サービス終了のお知らせ

「イルイル」は2018年3月20日(火)をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。
終了にあたり、会員の皆さまに重要なお知らせがございますので、こちらをご一読くださいますようお願い申し上げます。

みかさんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

昨日は、膣の当たりに傷みを感じた。
ズドーンという鈍痛。
若い頃も味わったことのある痛み。
何でもない時、生理の時、妊娠中、出産後・・・。
条件は特になく、たま~に感じる程度だが、違和感はかなり感じる。
何故痛いのかは不明。
でも、今までも何もなかった。
今回は、ちょっとナーバスになっているだけかな?
今日は傷みはなし。
このまま何もないといいな。
昨日は、婦人科受診しようと思ったけど、今日は痛みなく・・・。
様子を見るしかないかな。
あまり長い時間の痛みではなかったし、きっと大丈夫。
こうやって書くことで自分の気持ちをしっかり持っていることができる。
この場はありがたい。
でも、来月でなくなってしまう。
「戦友」と呼んでも良いような感じになってきた方もいらっしゃるのに、本当に残念だ。

20 view
2018/02/21 19:04

数日前、性行為中に膣の当たりにチクチクとした痛みがあり。
子宮全摘してからもう7年経過。
その後性交渉は普通にしていたが、今までこのようなことはなかった。
今回初めての体験。
夫は私が痛がっているのに気付いて中断し、私も痛みから抜け出せて安堵。
痛みは一回だけだし、たまたまかもしれない。
こちらでも相談させていただきましたが、解決には至らず・・・。
あまりにも続くようなら受診をしようと思ったが、もう少し詳しいことを知りたい。
痛みがもうないのか、まだ痛みを感じるのか・・・。
先日子どもが外泊したため、夫を誘ってみたものの「また痛くなっちゃうからやめよう」と断られた。
でも、TRYしてみないと痛いかどうかわからない。
夫はすごく慎重になっていて「怖い」と。
私としては、一日でも早く性交渉をもって、痛みがないことを知りたい、安心したいと思うのだが・・・。
普段子どもがいるのでなかなかTRYできず。
「痛いかどうかなんて、してみないとわからないよ。」と言ったのだが・・・。
大切にしてくれているのは痛い程よくわかるのですが、もどかしい気分。
夫には「膣が痛かった...

もっと読む

40 view
2018/02/17 15:36

最近少し疲れ気味なのかもしれない。
色々疲れちゃった。
辛いです。
夫と息子が元気なのが、せめてもの救い。
二人からパワーをもらって、少しは浮上できてきてるかな?
早くこのループから抜け出したいです。。。

39 view
2018/02/10 21:48

この病気になってから、色々なことがあった。
後悔はしていない。
生きるために自分で選んだ道だから。
でも、時々悲しくなる。
「子宮頸癌なんてまだいいじゃない。私なんて・・・。」
こんな発言を気にせず聞き流す術があったら教えてほしい。
私だって好きで病気になったんじゃないよ。
「どんな時にも笑顔で」って小学校の先生に言われたけど、本当にそうなのかな?
辛い時に辛いって言えることの方が強いんじゃないの?
辛いのに笑顔でいたら、心が疲れちゃうよ。
「辛い時こそ笑顔で」
なんて・・・。
分かってない証拠だよね。
はぁ、辛い。
この苦しみ、どうやって発散させたらいいんだろう?
もう、疲れちゃったよ。。。

32 view
2018/02/08 18:42

子宮頸癌になって全摘をした。
当時小学校1年生だった息子にもわかるように、きちんと説明をしての入院・手術。
手術の日は手術室の前まで見送りに来てくれた。
ちょっと不安定になってしまったようで、トイレが近くなってしまったが、きちんと毎日学校に行ってくれた。
そんな息子ももう中学生。
癌には玉ねぎとキノコがいいと知って、私に「玉ねぎとキノコ食べてね」と言ってくれる。
とっても優しい、いい子。
でも、私今はもう癌患者じゃないんだよね?
全摘して、年に一度癌検診を受けてるけど、毎年異常なし。
もう「癌細胞」というやつは、私の体にはない。
私、元気だよ。
もう癌じゃないよね?
癌患者じゃないよね?
癌になったら、癌患者なの?
いつまで?
一生?
完治したんじゃないの?
完治って何?
いつまで癌がくっついてくるの?
なんだかわからなくなってきた。
他の方たちはどうとらえているのだろうか?
周りにいた癌患者たちはもう亡くなってしまった。
私は生きています。元気に。
この答え、どこにあるのかな?

79 view
2018/02/05 01:18

若かったころ、何かの話で、子宮癌と乳癌の話がでたことがあった。
私は女に生まれたからには、子どもを産んで育てたいという夢があった。
全摘になったことを考えて意見を巡り合わせた。
乳癌になっても妊娠はできる。
でも、子宮癌の場合、妊娠・出産ができなくなる。
当時私は胸を張ってこう言った。
「乳がんなら、おっぱいとることは私は我慢できる。でも、子宮癌になっちゃったら妊娠すらできない。おっぱいとるのは勇気がいるし大変なことだけど、子宮癌よりはマシ。どうせなるなら乳癌が良い」と。
それから十数年。
結局私は自分の意思とは逆に、子宮癌になった。
そして、絶対に絶対に嫌だった全摘。
悲しくて辛くてやりきれなかった。
幸い息子が一人いるので、「子どもがいない」人生にはならずに済んだ。
どっちがマシなのか?
人によって様々だし、結論はない。でも、それでいいと思う。
私は子宮癌でキツかった。
でも、逆に乳癌の方からしてみれば「子宮とったって、誰にもばれないんだからいいんじゃない?」ということにもなりかねない。
ここで色々書いても結果がついてくるわけではないけれど・・・。
...

もっと読む

54 view
2018/02/01 16:26

少し前に、尿漏れがあるとお悩み相談させていただきました。
泌尿器科に通って、お薬と治療に励んでいます。
でも、恥ずかしくて誰にも言えない・・・。
全摘をしたので、生理が来なくなり、買いだめしていたナプキンが不要になったので、全て母にあげました。
でも、その後尿漏れをするようになり、またナプキンを購入して対処しています。
以前母と一緒にいるときにナプキンを取り出したら「えっ?ナプキン使ってるの?いらないんじゃなかったの?」と聞かれてしまいました。
この年齢で尿漏れなんて恥ずかしくて何も言えずに「うん、まぁ」と言葉を濁しました。
夫には話してあり、理解もしてくれています。
でも、実の母にも言えない。
恥ずかしい・・・。
私は母に心を開いていないのだろうか・・・?
こんな娘でごめんなさい。

54 view
2018/01/30 19:59

子宮全摘手術を受け、30歳で生理とはさよならをしました。
手術をしたことは、周りも知っています。
「生理きついし、もうこないなんていいな~。」と言われました。
好きでそうしたわけじゃない。
生理は煩わしいけど、子宮のない体になった辛さはわからないんでしょうね。
と、正直キツかったですが、その通りなんですよね・・・。
前向きにいこう!
自分自信に向けて書きました、どなたかの心にも届いているといいな。

50 view
2018/01/25 22:39

なんやかんやと、色々問題が起こるこの病気。
嫌な思いをされた方、現在嫌な思いをされている方も少なくないと思います。
私は、全摘して子どもを産めない体になったのですが、幸い一人子どもがいます。
二人目が欲しいと思っていたのですが、流産。
その後癌が見つかって、全摘に。
義母には話していなかったのですが、「二人目作らないの?」などという質問を受けたこともありませんでした。
一番聞きたくない言葉。
でも、身内だからこそ。
そして、身内だからこそ、聞ける問題ですよね。
一昨日、そういえば、義母から「二人目は?」と聞かれたことが一度もない事に気づきました。
病気の話はしてないのに、なんでだろう?と。
もしかして、夫が話したのかな?と思い、聞いてみたところ「話したよ」とのこと。
だから、義母も何も言わなかったんだなぁと。
その上、病気のことも一切何も聞かれてはいません。
義母なりに気を使ってくれているんだと、ほんわかした気持ちになりました。
夫の行動と、義母の配慮に感謝です。

47 view
2018/01/16 21:36

30歳の時に、子宮全摘手術を受けました。
大きな総合病院でした。
私が入院していたのは産婦人科のフロアでした。
お部屋は、二人部屋で、母と同じくらいの年齢の方と一緒でした。
他のお部屋には出産を間近に控えている妊婦さんがたくさん入院していました。
基本的に部屋のドアをあけているせいもあって、頻繁に人の出入りや電話の声などが聞こえてきました。
私には子どもが一人いますが、複数人欲しかったので、全摘と決まった時はかなり落ち込みました。
時間が解決し、前向きに治療をしようと思ってからは、周囲の声に敏感になりすぎることもなく、穏やかな生活を送っていました。
が、手術が終わってから夜になると、出産を終えた妊婦さんの旦那さんたちが、ご両親たちに奥さんの出産を報告している声がよく聞こえてきました。
正直辛かったです。
「生まれました!」と喜びいっぱいの声を聴くのがだんだん辛くなってしまいました。
更に、処置に来てくれた看護師さんには、出産のための入院だったと勘違いされ「また次もうちの病院に来てくださいね」と言われてしまいました。
それからは辛くて・・・。
幸い体調も安定して...

もっと読む

91 view
2018/01/13 17:09
日記を投稿