サービス終了のお知らせ

「イルイル」は2018年3月20日(火)をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。
終了にあたり、会員の皆さまに重要なお知らせがございますので、こちらをご一読くださいますようお願い申し上げます。

あんゆこさんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

当時彼氏だった現夫とは、結婚前に子供が持てないかもしれないということについても手術前に真剣に話し合った。

私は小さい頃から子供が大好きだった。
高校生の頃、進学すると言ったら 保母さん? と親戚に聞かれるほどだった。
実際保育士になるか迷ったが、ものづくりが好きだったのでそちらの道を選んだ。
子供は自分が産めばいいと思ったから。
それだけ子供を持つことは当たり前だと思っていた。
当たり前じゃなくなっちゃったんだけどね。

子宮頸がんの円錐切除では、取りきれなかったらあと2回ほど同じ手術ができると言われた。
けれど、それでも湿潤していれば、全摘、残っていても早産流産のリスクは医者から説明された。

もちろんショックだったけど、でも私は自分の子供を持てなかったら、それはそれでしたかったことがあった。
それは養子をとること。
昔からニュースで幼児虐待が流れるたび心苦しかった。
どうにか自分にできることはないかなって思っていた。
そんな折、あるドキュメンタリーがTVで放送された。

レイプや学生、貧困などそれぞれの事情から妊娠したけれど育てることが難しい女...

もっと読む

40 view
2018/02/22 19:06

ハッピーバレンタイン!
今日は皆さんチョコレート渡したりするのかな、それとも私見たく自分用にチョコレート買って美味しく頂いてるのかな♪←もう自分用は食べきっちゃいました(笑)

そういうことを考えていたらもっとチョコレート食べたくなって明日以降コンビニで安くなった売れ残りチョコレートを買おうか真剣に悩み始めています(笑)

はい、どうでもいいですね。

温活。

子宮の冷えって感じたことありますか?
私は生理のたびに痛みがひどいのでホッカイロや腹巻きがかかせませんでした。
市販の生理ナプキン、おりものシート、石油系の化学繊維で子宮を冷やすと言われていますよね。
かくいう私も婦人科の先生にはおりものシートは使うなと言われたことがあります。
二人の医師から言われたので、やはり子宮にはよくないのかもしれません。
こまめに交換したつもりでも雑菌の繁殖につながるのだとか。
とは言え下着の汚れは気になりますよね。

それで最近使い始めたのが布ナプキン。
生理時ではなく普段用に使っています。
布ナプキンはコットンで作られており、肌に優しいものが多いので、つけ心地は普通の下着です。
ムレもなく快適です...

もっと読む

66 view
2018/02/14 15:33

みなさん、ご自身のHPVの型はご存知ですか?

通院中HPVの型を調べられないか医師に聞いたことがありました。

そうしたら調べるメリットがあまりない、自己免疫で治る人が多いのでうちでは調べない。

とのことでした。
結局、高度異形成へ進み手術になったのですが、果たして私はハイリスク型だったのか。
今でも謎です。

HPVもたくさんの型があるとのこと。
その中でハイリスクと言われるのはいくつか。

夫に感染していたらピンポン感染してしまうんじゃないか聞いたところ男性は形状的に問題ない。
また細胞診をするにしても範囲が広すぎて調べられないと言われ気にしなくてもよいとのことでした。
HPVはそこらへんにいるウイルスだけど、ちょっと気になります。


話変わってもうすぐバレンタインですね。
ちょうどこの週末家族が泊まりに来るのでチョコをネットで頼みました。
間に合うかヒヤヒヤしていましたが、ギリギリ滞在中に届きそうです。
夫と友達と自分用にもたくさん購入(笑)
訳あって今あまり外出できないので、ネットで注文したのですが、ついつい買いすぎちゃいました。
人にプレゼント選ぶのは楽しいですね。

95 view
2018/02/09 18:08

本筋の子宮頸がんの手術とはまた脱線しますが、
私の子宮は子宮後屈と言って後ろに傾いています。

初めて知ったのは6年ほど前。

婦人科に行った時でした。
そこで、医師に経膣エコーをぐりっと傾けられ
「だいぶ後ろに傾いているね。あなたは子宮後屈です。ほらエコー見て」
と言われました。
心の中で、そんなに傾けたら痛いわ!!と突っ込みました。笑

それまで生理痛は重めだけど、もっとひどい人もいるしなーくらいに思っていた私。
しかし子宮後屈が原因で結構重い症状だったようです。
通常よりも後ろに傾いているから、経血が出にくくて収縮が激しかったとのこと。
昔は不妊の原因になると言って手術をしていたらしいですが、
今はしていないようです。

そこの先生は都内でもピル推進派の先生らしく、服用を勧められました。
ピルは合う物が見つかるまで2回くらい薬を変えました。
ピルを飲んでいる間は生理の終わりかけのような出血が2,3日続くくらいで毎月終わります。
痛くないってこんなに快適なんだと気づきました。
美肌ホルモンが効くようで、お肌の調子もよくなりました。
でもそ...

もっと読む

73 view
2018/02/08 22:03

封筒を開いた。

高度異形成ーーーーーーーー。

なんというかショックだった。
それ以上に事前の主治医の説明や本の知識で、
高度異形成と上皮内癌との区別が、事前の細胞診ではつきにくいことも知っていた。

もしかしたら癌になっているかもしれない。
早く手術しなきゃ。

そんな気持ちで迎えた旅行。
まさかの台風直撃でレインブーツの中もぐしょぐしょになるくらいの天候。
踏んだり蹴ったりだったけど、
私は子供が産めなくなることもあるかもしれないことを覚悟した。
前々から彼には子宮頸がんの異形成の話はしていたけれど
今回の結果を切り出した。
それでフラれても仕方ないかなとは思っていた。

私「あのさ、昨日検診の結果来たんだよね。高度異形成だった。
手術になると思う。とりあえず病院の予約とっていい?」
彼「早くとりな」

旅行中に無事予約をとったあと。

私「たぶん円錐切除って言って子宮頸部ってところを切ると思う。
それで癌が取りきれてなかったら子宮摘出になる。1期の後半から子宮摘出だから。子供できなくなったらどうする?」
彼「関係ないよ。子供...

もっと読む

128 view
2018/02/07 20:32

今日ニュースでとある芸能人の方が子宮頸がんの再々発とやっていました。
なんだかショックを受けてしまいましたが、でもすごく前向きにコメントされていて、ショックを受けてしまうのがいけないかなと思って。

昨日はハンセン病のドキュメンタリーを見たのですが。
小学生の女の子がみじかな人が亡くなったことに対して、

悲しいけれど、人は必ず亡くなるから

って言っていました。

この言葉すごくないですか。
諦めとか悲観的な言葉ではなく、とても前向きな言葉に感じました。
そう100年後は周りの方達含めて自分も死んでいるんだろうなって。
そう思ったら残された方も今を生きる自分も、なんだか変わった見方で日々暮らしていけそうと感じました。

82 view
2018/02/05 23:55

経過観察で3,4ヶ月ごとの通院。
軽度異形成がクラスⅡに下がり、炎症程度になった。
お、これは自然に治るなと感じた。

たしか2015年の1月頃だったと思う。
次の検診は、ちょうど4月頃で会社の健康診断と同じ時期だったので先生に相談したところ、健康診断で婦人科検診を受けるのであればそちらで受けて、その後また6,7月頃に受診すればよいとのことであった。

会社の健康診断で受けよう。

そう思っていたのだけれどそうスムーズにはいかなかった。
健康診断のタイミングがずれてしまい、5,6月頃になってしまった。
遅いけれど大丈夫かな。
一抹の不安がよぎりつつ、受けるとまた異形成の判定。
また悪化!?
しかも今度は軽度じゃない…。

病院の予約をとって早めに行こう。
久しぶりに電話をするといつもの先生はやはり人気で1ヶ月半後になるとのこと。
不安だったので、平日になってしまうが別の先生で予約を取り直した。

大丈夫だよね。

また、病院に行って検査をした。
そして、検査結果は当時の彼との旅行前日に封筒で届いた。


==============...

もっと読む

96 view
2018/02/01 18:05

封筒で結果が届くまではドキドキした。
しかし、私の予想に反して結果は軽度異形成。
これは先生が言った通りなんだか自然に治りそうだなと思いながら仕事に忙殺される日々だった。

それからは3,4ヶ月おきくらいに受診をした。
最初は気にしていたガンというものも、自分には無縁に感じて食生活も荒れた日々。
しばらくして父が倒れた。
子宮頸ガンとは離れた話になるので割愛するが、
実家より私の職場から近くの病院に入院し存命が危うい状態だったため、私がメインでお見舞いや容体急変の連絡を受ければ駆けつけた。
合わせて当時任されていた仕事も佳境に入り、毎日残業で相当メンタル的にもきつかった。

うーん…今思えばストレスフルな毎日だったと思う。
仲の良かった友達に相談しようとしたが、あまりピンと来てなかったのか。
親が倒れたと言ったのに結婚式のドレスの試着写真を返信で送ってきたので、相談するだけ無駄だと思ってしまった。
当時彼氏だった現夫に報告しても「大丈夫?」の一言がなく、
手術で検索した画像を見たのかグロいから見ないほうがいいよと連絡が来た。

それ??もっと他に言うこ...

もっと読む

88 view
2018/01/26 14:15

いざ、初受診。

予約をとった時に、進行していたらうちでは見れない場合もあると言われたけれど、検査はできますとのことで、ある病院に行くことになった。

初めて病院に行ったときにはとても驚いた。
病院についてはどこと書いていけないとのことなので詳しく書けないけれど、総合病院の中では豪華な内装で落ち着いた雰囲気の病院だった。
まるでホテルである。
当時は婦人科と人間ドッグの建物が分かれていて、来ている方が女性が多く、窓口の対応の方も親切で洗練されていた。
病院に来られてる方の身なりも心なしか、すごく落ち着いていておしゃれ。
自分のラフな格好が浮いている気がして恥ずかしかった。
あちゃー・・・一般庶民の病院ではなかったか・・・と後悔しかけたが、
待合室の椅子も一人一人ゆったり座れてリラックスして待つことができた。
呼ばれて健康診断の結果を見せて現状を説明したと思う。
先生はとても優しくて、にこにこしていた。
男性医だったが、老紳士みたいな雰囲気で、せかせか人数をこなすっていう町医者のせわしなさがなく、私は安心できた。
先生の説明は、あらかじめ調べてきたことと同じ...

もっと読む

91 view
2018/01/23 17:34

それからは子宮頸がんについてものすごく調べた。
どうやら再検査の用紙に書いてあったレベルは軽度異形成というもので、今すぐガン化するものではないことを知った。
ガンではないと思っても実は進行していたとか、そういった悪い話を勝手に想像しては自分を落ち着かせた。

その次に再検査を受ける病院について。
仕事が激務のため、できれば土日通院できる病院
かつ子宮頸がんに実績がある病院がいいと思った。
また通える立地。

その中で、ちょうど条件に合う病院があり、婦人科専門のガン科があるところを選んだ。
仕事の合間に電話をし予約をとった。
再検査になってから1ヶ月後には病院に行くことになる。

62 view
2018/01/21 15:28

健康診断での検査は細胞診。
綿棒でこすって終わり。
特に痛みもなく、こんなものかーとあっさり終わった。

それよりも当時気になっていたのは耳。
耳の方はストレスで耳の圧が下がっていると言われた。
これには覚えがある。
前職でも、同じように耳が遠くなったことがあったのだ。
その時は病院に行かなかったが、昇進と当時付き合っていた相手とのことでのストレスがかかっていた。
私は知らぬ間に無理してたんだなと思っていた。
そうこうしているうちに検査結果が返ってきた。

貧血などの項目が引っかかっていて、またかと思っていたのだが、
なんと婦人科の項目に再検査の文字が。

え?子宮頸がん?

ドキンとした。
私、ガンなの?と思った。

63 view
2018/01/18 14:48

2014年春。
健康診断を受ける季節がやってきた。
オプションで婦人科検診を受けることができるとのことで、
乳がんと子宮頸がんの検査を追加した。
でも自分は大丈夫だと思っていた。
2012年に生理痛緩和の為、低用量ピルを処方され、ついでに子宮頸がん検診を受けたのだ。
その時には何も問題ないと言われた。
だから不安なんてなかった。

その頃は仕事が忙しくて徹夜もあった。
正直転職してあまり経っておらず、3年は慣れない仕事で無理しないとと思っていたが、結構プレッシャーの多い業務を行っていた。
通勤時に満員電車の中で息苦しくなったり、耳鳴りがして、片耳だったり両耳だったり耳が遠くなることがしょっちゅう起きていた。
今思えば、若いから無理していいってことじゃないよ、ストレスが出てるよと伝えたかったけれど、私は体に出るまで自分のストレスに鈍感だった。
そんな時の検診。

続きます。

52 view
2018/01/16 18:48

あんゆこと言います。
アラサーOLです。

2014年に子宮頸がんの検診を受け、異形成が出て、
2015年に円錐切除手術を受けました。
現在、妊娠中ですが、手術の影響もあり切迫になっています。

この日記では同じような体験をした方と交流をしたり、
また少しでも不安に思っている方の助けになれればと思います。

この病気になった時、生きることの大切さを学んだはずなのに、
日々の生活の忙しさからまたそのありがたさを忘れかけてるなと反省。

マイペースに更新していく予定なので不定期ですが、
ぜひこれからよろしくお願いいたします。

※手術の年度が違っていたので修正しました汗

79 view
2018/01/14 09:31
日記を投稿