CHISAKIさんの日記 (乳がんの日記)

すべて
乳がん

入院日記を書こうと思いつつ、病理結果が気になりなかなか書けず💧
あれよあれよという間に本日、抜糸とともに結果を聞いてきました。

診察前にリハビリセンターに寄る予定になっていたのでまずはそちらに。
術前・術後に腕や手首の太さを測ってもらっており、今日再び測ってもらいました。
6年前に腋窩手術を受けた左腕と共に、どちらも問題ないとのことで最初の関門は無事クリア(。-д-。)=3
腕の上がり具合も問題ないとのことで、少し詰まり気味で痛みのあったリンパをマッサージで流してもらいました。

そしていよいよ主治医の元へ・・・
入院中、隣のベッドにいた方と外来予定が同じだったのでリハビリセンターから一緒に待合室へ向かいました。
途中、病棟の看護師さんや看護助手の人たちにバッタリ会い「元気~?」などとおしゃべりし待合室に着くと患者会で知り合った友達がいました。
2人とおしゃべりしていたら緊張が少しほぐれた(^_^;)感謝♪
乳腺科受付のA子さんにも会い「ちさきちゃん、きっと大丈夫!根拠はないけど(笑)」となごませてくれました。
独りで待っていたらきっと凹んでいたと思います。...

もっと読む

167 view
2017/08/18 18:21

7/18に入院し3週間の治療を終え、8/10に無事退院しました^_^
皆さんの声をパワーに変え、なんとか3度目の手術を乗り越えることが出来ました👍
エールを送ってくださった皆様、本当に、ほんとうに有難うございました♡
応援メッセージ日記を立ち上げてくださったまめちびさんを始めたくさんの方に支えられ・・・感謝の気持ちでいっぱいです(≧▽≦)

とうとう左右両腕のリンパ節が無くなってしまい、今まで以上に不自由な生活になってしまいましたが今後の治療に向けて自己リハビリに励みつつお婆ちゃん状態になってしまった体力を回復しなければです💧(笑

少しづつになりますが、今回の入院日記を書いていこうと思っています。

イルイル仲間に出会えて本当に良かった(o^^o)
有難うございました🍀

【写真】
①② 御見舞に来てくれた友人に可愛いお菓子をもらいました。
   出目金と金魚がとっても可愛く綺麗でテンション上がりましたw

③  院内の窓から空を撮るのが日課になっていました。
   敷地内の森を見てるとまるで避暑地にいるようでした(笑

④  さくらまいこちゃん...

もっと読む

240 view
2017/08/11 08:39

皆さんの気持ちを胸に、落ち着いて手術に挑むことができ、無事に生還いたしました😌
お会いしたことも声すら聞いたことのない私の手術を応援してくださり、本当に本当に有り難うございましたm(__)m


まめちびさん、有り難う🍀
kazuさん、有り難う🍀
びびあんさん、有り難う🍀
まいこちゃん、有り難う🍀
ゆきたくさん、有り難う🍀
ゆず@さん、有り難う🍀
しーちゃんさん、有り難う🍀
東雲さん、有り難う🍀
クレヨンさん、有り難う🍀
べるさん、有り難う🍀
ジェコさん、有り難う🍀
さくらすみれさん、有り難う🍀
ぴいままさん、有り難う🍀

どらへもんさん、有り難う🍀
アリーナさん、有り難う🍀
SARA,さん、有り難う🍀


この世に存在する言語では表現できないくらい感謝しています✨
本当に有り難うございました😌

連日の猛暑、皆さんも体調に気をつけてお過ごしください☀

写真① 今回もふなっしーと一緒に入院です🌼
写真② 両腕どちらも針が刺せなくなってしまい、足を使うことに…すねに刺すも血の戻りがなく何度も刺し直したり、めっちゃくちゃ痛いです(>_<)

取り急ぎ、ご報告まで🍀🍀🍀
有り難うござい...

もっと読む

217 view
2017/07/21 21:24

少しご無沙汰してしまいました。
手術のことやこれからの生活のことなども含めどうにも心の整理がつかず日記を書く余裕がない日々でした。
手術日も決まったのでそろそろ書こうかなと思っていた矢先に麻央ちゃんの事があり・・。

先日の外来で、7/18に入院、7/20に手術を受けリハビリを含め約3週間の入院と決まりました。
左腕には針が刺せない、今回は右側の手術なので右腕も使えない・・
ってことは針刺しは足?!など色々考えすぎてしまい凹んでいました。

比じゃないくらい大変な麻央ちゃんが頑張っているんだから私も強くならなきゃ!と毎日思っていました。
面識のない有名な人なのに彼女のブログを読み続けいてるうちにいつしか身内のような・・妹・娘のような感情になっていました。
おそらく真央ちゃんもトリネガだったと思います。
そう思うとより強く奇跡が起きることを願っていました。
報道を知って初めて、思ってる以上に麻央ちゃんに依存していた自分に気づきました。

麻央ちゃんの意思を少しでも引き継げるよう、早く癌をやっつけてアドバイザーの勉強を再開したいです(泣)

久々の日記がこん...

もっと読む

210 view
2017/06/26 00:35

今日、穿刺吸引細胞診(FNA)を受けてきました。
マンモトームのような麻酔は無く注射針を刺すだけだから大丈夫うと言われましたが、右側に針を刺すのは初めてだったのでどんな痛みなのか分からずずっと憂鬱でした💧

エコー室に呼ばれると仰向けに寝かされました。
女医さんが現れ、エコーで腫瘍の場所をチェック。
チェックしている間、緊張がバレたのか
「そのタオル、今治ですよね。私も使ってますが柔らかいですよね~」と気を紛らわせてくれました(^_^;)

「少しチクッとしますよ」

刺さった瞬間は少し痛かったですが、それ以外はほぼ無痛でした。
何かを揺らしている感覚があり数分ほどで針が抜かれ、採取できてるか確認したのち普通の絆創膏をペタッと貼られ終了しました。
今夜はシャワーのみ、お風呂を出たら絆創膏を剥がして大丈夫ですと注意事項を聞き部屋を出ました。

以前から、細胞を採取する検査なのに麻酔をするものとしないものがあることを不思議に思っていましたが・・今日分かった気がします。

【細胞診】=穿刺吸引細胞診(FNA)は、麻酔ナシ
【組織診】=マンモトーム生検は、麻酔...

もっと読む

168 view
2017/06/05 17:16

今日、検査結果を聞いてきました。

PETおよびMRI検査でも右リンパに36mmの腫瘍が認められたとのことでした😢
右乳房や他には転移が見られなかったのでリンパ郭清手術をする事になりそうです。
今後の流れは、6月5日に細胞診検査を受け21日に結果を聞き手術日を決定するとのこと。


待合室で偶然会った患者友達さんたちと少し話して別れたあと、乳腺科事務のA子さんが心配して来てくれました。
先に検査結果のカルテを見てくれたようで
「やっぱりリンパに黒く映ってた。先生の診断待ちだけど、他には何も無さそうだよ^^」と教えてくれました。
私の気持ちをいつも気遣ってくれて・・
先生に聞きづらいことも聞いてくれて・・・
泣くはずではなかったのにA子さんと話していたら自然と涙が溢れてきました。

手術前に必要な採血・心電図・肺の検査を終え、再度診察室前に戻ると
A子さんが待っていてくれて細胞診の説明をしつつまた励ましてくれました。

A子さんから 『先生に、「CHISAKIさんの様子はどう?気持ちは大丈夫そうかな」って聞かれたから、「お友達と話していたよ。でも私が話...

もっと読む

187 view
2017/05/31 19:29

先日やり残した腹部エコーを終え検査結果を聞きに診察室へ。
先生が口を開く前にカルテに書かれた文字が目に飛び込みました。

「右リンパ節に35mmの・・・・・」

ん❓なにそれ❓誰かのカルテと間違えてるんじゃない?と思いましたが、私の名前がハッキリ書かれていました。

11/28に全摘してからちょうど6ヶ月。
今までも、術前の検査でも何もなかった。触診でも大丈夫と言われた右側に何が起きてる?!

「エコーの画像を見る限りでは悪性の可能性が高いね。5/26にPETとMRIの検査して結果によってはマンモトーム検査して、もし悪いものだったら手術となるかな。
リンパだけに出来るっていうのはあまり聞いたことがないね・・」と言われました。
過去に何度も書いている造影剤の同意書、間違いだらけの用紙になってしまいました。
私「先生ごめん、間違いだらけになっちゃった」
先生「いいよ。そうなっても仕方ないよ」
普段、患者の気持ちに寄り添うような事を言わない先生が慰めてくれました。

診察室を出ると、すぐ隣りにある患者会の部屋へ。
そこには両胸手術した人、リンパ浮腫の人など...

もっと読む

259 view
2017/05/25 00:23

ここ数年、気温上昇やゲリラ豪雨等の影響か庭の草木の成長がとてつもなく早く感じます。
毎年業者に頼んで手入れをしてもらっていますが、今年は治療費や薬代などで経済的余裕がなく・・利き腕が思うように使えない私の代わりに弟夫婦が手入れに来てくれました。
作業してもらっている間、弟夫婦が飼っているワンコ(♂)「ちびまる」と遊んでいました🐶
会うのはまだ3回目なのにとても人懐っこくめちゃくちゃ可愛いです♪
隣においで~と呼ぶと身体をピタッとくっつけて寛いでました(*´艸`*)
夕方頃、少しなら大丈夫かなと思い細い枝を切ろうとノコギリを使ったとたん腕がパンパンに・・こんなことも出来ないのかと少しショックでした(泣)
気がついたらリンパが復活していた!なんてことにならないかな・・。


そして先週、高知の友人が東京に来ているとのことでお茶した時にクッキーを貰いました🎵米粉で出来ていてサクッと美味しかったです😊
米米ファンがきっかけでかれこれ28年来の友人なんですが、昨年子宮体がんを患い現在も治療中で会話の殆どが病気の話になってしまいました。
私と同じバセドウ病にもかかっていたこと...

もっと読む

128 view
2017/05/22 16:52

2016年11月の全摘手術から約半年。
今月は術後半年検査があります。
昨日、外来診察の時「5/24に検査ね。今日このあと出来る検査を先にやっちゃおうか」と主治医。
予定外の検査は入り「持ち金足りるかな💧」と心配しつつ、胸部エコー・骨密度・CTを受けてきました。
検査の中で一つ方法が変わっていたことがありました。
今までの骨密度検査は腕を装置に入れて棒状の物を掴み1分ほどの計測で簡単に受けられましたが、今回はCTのような機械に寝かされ腰骨と足の骨を撮影されました。より詳しく骨密度が分かるのかな❓
最近ちょいちょいこういう変化がありますが患者としてはちょっとした事でもドキドキしてしまうので一言言ってくれぃ❗と思いますw

初発の温存手術後は切除した腫瘍が大きかったこともあり残した乳房がすごく心配で約6年の間、検査の度に恐怖心MAXでした(・_・;)
そして今回、再発して全摘後初の検査。
以前と違い、無くなった左乳の再発リスクは低くなったと思うけど骨や上部に多少残っているお肉(笑)は大丈夫か・・・右乳房も心配になってきました(汗)
どんな状況にせよ心配は尽きないですね...

もっと読む

186 view
2017/05/11 01:36

関東はよく晴れていますが午後から急に強風が吹き出し、雨雲を呼び寄せそうな勢い🌄

仕事をしていない間、どうにも16時頃にお腹が空き食べてしまう悪いクセがついています。
会社にいれば食べたくても食べられない状況ですが家に1人でいるとつい💧

軽いお菓子にしておけば良いのに、最近は麺類やパンなど好きな物を食べてしまいます(^_^;)
最近ハマってるのが「マルタイのラーメン」。
棒状の麺で2食入り100円ほどで購入できる昔懐かしいラーメンです。
チャーシュー&ごま油でシナっとさせた長ネギなどを加え適度な歯ごたえでツルツルっ♪
コスパ最高だし美味ですw(ちなみに20%減塩 笑)

今日は、食パンを軽くトーストしポテトサラダとハムを挟みガブっ♪
食べるまでは楽しいですが、その後の罪悪感が・・・・・。
肥満は再発につながるから少し痩せなさいと言われてるのにこれだもの。┐(´д`)┌ヤレヤレ

すでに4社ほど落とされましたが生活のため・治療のため・痩せるために諦めず早く仕事を見つけなくちゃ(・・;)

158 view
2017/04/25 17:31

以前日記にも書いた入院病棟の看護師Oさん。
ご自身も両胸全摘&子宮全摘の経験を持つOさんが今年に入って病院を退職されたと人伝に聞きました。
その人とは時々フェイスブックでやり取りしていて、辞めようと思ってる事は何となく聞いてましたが昨年入院した時は何も言ってなかったしまさかこんなに早く辞めてしまうとは・・ショックでした💧

昨日、今までの感謝の気持ちをメッセージで伝えました。
その返信には、少し離れた場所で訪問看護師として活動してる事や、これからも変わらず乳がん患者さんを支援していく。と書いてありました。ご自身もまだ定期検査を受けている患者さんなのに本当にすごい。

ピンクリボンアドバイザーを勧めてくれたのもOさんでした。
BECの方が実用的だよと教えてもらいBECって何?とネットで調べてみると「乳がん体験者コーディネーター(BEC)養成講座」というサイトを見つけました。
受講資格がいくつかありその一つは
【主たる治療(手術・放射線療法・薬物療法など)を終了した乳がん体験者】でした。
条件には当てはまるけど・・受講料がとんでもない金額💧
前期9万円・後期5万円は...

もっと読む

124 view
2017/04/25 01:43

予報が外れた雨の土曜日、お世話になっている病院の患者会に参加してきました。
同じ乳腺科の患者さん達が10年前に立ち上げた会で初発の頃から時々参加しています🌸
乳ガン体験談やリンパ浮腫の話し、主治医の話しなどの講演もあり、同じ病室だった人や初めましての方とお互いの声が聞こえないくらい賑やかなおしゃべりタイムもあったり(笑)
今回、会報に体験談を載せたいから書いてと頼まれ原稿を渡したんですが更に体験談の発表もお願いねと頼まれてしまい💧
マイクを使って約50人ほどの前で話してきました😱
人前で、しかも主治医がいる場所で話す事がとても恥ずかしくストレスでした(>_<)

今回の講演で特に印象に残ったのが「緩和ケア」についてでした。
「緩和ケア=終末期.ホスピス」という間違った解釈をしてる人が多いとのことで、もれなく私もそうでしたし周りの皆さんも同じでした。
本来の緩和ケアとは、初診の頃から活用でき、主治医には相談しにくいメンタル面や経済面などとにかく不安や悩みを話す事が目的だと言うことだそうで、もっと早く知りたかった~と思いました😓
自分が目指そうとしてる事にも関係していたのでとても有意義でし...

もっと読む

54 view
2017/04/23 01:28

興味を引くタイトルのときだけ購入しているPHPspecialシリーズ。
昨日本屋さんに立ち寄ったとき、1冊気になるタイトルがあり購入。
「心を励ますいい言葉」
まだ途中までしか読んでませんが偉人の言葉なども書かれていてなかなか奥が深そうです。

他に「心理カウンセラーをめざす人の本」という物も見つけました。
目指すための基本的な事が図解などで分かりやすく載っていました。
今度買ってみようかなと思っています(^_^)

48 view
2017/04/20 01:46

先週、4年ぶりに原千晶さん主催の患者会「よつばの会」に参加してきました🍀
久しぶりに会う友人や偶然会えた友達、初めましての方も含め10人ほどでワイワイおしゃべりして楽しいひとときでした。

と、突然1人の乳がん患者さんが大粒の涙を流しているので理由を聞くと
「分かり合える人たちと気持ちを共有し話ができたことが嬉しくて泣いてしまった」との事でした。
このことでカウンセラーに対する気持ちがより強くなり、以前初級を受けたという友人にパンフレットを貰い・・
帰宅後さっそくピンクリボンアドバイザー認定試験に申し込みました。

よつばの会は子宮・乳房など部位に関わらず婦人科系癌の女性を対象にした会で、子宮系のことなど乳がん以外の経験談なども聞けてとても心強いです。もう、とにかく皆んな明るい(笑)
一人でも気軽に入れるカフェスタイルやアロマ教室、マクロビ教室やヨガ教室、ベリーダンスなどなど催しなども多数あります。
入会には一度会に参加する事が条件ですが過去に関西や九州方面、北海道、東海方面などでも行っていて千晶さんの都合が合えば東京にこだわらず開催される事もあるそうです。
今度の日曜日、またピンクリ...

もっと読む

73 view
2017/04/11 14:18

あちこちで開花の知らせが届いてますが、まだ咲き始めの所も多そうですね🌸
東京はまさに今が見頃でどこに行っても街並みがとても華やかです。
毎年恒例になりつつある「満開直後に雨」。
今年も例外ではなさそうで早く散ってしまわないか心配💧
綺麗な内にと近所や吉祥寺の井の頭公園で写真をたくさん撮りました(^_^)

30 view
2017/04/07 11:54

今日は3ヶ月に一度の診察日でした。
採血があったため一時間早く行き、薬局で抗がん剤薬を受け取るまでおよそ4時間半かかり少し疲れました💧

採血室で患者会での知り合いに会い、待合室では入院中知り合った患者さんに会い3人でおしゃべりしていたのでさほど待ち時間は長くは感じませんでした(^^)
以前日記にも書いた受付事務の人もいて今回も色々助言してもらい気持ちが救われました。

診察中、ずっと気になってたことを先生に聞きました。
それは再発時の「ステージ」について。
返ってきた答えは「再発にはステージってないんだよ」との事。。。
ん?そういうものなの?と疑問は残りましたがそれ以上は聞きませんでした。
また、何故か初発時のステージもハッキリ聞いてなかった(記憶から抜けてた?)気がして、自分で調べた結果の「ステージⅢb」で合っているのか聞いてみました。
カルテを見返し・・やはり「Ⅲb」でした。

私「てことはあの当時末期手前ギリギリだったんですね・・・こわっ💧」
先生「そうだね~。でもなんで今更怖くなるようなことを聞くの?」と笑われ、診察室にいた看護師さん、受付事務の人...

もっと読む

60 view
2017/03/29 17:26

以前TVで知りどんなところか調べてみました。

http://maggiestokyo.org/

『「マギーズキャンサーケアリングセンター」(以下マギーズセンター)は、がんになった人やその家族、友人など、がんに影響を受けたすべての人が予約なしで気軽に立ち寄り、必要であれば医療的な知識のあるスタッフからのサポートを無料で受けることができる癒しの空間です。』

『マギーズセンターの一番の利点は病院の外にあることだと言います。「病院には相談支援センターもありますが、問題がはっきりしていないようなモヤモヤした状態の時には、どう相談していいかわからないから、予約を取るのも難しい。また病院にいると、どうしても患者という役割をしなくてはいけませんが、病院の外では少し自由になれる。自分を取り戻すための場所です。』

こういう場所を提供してくれるのはとても有り難いけれど
癒されに行くには同じ東京でも少し遠すぎますわ(-_-;)

29 view
2017/03/28 16:15

添付写真は友人がくれた御守です😊

どんなお寺か気になり検索すると・・
東京都江戸川区にある唐泉寺の和尚は愛娘を急性骨髄性白血病で旅立たせたのを機に、世の無常を感じ出家。
住職ご自身も咽頭に腫瘍が発生したが、愛用のハーレーダビッドソンで、西国三十三箇所の巡拝にでかけ、仏恩によりその腫瘍は消滅した。そのような縁により、この寺はガン封じとして知られるようになった。
というお寺でした。
愛知など他にも癌封じのお寺があるようです。

カードタイプは嵩張ること無くずっとお財布に入れています(o^^o)
病は気から、なにより友人の気持ちが嬉しかった。
お参りに行きたいし、この所忘れっぽくなったので「ぼけ封じ」も欲しいです(笑)

33 view
2017/03/25 13:50

乳がん発覚のちょうど一年前、医療関係の仕事をしていました。

医療の知識がなくてもできると採用になった3ヶ月間の短期派遣でした。
奇しくも「ある抗がん剤の副作用」に関わる内容で、まだ癌に対し無知だった私にとって驚くことばかりでした。
副作用一覧には「悪心・皮膚の乾燥・爪の変形または変色・吐き気・めまい・色素沈着・貧血・間質性肺炎・味覚障害・下痢・湿疹・口内炎」等・・副作用ってこんなにあるの?と不思議に思いながら仕事をしていました。
脱毛や吐き気はドラマで見て知っていたけど、こんなに色々な症状が起きるとは。
でも実際にどういう状態になるのか想像出来ませんでしたしどこか他人事としか思えませんでした。

その仕事を終えてから一年後、まさかあの不思議に思っていた症状が自分の身に起こるとは・・青天の霹靂でした。
この仕事をしていた時にはすでに私の身体の中で癌細胞がスクスクと成長していたんだなと考えてしまいました。
もしかしたら天国の両親が乳がん検査を受けるよう導いてくれていたのかもしれません💧

33 view
2017/03/24 01:10

今回はまめちびさんの日記を読ませて頂いてた時ふと思い出したことを書こうと思います(*´ω`*)

昨年の入院中のこと。
同室の1人にAさん(60代)という全摘予定の人がいました。
私と同じ日に手術を受けると聞きましたが、胃や腸の検査があるとかで1週間早く入院されていました。
ちょうど私が入院した日に腸の検査をしたらしく、検査用の薬が気持ち悪かったのかずっと具合が悪そうで気の毒でした💧
ずっと看護師さんや消化器科の先生が入れ替わり来ていたんですがその理由が・・・
Aさんがずーっと「気持ち悪い~」「死にたい」「もういやだ~」「ウチに帰る~」」と騒いでいたからでした(・・;)
誰がなだめても一切ダメで根比べしてるかのようでした(^_^;)
私自身も手術前でナーバスになっていたので昼夜ずっと聞いているのはとても苦痛でした💧

その後Aさんの体調も回復し、手術は予定通り午前中にAさん私は午後に行われました。
翌日、回復室から病室へ戻りAさんの様子が心配でしたが・・・予想的中。
Aさんのお姉さんが泊まり込みで付き添っていましたがまた騒ぐようになり。。。さすがに私もげんなり...

もっと読む

65 view
2017/03/21 21:10

かかりつけの病院では入院中食事のとき
移動できる人は同じフロアの人全員が食堂で食事をしています。
男性がいたり消化器系の人や糖尿科の人など、入院患者数が多い時はとても賑やかです😊
特に乳腺患者はやかましい(笑)

昨年末の入院時も同じように食堂で食べ、違う部屋の患者さん友達もできそれが一つの楽しみでした。
ふと食堂の壁を見ると「感染予防のため昼のお茶出しは中止しています」と貼り紙があり、以前はあった「やかん」が無くなっていました。

そんなある日、突然「今日から各自ご自分の部屋で食べてください」と言われました。
ひとつ下の階でインフルに感染した患者さんが出たので感染予防の為という理由でした。
それからはワゴンで運ばれるトレイを運びベッドの上で食べるようになりました💧

私の向かいのベッドには糖尿の患者さんがいてとても仲良くさせてもらっていたんですが、食事療法をしているその方とは違うメニューのため「これは美味しいね」と話してもその人のメニューには無かったり・・食べるのにも少し気を使いました(^_^;)
お菓子を食べる時もその人に気を使いながらこっそり・・なんて事...

もっと読む

36 view
2017/03/20 12:57

温存のときも全摘のときも少し気になった事があります。

冷たい飲み物を飲んだ時に手術した側の胸辺りを水分がスーッと通っているように冷たく感じます💧
食道が移動しちゃった?!なんて、馬鹿なことを思ったり(笑)

手術直後は特に感じました(^_^;)
今もアイスコーヒーを飲んだら冷たい感覚があったので
そういえば・・・と思い、日記に書こうと思いつきました(笑)

この感覚ってみんなあるのかな。
自分の身体なのにまだまだ知らないことだらけです(^^ゞ

31 view
2017/03/18 21:34

入院病棟勤務の看護師さんなんですが、両胸&子宮を癌で全摘されている方がいます。

一度目の入院時、年齢も近いことから仲良くなりFacebookで繋がっていました。
ここ数年連絡はしていなかったのですが、再発してまた入院することをメッセージで伝えると「辛かったね。病院で待ってるよ~」と返事がきました😄

以前入院した時、その人が片方の胸を全摘したと聞いていましたが、
連絡を取っていない間に残ってる胸と子宮をも摘出したと聞きビックリしました。
自分の体が大変なのに夜勤もある不規則なシフト、体力も気力も必要とする仕事をこなしているなんて。。。
ボソっと「仕事辞めようかと思ってたんだ」と言っていました(・_・;)

本人は「もう女じゃないのよ~ 笑」などあっけらかんと話していますが、想像を絶する辛さだったと思います💧

片方の乳房全摘で弱音を吐いていてはダメだ(;^_^A

36 view
2017/03/17 13:42

こちらのサイトを利用し始めて約1ヶ月になります。早いなぁ・・・💧
まだまだ自分の知らない事の多さに驚いたり興味深いお話を聞かせていただいたり・・。
いつも有難うございます。

利用する際、
一度投稿したら編集や削除ができない事が多く、言葉・文章などに注意して記入しています💦
今後色々と改善されていくのかな(^_^;)
それと、質問や日記の「分類」を選択する時どれもピンとこないことがあり、自分でジャンルを増やせるようになればと思います。
立ち上がったばかりのサイトなのでこれから徐々に使いやすくなると良いな♪

文字だけのお付き合いで顔も声も何もわからない方同士なのに気持ちが通じるってなんだか不思議です♪
仲良くなった方と直接お話してみたい、なんてご法度な事も考えてしまいますが分からない同士だから話せるという事もありますよね(^^)💦

いつも日記を読んでくださったり、質問にコメントを残してくださる方、❤や🌟を残してくださる方々にとても感謝しています😄
本当に有難うございますm(_ _)m

(と、書き終えたところで運営側から何やらリニューアルについてのお知...

もっと読む

41 view
2017/03/15 15:30

手術や抗がん剤など、治療が始まってから「聞いてないよ~」と思ったことが幾つかあります。

「一度放射線を当てた箇所にメスを入れると傷が治りにくくなる」と全摘の事前説明で初めて聞きました。
一度目の温存手術の時に聞いていたら違った選択をしていたかも知れません(´・ω・`)

抗がん剤の後遺症についても「血管が固くなり血の戻りが無かったり針が刺しにくくなる」「指先にしびれが残る」などなど・・。

当時は「自分が癌?!」というだけで混乱してたし、聞き逃してることもあるのかな。

再発することを前提に聞くのも変だし、治療前にあれこれ知らなくても良いとは思うんですが事後に聞くと少しショックです💧

あの時あーしてたら、こうだったらと
タラレバ女になってしまいます(^_^;)

36 view
2017/03/11 13:18

2011年3月4日。
6年前の今日、初めて抗がん剤を経験しました。

当日の午前中に入院し14時から点滴開始。
「お昼は食べてくださいね」と看護師さんは言うけど
恐怖で食事どころではないし慣れない入院に不安いっぱいでなかなか食が進みませんでした😥

ガッチガチに緊張してる私に対し、針刺しの看護師さんは淡々と仕事をこなしていく・・。
「では点滴落としますね。5時間ほどで終わります。」と言われ、眠ることもできず1人ボーっと終わるのを待っていました。
最強の【赤い点滴】は強烈に覚えています。

それから数年経った時、TVドラマで赤い点滴のシーンを見て具合が悪くなりました😅
あの頃味わった体調不良は何年経っても身体が覚えてしまっています💧

34 view
2017/03/04 20:49

今までの仕事はオフィスワーク系に長年携わり、時には軽井沢の遊園地でバイト、秋葉原の量販店でレジなど
好きなアーティストライブなど趣味のために仕事をしてきました。

しかし病気をして以降、生活費・治療費を稼ぐのに精一杯な毎日(^_^;)
その中で今まで考えもしなかった事をやりたいと思うようになりました。
「カウンセラー」です。
経験者だからこそできる仕事なのではと思いました。

入院中、仲良しの看護師さんと話していた時「ピンクリボンアドバイザー」や「ベスト・サポーティブ・ケア(BSC)」「With You Tokyo」など色んな団体があると教えてもらいました。

夢を叶えるにはまず自分が元気にならなくては・・です💧

33 view
2017/03/03 16:26

乳がんでお世話になっている病院は家から自転車で20数分位の所にあります。
院内に歯科などもあり近隣の中では比較的大きな総合病院。
乳腺科や病棟の看護師さんは皆フレンドリーでいつも助けられています。
中でも初めてのマンモトーム(細胞診)を受ける時、まだ身体に針を刺すことに慣れておらず、しかも人生初の部分麻酔だったため不安と恐怖を抱え待合室に座っていました。
すると顔見知りになった看護師さんが来て「リストにCHISAKIさんの名前が載ってたから来たよ~」と小心者の私を心配し立ち会ってくれました😅

また、受付事務の女性は今まで数百人という患者さんと接しているにもかかわらず毎回声をかけてくれ話し相手になってくれます。
再発かもしれないと相談すると1ヶ月待ちと言われた診察日を「そんなに待てないよね!」と翌週に入れてくれたり、再発の結果を聞く時もずっと手を握っていてくれたりと心身とも本当に助けられています。
カウンセラーの先生よりよっぽど心のケアをしてもらってるかも😆

通院しやすいよう近くの病院を選択したのがキッカケでしたが
この病院で診てもらって良かったと思ってます😌
...

もっと読む

43 view
2017/03/01 12:27

温存の時は乳頭の上から脇の方へ結構長くメスを入れた。
全摘は真横に切りそのまま脇の方まで切った。
どちらも15センチ程切ったと思う。

これだけ身体にメスを入れたら、のたうち回くるらい痛そうなイメージだけど麻酔が切れてもそんなに痛みを感じないのはなんでだろう?
普段、指先を少し切っただけで痛いのに(T_T)

まだ神経が戻っていないのも関係してるのかなぁ。
本当に不思議w

29 view
2017/02/28 00:19

2011年3月4日に初めて抗がん剤の点滴を受けました。
それからちょうど一週間後の3月11日、あの震災が起こりました。

点滴後一週間経ち吐き気止めの薬が切れ、気持ち悪さでぐったり横になっている中で長く大きな揺れが重なりパニックになりました。
この時ばかりは結婚もせず1人でのほほんと生きてきたことを後悔しました。

ある日、震災にあわれた方のインタビューを見ていた時
癌患者の女性が毎日欠かさず飲まなくてはいけない薬も津波で流されてしまい新しい薬ももらえず、どうしたら良いのか分からないと涙ながらに話していました。
不謹慎かもしれませんが、自分よりもっと大変な思いをしている人がいるんだから頑張らなければと思いました。

あのインタビューを受けていた女性は元気で過ごしているのか、
今でも時々思い出します。

32 view
2017/02/24 13:58
日記を投稿