ミカンさんの日記 (子宮体がんの日記)

すべて
子宮体がん

 私は、高血圧症で循環器内科に通院しています。

 昨年の今頃、頸動脈のエコー検査を受けて、血管年齢は70代で頸動脈の左右の血管壁に一カ所ずつ隆起があり、放置したら危険と言われました。その後、症状を改善させるため、EPAの薬を服用し続けています。
 
 昨日、私は、1年ぶりにエコー検査を受け、
血管年齢はやはり70代ですが(笑)、血管壁の
隆起がわずかに減少したことが分かり、ホッとしました。

 私は、子宮全摘手術後に腎臓が弱くなったために、高血圧症も発症してしまいましたが……
薬を飲み続けることで、わずかに効果があったので、さらに食生活を見直し、努力したいと思います。

50 view
2017/10/26 09:48

 私が公式質問の回答を投稿する前に、他の皆さん方の投稿も読ませていただきました。

 私が手術を受けた10年前と現在と比較して術式が、開腹手術以外に腹腔鏡手術が加わり、手術にかかる時間、入院日数が短くなり(がんのグレード、その他…個人差はあると思いますが)医学の進歩を感じました。

 入院費用の支払いに高額医療費限度額の申請をされた方が多いですね。私は、その制度を聞いたことがありましたが、内容がよくわからず
利用しませんでした。私は、当時、入院費用が高く負担に思っていました。今後のために、よく調べておきたいと思います。

49 view
2017/10/23 00:02

 昨日の午前中、町内の集会所の清掃の当番月になっているので、班のメンバーで集まり、掃除をしました。
 掃除が終わった後、班の人たちとお茶を飲みながら世間話をしました。
 その中に、ふだん、家を留守にしがちなお隣の70代の御夫婦もいてその方たちが話題に。
 その御夫婦は、共に持病も無く健康で、子供たちも独立していて、家に居ても暇をもてあまし、じっとしていられないのだとか……。年金だけでも十分に生活出来るけれど、旅行など
趣味にお金を使いたいので働いているそうです。

私は、本当にその御夫婦が羨ましいです。
健康は宝ですね。

私も、いつか…働きに出られるほど、健康になりたいです。

55 view
2017/10/16 23:14

 私は、今日の午後、年に1度の婦人科の検診(子宮体がんの検診)の予約をしました。
予約の電話をした時、担当医が退職された と
きき驚きました。昨年、初めて担当医に会ったばかりで、年配のかたではなかったのに…。

10年前、抗がん剤治療でお世話になった担当医は、私を病気に対する理解が足りないと馬鹿にするような方で、昨年の担当医は、内診(触診)の時、接し方が荒く思えて、それぞれに
ストレスを感じました。

12月に検診の予約を入れましたが、担当医が
どんなかたになるのか、気がかりです。

67 view
2017/10/12 15:55

私は、今年の2月にあるお小遣いサイトの会員になりました。きっかけは、長女の大学入試に付き添った時の長く退屈な待ち時間でした。

私は、そのサイトのゲームだけでは物足りず、その他2つのお小遣いサイトにも入会しました。

私は、かつてファミコンやDSが流行った時代でも、一切そういったもので遊んだことが無かったのですが、お小遣いサイトのゲームで遊んでいる間は、しばし童心に返り、病気がちであることを忘れ、現実逃避出来ました。
こんなに楽しい世界もあるんだ と毎日3つのサイトで1時間ほど遊ぶのが日課になりました。

私は、ちょっと罪悪感もあり、スマホの使用料が気になっていました。夫に「月々、私のスマホの使用料どれくらいかかってる?使いすぎなら、すぐ退会するよ」と度々、声を掛けていました。夫は、パスワードを忘れていて、ネットで使用料を調べるのを面倒に思っているようでした。が、先月、夫は、パスワードを問い合わせ、やはり私が、家族の中で1番使いすぎていることがわかりました。お小遣いサイト入会前と比較して月々2、3千円使用料が増えていたのです。

節約をすべき主婦の立場で、夫に申し訳な...

もっと読む

58 view
2017/10/08 08:10

私は、今年の4月で子宮体がん術後10年目にな
りました。
この10年、がんの転移、再発が無く過ごせ 本当に感謝しています。
でも、私は、いまだに子宮全摘手術後の合併症と闘っています。術後間もなく、右水腎症となり、抗がん剤治療中の時は、腎ろうで排尿し、その後1年経ってから腎ろうを外し、自力で頑張ってきました。

今年7月に家事の無理がたたり、腎盂腎炎で緊急入院しました。医師の話によれば、私の腎臓は、またいつ腎盂腎炎を発症するかわからないほど弱っているそうです。退院後、私が10年前に治療を受けていた病院の泌尿器科宛てに紹介状を書いてもらい、来月、受診する予定になりました。

10年前、私がお世話になった医師は、移動してしまったと思います。私は、思いやりのある医師が担当になることを願っています。

70 view
2017/10/06 16:27

2日前の午後、自宅に電話が掛かってきました。最近、我が家に粗大ゴミを有料で引き取るとか、貴金属を買い取りたいなどの電話が多くまた、そういう業者からの電話か と思いました。が、先月、私が地元のある食品のキャンペーンに応募した事務局からでした。9月末の県内の観光地への日帰りバスツアー(ペア)に当選
した とのことで、私は、懸賞にあまり当選したことが無いので驚きました。

主人は、2年ほど前に土日出勤のサービス業に転職し、家族でドライブへ出掛けるなど家族サービスが無くなってしまったので、久しぶりに良い気分転換になりそうです。

私とその日帰りバスツアーに一緒に参加する予定の次女も喜んでいます。私も楽しく参加出来るように体調管理しなくては と思います。
当日、天気に恵まれることを祈っています。

53 view
2017/09/17 22:57

 私は、先週から、白菜の種を蒔く辺りの草取りや土の手入れをしていました。
庭の土の質が、まるで粘土のように固く、耕しにくいので、私は腰痛が起きてしまいました。
家庭菜園で地面を耕すのが、一番ハードに思えます。辛いので、1日おきの作業となりました。のんびりとしたペースでしたが、私は、今日やっと白菜の種を蒔き終えました。
昨年、私は よくわからず、蒔き時より1ヶ月遅れて種をまいたので、白菜の葉が巻かず平べったく広がったり、大根は根が育たず葉っぱだけ 食べることになったり…大失敗しました。
今年は、ほぼ蒔き時に種を蒔いたので、まともな白菜、大根に育って欲しいです。
なんとか、収穫できるように、今後も手入れや世話を頑張りたいと思います。

45 view
2017/09/12 22:08

 長女は、以前 私に「将来、結婚したくない。
専業主婦には、絶対なりたくない。独身でいたい。」 と話したことがありました。理由は、「家に居て 家事ばかりで自由が無さそう」 「世界が狭い」 とのことです。日頃の私の様子を見てそう思ったのでしょう。なんだか私自身の生き方を否定されたような気がして悲しく思いました。私が術後に水腎症という合併症を発症していなければ、今頃、会社務めしていたかもしれないのに。私は、何か無理をすると背中が痛んだり(腎臓の痛み)するので…子宮体ガンが完治しても合併症をかかえて生きていかなければなりません。そんな事情を長女は、理解出来ていないのかも。でも、私が家族の世話をしているからこそ、夫は安心して働きに出られるし、子供達は勉強、部活に打ち込めるのだと思います。家族を陰で支える生き方は、地味ですが 悪くないと思います。私が、自宅から駅まで三年間、車で送迎しなければ長女は高校に通えなかったのに…恩を感じることも無いのかな?本当に腹が立ちます。長女は、今年の4月から大学生となり都内で寮生活を始めました。全て自分自身でこなさなければならない今、親の有り難みが少しは、理解出...

もっと読む

82 view
2017/09/09 20:30

私は、昨年から家庭菜園を始めました。天候が悪いと野菜の値段が高騰するので、自分で野菜を作って家計の足しに出来たら いいなと思いました。
今年の家庭菜園の夏野菜は、8月中旬に雨が続いた影響で不作です。一番力を入れた カボチャは、1個しか実がつかず本当に残念!直径1cmほどの実が2つ ついた スイカも雨で腐ってしまいました。ピーマン、ナス、キュウリも不作です。
唯一、調子が良いのは、しその葉です。大きめのザルに摘んで シソジュースを作る予定です。
先日は、シソの葉で天ぷら、刻んでハンバーグの具に混ぜて使ってみました。
少量ですが、家庭菜園で穫れる自然の恵みを感謝して頂きたいと思います。
このところ、私は、体調が良いので、明日から冬野菜の種を蒔く準備をしたいと思います。

81 view
2017/09/01 22:08

 抗がん剤投与 2クールめの頃には、私の髪の毛は、完全に抜け落ち一本も無い状態でした。
外出時に、バンダナを被り、その上に帽子を被っていました。ちょっと不自然に見えて、病院へ行く以外は、出来れば家にこもっていたいくらいでした。
 私が手術、抗がん剤治療を受けた年に、次女が小学校へ入学。下校時は、保護者が学校へ迎えに行くことになっていました。
 私が抗がん剤投与で入院する時は、実家の母に子供の世話を頼んでいました。私が退院後、
母が帰ってしまい頼る人もいないので、学校まで歩っていける距離でしたが、車で迎えにいきました。おしゃべりな母が、保護者たちに私のことを話したのか、学校へ行くたび、数人から『お身体大丈夫ですか?』と声を掛けられることが よくありました。そんな様子を子供の担任が見ていたのか・・・。
 ある日、担任は私に『歳をとれば人間 病気の一つや二つ 罹りますよ!』『大変な思いをしているのは、あなただけじゃ ないんですよ!』と
吐き捨てるような、ヒステリックな口調で言いました。
 私は、誰かに同情されたくて、優しい言葉を掛けてほしくて、わざわざ学校に来ているわけではない...

もっと読む

171 view
2017/08/26 16:26

私は、子宮内膜増殖症、子宮体がんで通院、手術を受けた病院で抗がん剤治療をすることに不安があったので夫に相談し他の病院に転院しました。
転院先の病院の担当医は、年配の男性の医師でした。早口で専門用語を話され、知識の無い私は、キョトンとした表情をしてしまったかもしれません。
初めての抗がん剤治療で私は、吐き気がひどく、ほとんど食事も受け付けない状態でした。
担当医にどんな抗がん剤を使ったのか聞いてみると『お宅に説明しても理解出来ないと思います。』と突き放されました。私は、バカにされその瞬間、涙目になったのを覚えています。
その頃、私は、インターネットも出来ないガラケーを使っていて抗がん剤治療について勉強不足でした。その後、その医師に何か質問した時、『あなたは、理解が足りない!』と吐き捨てるように言われました。
私は、その医師がすっかり嫌いになり、その後、腹が立つので、必要最低限しか話さず、おとなしく6クールの抗がん剤治療を受けました。その医師は、知的でプライドが高すぎて、意思疎通どころでは、ありませんでした。
当時、私は、40歳の無知な患者でしたが...

もっと読む

180 view
2017/08/22 21:27

先週の金曜日に、都内の学生寮で暮らしている長女が、久しぶりに帰省しました。4月の初め以来に会い、少しやせ細っていました。
三度の食事も手抜き出来ないと、長女の好物を作り、退屈かなと、曇りの日は公園などへ、雨の日は、長女と次女を図書館で過ごさせたり…
このところ車で送迎し忙しく過ごしています。
それに加え、長女が買った服の直しも頼まれました。最近、老眼がひどくなってきたので、大変に思えました。でも、娘に頼られるうちが華かなと思い、なんとか仕上げました。
私は、退院して約1ヶ月経ちますが、普段より忙しいので、時々背中が痛みます。腎臓が疲れているんだな と休み休み家事をしています。
子供達の夏休みが終わり一段落したら、私が昔かかっていた病院の泌尿器科を受診したいと思います。

84 view
2017/08/15 23:03

私は、婦人科を受診し、担当医に昨日の不正出血の件を話しました。その日は、細胞診、組織検査、血液検査を受け、その後、子宮内膜全面掻爬術、CT、MRIの検査を受けました。
1週間以上経って、担当医から子宮体がんであること を知らされ、出来るだけ早く手術を受けるように言われました。
3人目の子供を授かりたくて通院した1年は、何だったの?子宮全摘出!?……私は、かなりショックを受けました。でも子宮を摘出しなければ、がんが他に転移する…私は、生きるため、
手術を受ける決心をしました。
私が若い頃、重い生理痛を放置していた事、家事を無理して流産した事、その後、子宮内膜増殖症になり、病院の担当医の治療に不信感を抱きながら、交通の便の良さで転院しなかった事、これら全てが、私が、子宮体がんになる原因となりました。担当医に不満があったのなら
夫に相談し、通院に時間がかかっても、自分の納得出来る治療をする病院に転院していたら助かったのかも?と後悔しています。
もっと、簡潔に書くべきでしたが、長くなってしまい、すみませんでした。   完

232 view
2017/08/10 20:57

子宮内膜増殖症の治療といっても、プロベラという薬(黄体ホルモン製剤)を朝晩2錠ずつ飲み、月に1度 婦人科を受診するだけです。
私は、また子供を授かりたい、治したい一心で薬を飲み続けましたが、生理痛、レバー状の塊、出血量は増えるばかりでした。私は、担当の女医に以前より悪化しているので薬が合わないのかも と相談すると このまま様子を見ましょう と言われ…信用出来なくなりました。
私は、他の病院に転院したかったのですが、通院していた病院は、自宅から車で30分で着き便利なので 結局、転院出来ずにいました。
プロベラを飲み続け1年近く経った頃には、子宮の内圧が高くなったような 張るような感じや、
不正出血が時々ありました。そのため、普段から夜用ナプキンをあてていました。
ある日、スーパーで買い物中、急にあふれ出るように、ドバーッと出血があり ナプキンをしているのにジーンズを汚してしまいました。どうしようもないので、ダンボールをもらい、それをお尻に敷き、車を運転して家に帰りました。
これまでにない出血で、私は不安になり、その翌日、婦人科を受診しました。

155 view
2017/08/07 21:32

流産して間もなく、私は夫に車で産婦人科へ送ってもらい、処置を受けました。
流産から数日経っても、ショックが大きく、私は、それほど無理をしたわけじゃないのに……
せっかく授かった命なのに…なんてあっけなかったのだろう と後悔してばかりでした。
それから1ヶ月が過ぎた頃、下腹部の痛みを伴う出血量の多い生理がありました。
その次の月も同様で、さらにレバー状の塊が出て気になり、婦人科を受診しました。その結果、子宮内膜増殖症と診断されました。
私は、担当の女医に、まだ子供を産む意志がある と話し、治療が始まりました。
                 つづく

162 view
2017/08/04 20:42

夫から男の子が欲しいと言われ、経済的にも、年齢的にも高齢出産となるので、私は不安でした。が、どうしてもと言うので、夫の希望に添えるよう、食べ物で産み分ける方法で努力しました。その数ヶ月後に私は、妊娠しました。
妊娠4か月の頃、12月初めの頃、家庭菜園で夫が作った大根が豊作でした。たくさん収穫出来たので、たくあんを作ってみようと、大根を干すなど準備をし、2週間かけて仕込みを終えました。
その翌日、夕食後、台所で食器洗いをしている時、お腹が急に痛み出し、私は、その場にしゃがみ込みました。子宮から何かゴロンと塊が出てきて、びっくりしました。『どうしよう…
流産しちゃった!!』   つづく

183 view
2017/08/02 17:20

無事に出産

私が妊娠3ヶ月の頃に、義母が急死し、葬儀があり、その後疲れが出たのか、腎盂腎炎になり、産婦人科に入院しました。退院後、無理をしないようにしていましたが、6ヶ月検診で切迫早産になる可能性があると言われ、実家に戻り安静にしていました。それから、出産予定日の2週間後に無事、長女を出産しました。
不安ななか、無事出産出来て、嬉しかったのですが、会陰切開の痛みが辛く、1ヶ月ほど憂うつでした。その痛みを思うと、2人目を産むのは、ためらいがありました。が、夫の希望で2年後、妊娠しました。妊娠中、特に問題は、ありませんでしたが、予定日より3週間早く出産しました。破水して、急いで産婦人科へ行き30分後に痛みも無く出産しました。が、低体重児で、 2週間保育器で育てられました。退院後、子供たちは、順調に育ちました。
それから、長女が小学校に入学、次女が幼稚園に入園した頃、夫が3人目が欲しいと言い出しました。 つづく

191 view
2017/07/31 23:39

嘘のように消えた生理痛

中学から20代前半まで、ひどい生理痛で飲み薬、煎じ薬に頼っていた私ですが、20代半ばには、嘘のように消えました。生理中は、軽い頭痛がする程度になりました。
20代前半に、ひどい生理痛で苦しんでいた頃、
私は、結婚、出産は、無理かも……と諦めていました。昔、ドラマなどで、子供を産むのと引き換えに、母親が命を落とす…とか、そんな悲劇を想像していたからです。
でも、20代半ばで生理痛が無くなり、私は、健康になったのだ と思い、婚活を始めました。
私は、30歳で、やっと気の合う男性に出逢い、結婚しました。そして、その3ヶ月後に、妊娠しました。 つづく

185 view
2017/07/29 15:57

つらかった生理痛

私は、初潮が小学五年の秋でした。中学生になるまで不順で生理の無い月があったり…生理が来れば、ひどい腹痛で時には、吐き気、頭痛などもあり、学校へ行くためにバファリンなど飲み痛みを抑えました。薬を飲まない場合、布団に
2、3時間横たわらないと痛みが治まりませんでした。生理痛は、中学から20代前半まで続きました。母に婦人科を受診したほうがいいんじゃないかと言われましたが恥ずかしくためらいがありました。つらかったけれど、私は、生理中に薬や煎じ薬を飲んで過ごしました。
昔は、生理に関する情報を仕入れる術もありませんでした。現在は、ネットで検索すれば、ひどい生理痛を放置すると、将来、子宮内膜症になるなどの情報があります。当時、知っていれば、勇気を出して婦人科を受診したかもしれないのに!
後悔先に立たず ですね。 つづく

197 view
2017/07/27 23:18

腎盂腎炎が治り退院して8日が経ち、今日、病院で再診を受けました。予約しておいたのに、3時間も待たされイライラしました。でも、尿、血液検査とも異常が無く良かったです。
その後、尿管ステントを抜去しました。麻酔なしなので、痛み、不快感で大変でした。今日から尿管ステントなしで生活できると思っていましたが、今後、腎盂腎炎を再発する可能性もあるので、防ぐためにも普段から尿管ステントを留置したほうがいいと勧められました。今日から違和感のある尿管ステントとも、おさらばだと思っていたのにショックを受けました。
仕方なく、抗がん剤治療時に腎ろうの手術をした病院へ紹介状を書いてもらうことにしました。本当に憂うつです。でも、安心して生きていくため、つらいけど我慢しなくては、と思います。

124 view
2017/07/24 22:39

子宮体がんで子宮全摘出手術後、右水腎症を発症し、ほぼ治癒して10年経ちました。この10年、時々、尿の出が悪かったり、濁ったり…腎臓の機能が悪くなったと思いながら、病院で受診することなく過ごしました。疲れた時、背中の右側が重く痛むこともあり、つい最近、とうとう、腎盂腎炎で入院することになってしまいました。
急に入院すれば、実家から母を呼び寄せたり、何かと迷惑をかけてしまうので、これからは、無理をしないようにします。

最近、私が楽しみにしていることは、8月の初めの日光霧降アイスアリーナでのフィギュアスケートのアイスショーを観に行くことです。
これまで、テレビでしか観ることができなかった豪華なスケーターたち(荒川静香さん、安藤美姫さん、町田樹さん他…)を地元で観れるのだと、ワクワクし高かったけれど、アリーナ席のチケットを買いました。当日が、待ち遠しいです。

67 view
2017/07/23 22:43

日曜日に腎盂腎炎を発症し、問い合わせた病院には、泌尿器科医が不在ということで、私は、救急で受診することを諦めました。
私は、なんとか熱を下げようと家にある風邪薬を飲み1時間ほど横たわっていました。すると、悪寒が落ち着きました。
私は、いつものように、食品の買い物に出掛け、ついでに薬局で腎臓の不調に効く?漢方薬を買いました。これでケロッと治ったらいいなと思い、夜飲んでみました。が、翌日のお昼頃にまた悪寒などの症状が出たので病院へ行きました。
血液検査の結果が悪く、白血球が2万を
超えているということで即、入院となりました。その後、39度以上の熱が3日間続き、点滴が6日間続きました。
入院2日目に尿の出が良くなるように、腎臓にステントを留置しました。ステントは、排尿の時、違和感があり不快でした。
でも、当初2週間ほど入院かもと言われていましたが、1週間で退院出来てよかったです。

65 view
2017/07/21 00:18

私は、街中から田舎に嫁ぎ、19年になります。庭には、もも(プラム)、カリン、梅、びわ、ゆず などの木があり、実の当たり年なども あります。
今年は、6月末から7月の初めまで、梅、びわなど豊作でした。特にびわが困るほど採れました。ご近所に配るほどの美味しいびわで無く、昔ながらの酸っぱいびわです。なので、
びわ酒、びわの種酒、びわのゼリー、びわのジャムなど頑張って作ろうと台所で長時間、立ち仕事をしました。ここ数年、私は、何事もなく健康に過ごして来たのだ 多少無理しても大丈夫と数日、忙しく過ごしました。
が、体が徐々に悲鳴を上げ始めました。お腹がガスっぽく、便が緩みがちになったり、背中の右側が痛み、尿が濁り始めました。その翌日には、お昼頃、悪寒がして歯がカチカチするほど震え出しました。もしかして、腎盂腎炎になったのかもと思い、病院に診察をお願いしたいと電話をしましたが、日曜日で泌尿器科の医師は不在なので、他をあたってほしいと断られてしまいました。
                 つづく

103 view
2017/07/19 14:26

私は、二年前に大腸がんの簡易検査で引っかかり、内視鏡で大腸ポリープを何個か切除する手術を受けました。
それ以外、病気をすること無く、過ごしてきました。

私は、年に一度、ガンセンターで検査(血液検査、子宮全摘しましたが触診、細胞診、肺のレントゲンなど)を受けています。もし何か問題があれば病院から連絡があるという流れになっていますが、幸い一度も連絡をもらったことがありません。
私の夫は、優しい人で、無理に働かず、家で家事をするだけでいいよ。と言うので、甘えて、日中、家に一人でマイペースで家事をしています。震災後、迷い猫を一匹飼ったら、10匹に増えてしまい、猫トイレを掃除するのが、大変ですが。
家で精神的に負担の無い生活をしているので、私は、ここまで回復出来たのだと思います。
                 つづく

75 view
2017/07/18 23:25

私は、10年前の2007年に、子宮体がんで子宮全摘出、周辺のリンパ節など切除の手術を受けました。その数日後、合併症で右水腎症となり
尿の出が悪くなったので、主治医に腎ろうを勧められ足首にレッグバッグ(尿を溜める袋)を付けて、一年半近く生活することになりました。

半年間の抗がん剤治療を終えても、腎ろうの生活は、一年近く続きました。お風呂の湯船に浸かることが出来ず、シャワーで我慢しなければならないのが、何より辛く思えました。

私は、この辛い生活に一年間耐えました。
2008年12月、腎臓の機能がほぼ正常になったため、めでたく腎ろうの生活にピリオドを打ちました。

                  つづく

102 view
2017/07/17 22:57
日記を投稿