう思っていたんだから。

何を話したかは忘れてしまったけれど
子どもと夫が帰宅した後、夫からのラインに
「息子が、弱音を吐くなんてお母さんらしくない」と
言っていたと。。。

私は、けっこう人の目を気にして生きて...

もっと読む

197 view
2017/08/08 10:52

癌になってしまった原因なんて
本当のことはわからないけど
不妊治療でホルモン注射していたことも
ストレスをうまくさばけなかったことも
あってるのかわからないリスクファクターのうち
高身長、これこそ眉唾だけどほくろが多いとか
いろんなことが重なってのことだろう。

タバコを1日40本毎日吸っても肺癌にならない人もいれば
義母のようにまったく吸わなくても肺癌になる人がいるように
ほんと人それぞれ。

もうなってしまったんだから
後は手術に臨み、それからのことは流れに任せる。
幸い手術のキャンセルが出てあっという間の手術日で。
ちょうど病院を建て替えている最中で
外来はまだ以前の建物のままだったけど
入院病棟は新しくてピカピカ!
おまけに窓からは海が見えるし、工学部の風力発電の風車も見えて。
個室だからシャワールームもありテンションあがる!!

これが乳がん手術のための入院でなかったらどんなによかったか。

前日入院で医師からの説明や麻酔科医の説明などきいたけど
なんだか他人事のよう。
夜も睡眠導入剤をのみますか。と置いていってくれたから
...

もっと読む

137 view
2017/08/07 09:58

私は実家も祖父母が同居していたので
母が祖父母ともめたり、泣いたりしているのも
父の姉や弟の一家が遊びにきて食事の支度が大変なのも
それに加えて家業の花卉栽培の研修生が常に2人から
6人までいて朝昼晩と調理に追われ
花卉栽培農家としても働いているのを見てきた。

今の私にはとても真似できないけど
母は明るく、美しく夕飯の支度が終わっても
家族が帰ってこない10分の間に翌日のおやつのロールケーキなどを
ささっと作ってしまう人で今でも正直憧れている。
夫も息子もムスメも私の母が大好き。父は尊敬されている。

そんな母は祖父母にも言いたいことを言っていた。
普通にみんなと同じように、嫁だからと卑下することなく。

なので当然、私も言いたいことは義両親に言っていた。
我慢して我慢して、家を出ていく友達も、近所の人も見ていたので
猶更。夫も義両親に「強い母」に対抗できる「嫁」を選んだとも
言ってたのでそれで正解なんだろう。

しかし、本音は言うけどキズつくようなことは言わない。
人として当たり前なこと。

近所の人には家にいるので
「遊んでる嫁」...

もっと読む

194 view
2017/08/06 11:17

これから書くことはすごく性格の悪い嫁丸出しでお恥ずかしいけれど
そんな風に思って納得させないとやっていられないので。。。

自分を正当化して書きますね

夫の両親は
お義母さんは小学校の先生。
しっかり、きっちりしてる。
曲がったことが大嫌い。
昭和一桁生まれ。
結婚したときはまだ義父の妹がいて
なんと新婚旅行は一緒に行きたいと言われて
連れてったって~と義祖父母に言われ連れて行ったらしい。
そしてその妹の短大の学費も出したそうな。
(私だったらやってられませんな)
で、娘(夫の上の姉)の婚約が決まり結納もしたのに
事故で亡くなってしまい定年までは勤めず退職。

義父も昭和一桁生まれ。4月1日生まれの
究極の早生まれ。
そのためか、気が弱くすぐ逃げたりする。いろんなことから
お義母さんだより。というか面倒なことは全て義母へって
私からは見えた。
もちろん、町役場の公務員さんで仕事はきっちりしていたし
田んぼも畑もあるので帰宅後や日曜は田畑の世話もしていたから
大変だったには違いない。

義母は、退職してからカラオケ教室に通ったり
...

もっと読む

182 view
2017/08/05 10:25

自分が不妊治療に通っていた当初は
○○産婦人科だったのに、今これを書くにあたって
検索かけてみたら場所も交通の便の良いところに移転し
名前も不妊治療センターと
産婦人科の後に着いていた!時は進んでいますね。


その産婦人科に電話をしてみました。

なぜかというと、もし、その卵子を育てたり
子宮内膜を厚くするためのホルモン注射の
副作用などの説明を聞いた覚えがないからです。
覚えがないだけでたぶんなにかプリント1枚とか
もらっていたかもしれません。。。

電話に出た受付の女性に、もう19年ぐらい前の話だけど
自分にされた注射の内容を知りたいということを
伝えると、なんと忙しいであろう
当時の院長先生に電話を繋いでくれて。

話し方がぼそぼそとしていて昔と変らず
その声で一気に待合室の雰囲気や
診察台の様子が甦って来ました。


私、お世話になっていたのはもうずいぶん前の話なんですが
  この度、乳がんと診断されまして。
  そちらで打っていたホルモンの内容が知りたいんです。と。

すると調べるので折り返し電話しますとのこと。
...

もっと読む

113 view
2017/08/03 11:40

温存術で手術すること、日程は決まった。

術前の検査では腫瘍はひとつで
2センチぐらい。リンパには転移はなしとのことだけど
センチネルリンパ節生検、術中迅速診断とやらで
リンパ節廓清もある、術後の詳しい病理検査で
タイプが違う時もあるなどと聞かされると。。。

髪を切りたい。夏は特に突然そう思う時がある。
湿度が高くうっとおしいのもあるし
汗かきだからというのもあって・・・

だけど、待てよ
もし、今は抗がん剤の効かないタイプで放射線と
ホルモン療法のみと言われてるけど
病理検査で抗がん剤もした方が再発防止効果が高いという
可能性もあるかも、と思うととりあえずこのまま伸ばして
帽子の裾の部分に地毛を括り付けられるように
伸ばしておこうとか色々考え髪すら切れず。

そしてもう一つ。
そもそもなんで「私が癌」になったかということ。
たぶん理由や原因なんてこれ、と誰でも解かるわけでもないのに
大学病院の初診の時の問診票の最後の一文が気になっていて。

それは
今までにホルモン剤を投与したことがありますか?
の一文。
ホルモン治療だったか...

もっと読む

152 view
2017/08/02 09:40

2013年の7月2日に正式に?癌告知をされて
手術は3週間後が1番早いと言われていたんだけど
電話が鳴り
「11日にキャンセルが出たから空きがあるけど、どう?」って。
もう癌と決定してるんだから採れるなら早い方がいいと
お願いすることにしました。

当時ムスメは中1で部活もバドミントン部でがっつり頑張っていて
息子は高3で受験生だけどこちらも
春で引退することなく夏の試合までと軟式野球を頑張っていて。
いつもは専業主婦でお弁当から部活の練習着の洗濯も
全て私がやっていて。仕事も忙しい会社員の夫だけで
家庭生活を回していけるか心配で。

義母はすでに亡くなっているし、義父も
義父自身が前立腺がんで私に泣き言を言ってくるような人だったので
頼りにならず。

実家は、施設園芸農家で忙しかったけど
元気が取り柄の娘が癌ということで入院している期間
神奈川から来てくれることに。

義実家は30秒ほど離れたところにあって
結婚5年目で息子が1歳の時に家を建て引っ越してきて以来
毎日夕飯を作って雨の日も運んだりしてたけど
実家の両親には世話になるばか...

もっと読む

159 view
2017/08/01 10:51

地元大学病院で手術をすることは決定できた。

主治医となるスタイルもよく
顔も美しい女医先生に
(自分の手術とは全然関係ないんだけど、息子が高3で受験生だったから
国立医学部か~、すごいな~、勉強できるな~
おまけにキレイだし~とそっちもだいぶ気になって(;^ω^)

「温存か全摘か決められた?」ってきかれて。

私、「放射線に通うのが大変そうだから
全摘にします!!」って。
夫は温存派だったけど咄嗟に口から出て。

そしたら先生が
「全摘の人はね、マンモトーム生検をしてもらう決まりになってるの。」

私、( ゚Д゚)(-_-;)(´;ω;`)
「また・・・・検査・・・・?」

先生「滅多にいないけどね、悪性だ!って針生検とかで出て
実際とってみたら癌じゃないってことがあるの。
ほんと少ないけどね、念のために」って。

おいおいおいおいちょっとちょっとーーーーー

癌だと言われたから全摘してみたら
癌じゃなかった~!良かった~~~~!(^^)!わ~い!!って
言えるほど人間できてませんよ。

そりゃあ、現代の医学をもってもね
...

もっと読む

156 view
2017/07/30 12:00

癌センターは完全予約制なのか
外来で待っている人が少ない。びっくりするほど
少ない。なのでシーンとしている。

場違いなところ、と感じているところに
シーンとした状況、なんだか現実のこととは思えませんでした。

紹介していただいた先生はネットで検索したら
有名な先生のようでした。
物腰のやわらかい方でほっとしましたが
言われたことが
大学病院の先生の見立てと同意見で、腫瘍の場所的にも
温存でも大丈夫でしょうとのこと。

うんうん。
なるほど、そうきたか。

どういわれるかなんて考えもせず、「セカンドオピニオン☆」という
普段使わない言葉からなんだか
大そうな「こたえ」を出してくれるかと期待してたけど
そうですよね。私の場合、確認!ぐらいの感じでした。

そこでも手術できるとのことでしたが
もし手術をしたとしてもその後の検診等通うのが大変なので
やはり地元の大学病院で手術をしよう、とそれだけは決めたのでした。

保険の効かないセカンドオピニオン料金を支払い帰路へ。

地下鉄に乗ると、優先席の前に癌センターで見かけた
おじさまが立っ...

もっと読む

194 view
2017/07/28 14:13

夫に仕事を休んでもらい電車に乗って他県のがんセンターまで行きました。

自宅は周りは田んぼや山の超高齢過疎地域なので
車は必須の車社会。
夫と二人で電車に乗るなんて。どれだけぶりだろう?

神奈川の実家に帰省するときはたいてい子供が一緒なので
二人でなんて、これが乳がんの為のセカンドオピニオンでなかったら
どんなに良かっただろう。

行きの特急電車で公民館の事務のおばさまにばったり出会い
普段平日会社勤めの夫が一緒でどうしたの?
お出かけ?と。おばさまは海外旅行に行くために大きなトランクを
持っていて。
「はあ、ちょっと・・・」と曖昧に答え指定席へ。

なんだか気まずい。ふだん馬鹿正直に会話している私は
正直に言わないことに後ろめたさを感じてしまう。
でも、これから旅行で~す!のハッピーオーラ満載の
おばさま67歳に「乳がんで・・・セカンドオピニオンで・・・」
と、言ったところで相手を困らせることもわかってる。
それなのに後ろめたさを感じてしまうところが私のお子様の
ところで悪いところ。

初めて下りる駅は住宅地。こんなところに癌センター...

もっと読む

120 view
2017/07/28 11:16

温存、全摘メリットデメリット

考えても、というか考えたら決められない

私は運転があまり得意でなく好きではないので
病院までの片道35分から40分の往復が正直億劫で

「毎日 通うの大変だしほんの少しでも再発率が少ないなら
全摘にしようかな~」と口に出してみた。

するといろいろとネットで調べたりしていた夫が

「再発転移率もほとんど同じなら今は温存しておいて
再発して手術、ということになってから全摘したっていいんじゃない?
もしかしたら再発しないかもしれないのに全摘したら
けっこうショックだと思うよ」と。

それもそうだけど。普段専業主婦で出不精のわたしが
毎日連続で出かけていくのが。。。

クリニックのこともあり、自分たちで決められないのなら
(先生はどちらでもお好きな方、というので。温存でもキレイに癌を採れると思う。だけど放射線が大変だから温存でも大丈夫な
病状でも全摘してすっきりする人もいるとのこと)他の医師の
意見も聞こうとセカンドオピニオンをすることに。

しかし、県内ではその大学病院が乳がんでは有名な方で
他はあまりな...

もっと読む

129 view
2017/07/27 11:20

すらっとした美しい女医さんが
「あ~、やっぱり乳がんだった~」と。

そうですか、そうですよね、癌細胞出てないけど
全摘って言われた腫瘍ですもんね、そうでしょうとも。。。

そこからは、びっくりするほどのスピードでものごとが進む。

当たり前のように腫瘍摘出手術をすることを前提に
手術に耐えられるかの様々な検査やMRIやら。。。

そして肝心の手術。
術前の検査では
腫瘍の大きさ2センチぐらいで
脇のリンパ節の転移はみられないので
とりあえず扇状に部分切除もできる。
でもそれだと放射線治療を毎日25日とか通わなければならない。
全摘なら放射線はなし。
再発率は、ほとんど変らない。

でも、術中にセンチネルリンパ節生検で転移があれば
リンパ節廓清もあり得る。

他の方の日記を読んでもここでどちらでも良いと言われた方は
迷いに迷われると思う。

私もどうしよう?どうしよう?と
思っているだけでものごとがきちんと考えられない。

そして手術日まで3週間ぐらいあるから
また考えておいてね~と帰ってきたような。

私の主治医の乳腺外...

もっと読む

149 view
2017/07/25 15:01
日記を投稿