たいようさんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

自分が異形成と分かってから、芸能人の子宮頸がん告白などが目に止まるようになりました。自分がそんな立場ではなかったら多分スルーしていたと思いますが、やはり同じような境遇の方や、もっと症状が進んで闘っている方がいることを知ると、自分ももっと前向きに頑張ろうとか、芸能人の方は大丈夫なのかとか心配になります。やはり、自分が経験しないとわからないことって沢山ありました。最近は本当に自分の身体の調子に敏感になりすぎています。数日前からちょうど生理だったのですが、それに伴っての下腹部痛がいつもより強く、出血の量が以前より少なくなってきているので、これもホルモンバランスに関係あるのかなと心配になっています。子宮頸がんは以前は40代が多かったようですが、今は30代後半が多いと聞きます。そして、性交渉のパートナーが多いと発症するリスクも高いとネットに書いてありました。私は若い頃はそういった情報を何も持ってなかったので、今の若い世代の人たちに、伝えたい気持ちでいっぱいです。後悔しないためにも、自分を大切にして、そして若い頃からしっかりと色々な検診を受けるべきだと思います。何かあるかもと、心配で受けたくない気...

もっと読む

48 view
2017/03/19 01:33

異形成と診断されて、数ヶ月経っています。次の検診を来週に控えています。親しい看護師の友人などにも色々相談したりして過ごしています。異形成と診断されてから、身体の変化には敏感になりました。そして、少しでも自分の事を知ろうと基礎体温をつけるようにしました。
まだ特に治療もしていないので、何となく妊活は続けていますが、今度の検診でしっかり話を聞こうと思っています。30代になり、妊娠にも焦ってしまいますが、やはり自分の身体の調子をしっかり整えなければ、先の子育てができない気がするので、今は自分のことを知ろうと努力しています。元々子宮筋腫もあるせいなのか、時々下腹部が痛むようなこともあるので、それが排卵なのか、子宮筋腫なのか、それとも異形成のせいなのか、これも基礎体温をつければ何かしら分かるかなと思い、ここ数ヶ月は記録しています。
まだ数ヶ月なので、基礎体温をつけたからといって、あまり自分で分かることはありませんが、やはり疲れた時や、不規則な生活をした時は、体温が乱れるので、やはりつけることには意味があるのかな、自分のことを自分で管理するにはいいのかなと思っています。祖母も検診で子宮ガンと診断さ...

もっと読む

52 view
2017/03/18 01:24

ガーゼを取って、数日は多少出血が続いたので、ナプキンやオリモノシートを使用していました。ネットで調べると、性行為は組織を切り取ってるので、そこから細菌が入る可能性もあるので、控えた方がいいと書いてあるものもあったので、妊活も結果が出るまで控えることにしました。それに組織検査まですることになったのだから、どんな異常があったんだろうと毎日が心配でした。特に祖母が子宮ガンだったので、もしかして、私もそうなのかと考えれば考えるほど、悪い悪い方へと気持ちが向かってしまいました。そして、数週間後、結果を聞くために病院へ向かいました。1人じゃ心細かったので、実家の母と一緒に行きました。
結果はやはり異形成と言われました。ホルモンバランスの状態でまた変わる可能性もあるので、引き続き経過を見て行くと言われました。今すぐ何かをするということにはならなかったです。でも何かしら異常があることには変わりはないので、自分の体調の変化をよく見ていこうと思いました。初めて子宮頸がんを受けて、3年くらいでやはり結果が違ってきたので、もっと細かく検診は受けるべきなんだなと改めて思いました。特に子宮頸がんは初期は無症状も多...

もっと読む

52 view
2017/03/17 00:54

そして、次の日内診の時に止血のために入れていたガーゼを取ってみることにしました。まず、お風呂場に行き、ちょっと出してあるガーゼの先をつかみました。そして、引っ張ってみました。引っ張る前の私のイメージは、ほんのちょっとのガーゼを入れてあるようなイメージでしたが、実際はだいぶ違いました。最初、引っ張ってみてもびくともしない感じだったので、次は力を入れて引っ張ってみました。すると出てくる出てくる、長いガーゼが次々と繋がって……。
イメージでいうと、手品師さんが、帽子から万国旗をいつまでもいつまでも出している感じです。
しかも、そんなキレイな楽しい万国旗とは違い、なんともまぁ恐ろしい、私の場合は真っ赤に染まったガーゼたちでした。一気に恐ろしくなりました。これって大丈夫なのかなと。私が色々ネットで検索したところには、そんなに血がついてなかった等と書いてあったので…。とりあえず、全部引っ張り出しました。そして、その真っ赤に染まったガーゼをビニール袋に入れ旦那のもとへ。
「やばいくらいの血で染まったガーゼやけど、これって大丈夫なのかな?見て」とお願いしたけど、「それはさすがにきつい。う○ち見ても言っ...

もっと読む

49 view
2017/03/16 00:31

そして、いよいよ診察室に入りました。少し問診があり、それから内診室へ。最初はコルポ診のようでした。そしてその後「少し細胞を切りますね」みたいなことを言われたと思います。「痛いですか?」と尋ねると、「少し切るのでちくっとするかもしれないですね」と言われました。すごく緊張していたので、やはらチクッとした痛みがありました。そして「多少出血きますので、ガーゼを詰めますからね」とら言われましたね。検査自体はあっという間だった気がします。その後もう一度、診察室に呼ばれて、「やはり異形成があるようなので、詳しく調べるために細胞を取って検査しています」「ガーゼは今日まで念のため外さずに、明日外すようにしてください。ガーゼの先が出ているので、それを引っ張って外してください。」と言われました。あとお風呂のことも聞くと、検査当日は入浴禁止、その後は出血の様子を見て、みたいなことを言われました。性交渉については、なんか恥ずかしくて聞けませんでした。私はちょっとの血を見るだけでも大げさに焦ったりするタイプなので、どの位の出血なのか本当に気になりました。なので、何度もトイレに行って確認してしまいました。ガーゼをし...

もっと読む

52 view
2017/03/15 00:43

そしていよいよ精密検査を受ける日がきました。大きな病院だったので、そこにいるだけで、なんとなくフワフワした気持ちになりました。産婦人科は二階でした。診察室の前の椅子には、妊婦さんも沢山いました。「あー、私も周りから見ると、妊婦検診かなー」と思われてるのかな?等周りも気になりました。私はどよんとした気持ちなのに、周りは幸せいっぱいなのかな?とか、でも意外と周りの人も何かしら病気かかえてるのかもしれないし、それはやはり本人じゃないとわからないことだよねと思ったりと、待つ時間も長かったので、色々考えていました。ネットで調べると精密検査はすこし切るので、痛いとも書いてあったので、本当に不安で不安でいっぱいでした。
問診票に色々記入しました。身内に癌になった人はいないかや、妊娠、流産の有無、他にも色々ありました。1番衝撃的だったのが、癌の告知についての書類でした。こちらの病院の方針が本人に告知をするようで、1人で聞くのか、家族で聞くのか、聞かないのか、そんな感じの内容でした。
そして、いよいよ呼ばれました。ちょうどトイレに行っていたので、名前を呼ばれているのに気づいて、ちょっと小走りに戻ってきて...

もっと読む

45 view
2017/03/14 01:01

要精密検査のお知らせの紙と、子宮頸がんが受けられる病院の一覧表が掲載されていました。主人が以前、医療系の仕事にも携わっていたので、その一覧表の中のお勧めをまずは確認しました。自宅近くにもいくつか受診できるところはありましたが、なるべく避けたいなと思いました。主人の情報だけでは不安だったので、癌の経験者でもある親しい友人に相談しました。とにかく早く行きなさいと言われました。その後、母にも私も精密検査の連絡が来たことを伝えました。母は母で自分の精密検査のことでも頭がいっぱいでしたので、私も何とも思ってないふりをして、そのうち行くねと伝えました。しかし、色々と病院について調べたり、子宮頸がんについて調べれば調べるほど、どんどん不安になってきて、なかなか精密検査の予約ができませんでした。今は忙しいしと自分に言い聞かせるようにしてしまってました。結局予約を入れたのは、少し離れたところの大きな病院で、1ヶ月以上後の日でした。そして、精密検査の内容についてもネットで毎日のように調べました。妊活もしていたので、要精密検査になっているのに、妊活していいのか、検査後も結果が出るまでは妊活できないのか、そも...

もっと読む

43 view
2017/03/13 00:09

祖母の子宮ガン発覚が、私と私の母をきちんと健康診断を受けるという気持ちにつながりました。2人で健康診断の会場に向かいました。母は胃がん検診と子宮頸がん検診を受けたようです。私は一般の検診と子宮頸がん検診を受けました。結果は1ヶ月以内には自宅に郵送で届きますと言われました。今回も結果が返ってくるまで、本当にドキドキしていました。母と2人でもうそろそろだよねーなんて話したりもしていました。そして、暫くして、母の方が先に結果が返ってきました。母は子宮頸がん検査は異常なしでした。でも胃がん検診で要再検査でした。母もすごく落ち込んでいましたが、後々の再検査でピロリ菌がいたようで、なくす治療をしているところです。それから数日後、私の元にも検査結果が届きました。なかなか封筒を開けられず、いつの間にか夜になっていました。その位、何か必ず引っかかっているだろうという気持ちがありました。主人が帰宅して、「俺が見ようか」と言ってきましたが、さすがにやはり自分で最初に見た方がいいような気がして、思い切ってあけました。するとそこには何やら分厚い紙が!!これは何かあるなと思いました。すると要精密検査の紙が視界に入...

もっと読む

52 view
2017/03/12 00:01

流産という宣告をうけた一週間後、一応確認しますと言われていたので、診察に行きました。結果、綺麗に子宮から流れてしまったようで、手術の必要はありませんでした。ただ卵巣は腫れているけど、流産の影響だろうから、その後の通院は必要なしと言われました。最後に空っぽで腫れている子宮のエコー写真をもらいました。正直欲しくはなかったです。こうして2人目の妊娠は初期流産という形になってしまいました。もちろん妊婦検診も出来なくなったので、子宮頸がん検査もありませんでした。この時もし、受けてたらどういう結果だったのか気になります。その後、何度か生理を見送った後、妊活していますが、もう少しで2年経とうとしている今でも妊娠にはいたっていません。それも異形成と関係あるのかなーとも思わず思ってしまいます。きっと違いますよね。
そして、少し話は戻りますが、去年、市の無料検診に申し込みました。ちょうど私の年齢がプラス2000位で子宮頸がん検査が受けられたので申し込みました。結婚して仕事を辞めて健康診断も受けていませんでした。去年も受けようと思っていましたが、後回しにしているうちに申し込めなくなっていました。今年こそは受...

もっと読む

94 view
2017/03/11 00:01

2回目の検診をあと数日に控えていたある日、とうとう出血がありました。トイレで見た瞬間、「どうしよう」という気持ちと「あーやっぱりか」という冷静な気持ちの自分がいました。とりあえず急いで主人に連絡をしました。たまたま近くに仕事で来ていたようで、すぐに病院に連れて行ってくれました。病院に着くと、受け付けで出血がひどいことを伝えると、問診室に通されました。そこで、量はどれくらいかや腹痛の有無を聞かれました。生理4日目くらいの出血であること、痛みはよく分からないことを伝えました。そして、「これって流産ですよね?」と聞くと、看護師さんは「何とも言えませんが、それくらい出血があっても大丈夫なひともいるけど‥‥。」と濁されました。私も冷静に淡々と質問していたので、きっと何の励ましの言葉もなかったのかなと思います。その後、診察をするとやはり前回まで確認できていた胎嚢が、もうぼやっとあるのかないのか‥‥。診察が終わると、「おそらく、これからもっと出血してくるてましょう。初期の流産はあなたのせいじゃありませんからね」という言葉をかけられたと思います。この時初めて涙が溢れて来てしばらく嗚咽してしまいました。...

もっと読む

28 view
2017/03/10 13:13

子宮筋腫がある中でも、何とか1人目出産できました。ただ筋腫があるのが原因ではないとは思いますが、出産時間は40時間かかりました。産後も悪露は長く続きました。そして、一ヶ月後に、産後の一ヶ月検診に行きました。検診では子宮の様子の確認がありました。エコーを見せながら、特に問題はありませんよとおっしゃってくれました。相変わらず子宮筋腫もいくつかありましたが、ただサイズが少しだけ、小さくなっていました。妊娠すると筋腫が小さくなることもあるということです。でもまた出産後に大きくなってくることももちろんあるようなので、要観察と言われました。でもなかなか筋腫の確認に婦人科にいくことができていない状況です。ただ出産後、生理痛が軽くなり鎮痛剤を使用する回数も少なくなったし、経血の量も少なくなった気がします。やはり筋腫の影響だったんでしょうね。そして、その後はしばらく子育てに奮闘していて、筋腫持ちもすっかり忘れていました。
そして出産して一年たった頃、2人目を妊娠してることが分かりました。ただ1人目の時と違い、何となく不安でいっぱいでした。6週目に入った頃、無事胎嚢も確認できましたが、何となくそれでも不安...

もっと読む

35 view
2017/03/09 00:44

数週間後、結果が返ってきました。人生初の子宮頸がん検査の結果は、陰性でした。もう本当に嬉しくて嬉しくて仕方ありませんでした。それから半年くらい後に結婚しました。30代でしたので、結婚と同時に妊活を始めました。1人目は自然妊娠で授かることができました。そして、妊婦検診に子宮頸がん検診を受けるようになっていましたが、記憶は少し曖昧ですが、確か私は会社の検診で受けたばかりだったためか、妊婦健診での子宮頸がん検診はうけていません。そして、妊婦健診で子宮にいくつか筋腫があることがわかりました。またしても、その頃無知で子宮筋腫というものがどういったものか全然わかりませんでした。とりあえず、出産できない位置にあるわけではなかったので、急いで治療というわけではありませんでしたが、数センチの筋腫がいくつかあったようです。後から調べて知ったのですが、筋腫があると生理痛もひどかったり、経血の量も多くなるようですね。私は経血量が多く、2日目は夜用ナプキンをしたり、生理痛がひどくて鎮痛剤にかなり頼っていたので、調べたときに、筋腫で、生理痛がひどかったんだと納得した気がします。その筋腫のせいなのが、やはり妊娠中は...

もっと読む

23 view
2017/03/08 14:38

初めまして。私は36歳の専業主婦です。結婚3年目です。私が初めて子宮頸がん検診を受けたのは、会社の健康診断でした。ちょうど私の年代がプラス500円で子宮頸がん検診を受診できるということで申し込みました。申し込んだ後も何となくドキドキしていました。というのも、まだ子宮頸がんがどんなものかよく分かっておらず、これまでの男性経験等も影響するのかなと思い、申し込みを取り消そうかとも思っていました。でも取り消したいと申し出る勇気もなかったので、健康診断の受診日をなるべく後のほうにまわすことで精一杯でした。そして憂鬱なまま、当日を迎えまることになりました。当日はまずは一通り、一般の検診を受けた後の子宮頸がん検診でした。私の同い年の同僚も初めて受けるようで「緊張するねー」「痛いのかなー」と話しながら自分の順番を待っていました。先に検査した同僚が「大丈夫だよー」「そんな痛くなかったよ」と言って戻ってきたので、少し安心しました。私の順番が来ました。痛いのかなと思っていましたが、全然痛くなく、初めての子宮頸がん検査は終了しました。結果が出るまでも、もちろんドキドキしてましたし
、会社の人には知られちゃうの...

もっと読む

49 view
2017/03/07 18:34
日記を投稿