くまこさんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

手術から1週間。

この一週間は長かったです。
少し動いただけで疲れてしまい、腰も重たい感じでした。




今日は手術をしてから初めての診察でした。
名前を言われて診察室に入ると先生に
「○○さん。手術で取った部分の病理の結果なんですが、高度異形成でした。手術で取りきっていますのでこれで治療は終了になります。」と言われました。
「しばらくは3か月ごとに検査は受けてもらいますのでお願いします」と言われました。


やっぱり高度異形成だったんだ・・・とショックはありましたが、取りきったと言われひとまず安心。


「診察しますので内診台へどうぞ」と言われ診察を始めました。
「出血はしてますか?」と言われ「今の所大丈夫です」と答えると「これから手術をした部分のかさぶたが剥がれて出血するかもしれませんので無理しないようにしてください。入浴は1か月控えてくださいね。あと性行為も1か月は控えてください」と言われました。
そして「3か月後にまた細胞診をしますのでそれまでは妊娠はしないよう気をつけてください」と言われ診察室を後にしました。


車に乗り、まず夫に電話をしました。
「とりあえず良かったね...

もっと読む

70 view
2017/03/19 00:03

ついに手術の日が来ました。
めちゃくちゃ怖くて夜はあんまり眠れなかったです。


当日はご飯を食べることはできません。


手術前に麻酔科の看護師さんと麻酔の話をして下半身麻酔の選択をしました。
待合室で待っていると名前を言われ手術室に歩いて行きました。


下半身麻酔の為横を向いて丸まっていると消毒されました。
とても怖かったです。


打たれると「ズーン」としたような重い痛みがやってきましたが、しばらくすると全く痛みがなく感覚がなくなりました。


手術は20分かからないかぐらいで終わりました。




術後は下半身が動かない為、看護師さんが数人でベッドにヨイショ!と移動してくれました。


その後は尿管と点滴をつけられました。
そんなこんなしてるとだんだん腰が重たくだるくなってきました。
看護師さんに「頭上げちゃダメだけど少しは体制変えても大丈夫だよ」と言われましたが、尿管つけてるし腰痛いしどうしていいかわからない。
とりあえず主人と母に手術が終わったと報告。
疲れたので寝ようと思っていると、
「今日はお疲れ様でした。」と旦那からメールと子供の画像が送られてきたので癒された気持ち...

もっと読む

60 view
2017/03/18 16:16

前回大学病院に行った時に再検査をやり、1週間後に結果が出ると言われたので検査結果を聞きに行きました。

私の心臓は朝からドキドキしていました。
結果が悪かったらどうしよう。。。
最近何でも悪い方向に考えてしまいます。
癌だったらまだ子供が2歳なのにどうしよう。。。
色々な事を考えてしまいます。


待合室で待っていると「○○さんどうぞ」と言われて診察室に入りました。
すると「○○さん。結果はステージ0期の上皮内癌でした。」
先生に言われて涙がこみ上げてきました。
「これ以上進行が進まない為にも手術を考えて行きたいんだけど」と言われました。
それから円錐切除手術について詳しく説明をしてくれました。
「円錐手術をすると子宮頚管が短くなるので流産や早産するリスクが上がります」と言われました。
とてもショックでした。
私はまだ子供が一人しかいないから、もう一人は欲しいと思っていたので流産のリスクが上がると言われ手術がとても不安になりました。
でも手術をしないと進行していってしまうのでそっちの方が嫌だと思い手術を決めました。


そしてその日のうちに手術の日を決めてきました。


手術は来週です...

もっと読む

56 view
2017/03/17 08:24

前回大学病院に行った時に再検査をやり、1週間後に結果が出ると言われたので検査結果を聞きに行きました。

私の心臓は朝からドキドキしていました。
結果が悪かったらどうしよう。。。
最近何でも悪い方向に考えてしまいます。
癌だったらまだ子供が2歳なのにどうしよう。。。
色々な事を考えてしまいます。


待合室で待っていると「○○さんどうぞ」と言われて診察室に入りました。
すると「○○さん。結果はステージ0期の上皮内癌でした。」
先生に言われて涙がこみ上げてきました。
「これ以上進行が進まない為にも手術を考えて行こうと思います」と言われました。
それから円錐切除手術について詳しく説明をしてくれました。
「円錐手術をすると子宮頚管が短くなるので流産や早産するリスクが上がります」と言われました。
とてもショックでした。
私はまだ子供が一人しかいない為、もう一人は欲しいと思っていたので流産のリスクが上がると言われ手術がとても不安になりました。
でも手術をしないと進行していってしまうのでそっちの方が嫌だと思い手術を決めました。


そしてその日のうちに手術の日を決めてきました。


手術は来月です。...

もっと読む

52 view
2017/03/15 23:43

子宮癌と子宮頸癌の違いをまとめてみました。



子宮癌には「子宮体癌」と「子宮頸癌」の2種類があります。

「子宮癌」という場合は体癌と頸癌の両方を指す場合が多く、体癌はホルモン性依存の癌で、50代~60代ぐらいから罹患率が高くなり、出産経験が少ない方が発生率が高くなると言われています。
頸癌はウイルスが関係した癌で、20代から罹患し、出産経験が多い方が発生率が高くなると言われています。


子宮体癌

体癌はホルモン依存性の癌で、エストロゲンという女性ホルモンを原因にして発症します。
罹患率が高いのは50代~60代で、エストロゲンが多く分泌されている人ほど罹患する可能性が高くなります。
エストロゲンが多く分泌されているということは、「妊娠・出産経験がない人」ということです。
乳がんも同じ理由で罹患率が高くなります。
また、動物性脂肪を多くとる人の方が発生率が高いです。
そのため、肥満体の人や高脂血症の人、糖尿病の人などは罹患率が高い傾向があります。


子宮頸癌

子宮癌のうち、7割~8割程度を占めているのが頸癌です。
罹患率が高くなるのは20代以降で、比較的若い年代から罹患します...

もっと読む

60 view
2017/03/15 00:32

検索魔になってしまったので子宮頸がんを予防する方法を調べてみました!


1、体温を上げる

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスに感染したことが原因で発生するわけですが、ほとんどの場合は自身の免疫力によってウイルスが排除されます。
排除されなかった場合に子宮頸がんとなってしまうわけですが、排除がうまく行われない原因のひとつに免疫力の低下が挙げられるのです。

免疫力が弱まってしまうと風邪などの軽い病気にもかかりやすくなりますよね。
実は、体温が1度下がるだけで免疫力は30%も低くなってしまうと言われています。

現代人には低体温の人が多いと言われていますが、その理由として挙げられるのが筋肉量の低下です。
筋肉がしっかりついていると、それを維持するためにエネルギーを使うのですが、これが体温の工場に繋がります。
普段あまり運動をしないという人は、積極的に筋トレを行って体温向上を目指してみてはどうでしょうか?



2、食べ物に注意する

子宮頸がんだけでなく様々ながん対策として挙げられるのが、食べ物に関することです。
健康な身体を作るためにはバランス良く食事を摂らなければならないと言われま...

もっと読む

60 view
2017/03/14 00:37

婦人科クリニックで先生から大学病院を勧められたので家から近く、名医の先生がいる病院に行きました。
とても混む病院なので朝の7時に病院に行き番号札を取りました。
診察開始は8:30からです。
8:30までは暇なので携帯でまた子宮頸がんについて調べていました。
8:35に名前を呼ばれ診察室に入りました。
椅子に座ると先生はクリニックで書いてくれた紹介状を読んでいました。
「高度異形成から上皮内癌って診断だったんだね」
「でもこの結果だったとしても手術すればほぼ完治するから大丈夫だよ」と言われました。
「クリニックでも検査したけど、うちの病院でも一応検査したいから」と言われ診察台に上がりました。

検査は全然怖くありませんでした。
「検査結果は1週間後だから1週間後にまた来てね」と言われお会計を済ませて帰りました。
また結果待ちかー」長いな・・・


今日は手術の日程を決めるのかと思っていたので少し拍子抜けしました。


癌はストレスや免疫力の低下が原因だったりするので今日は早めに寝よう。と思い11時に寝ました。

36 view
2017/03/13 00:49

定期検診についてまとめてみました。


定期検診の流れ

①  問診
問診では問診票を記入し、医師から質問をされます。流産、中絶の有無、性交渉の経験ど答えにくい質問をされることがありますが、正直に話すことが大事です。その情報が外部にもれることは絶対ありません。

②  内診
内診台に乗り、医師による診察を受けます。子宮頸部の状態を目で確認することが視診で、内診では子宮全体と卵巣・卵管などを触って調べます。

③  細胞診
やわらかいヘラやブラシのようなものを腟内に挿入し、 子宮頸部の表面を軽くなでるようにして細胞を採取します。ほんの少し出血することはあっても痛みなどを感じることはほとんどありません。

通常、検診結果は2週間から3週間くらいで出ます。
検診は全く痛みも怖くもありません。
細胞を採取の時はほんの数分で終わります。


検診の費用


子宮頸がんの検診は受ける場所によって金額が異なります。
厚生労働省の女性特有のがん検診推進事業として、対象年齢の女性に対し子宮頸がん及び、乳がん検診の無料クーポンも配布されています。子宮頸がんの検診の場合、20・25・30・35および40齢の...

もっと読む

46 view
2017/03/12 11:54

病院に行く前に子宮頸がんについて調べてみました。


現在20代~30代の女性に急増しているのが子宮頸がんです。毎年約10,000人が発症し、約3,500人が亡くなっています。
原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こることが発見されました。
ヒトパピローマウイルスはとてもありふれたウイルスなので性交渉を経験したことのある女性の80%が感染するといわれています。なのでほとんどの女性が子宮頸がんになる可能性があります。
感染したからといってすぐにがんが発症するわけではありません。
人間の免疫力によって多くの場合、ウイルスは体から自然に排除されます。
しかし、この機能がうまく働かずにウイルスが子宮頸部に残り、長い間感染が続いた場合に、その部分の細胞が少しずつがん細胞へと進行していき、子宮頸がんとなります。


子宮頸がんはある程度進行しないと自覚症状が出ないので毎年検診を受けて早期発見するしかありません。
命はもちろんのこと、妊娠や出産の可能性まで奪ってしまい、生活や人生に大きな影響を及ぼす病気なので毎年の検診は必ず受診しましょう。


以下の症状が出たら注意...

もっと読む

54 view
2017/03/11 11:57

ついに検査結果の日がやってきました。

朝からドキドキでした。
私は2歳の子供と一緒にクリニックに行きました。
「どうか良い結果でありますように」とクリニックに向かう車の中でずっと祈っていました。
クリニックに着くと、「○○さんどうぞ」と言われ診察室の中に入りました。
すると今度は男の先生でした。
「○○さん、あー。○○さんってタバコ吸うの?」と聞かれ「いや、吸っていないです」と言うと「こういう結果の人はだいたいタバコを吸っている人なんだよね」と言われました。
「○○さん。結果は高度異形成から上皮内癌です」と言われました。
私はとてもショックで子供を抱っこしながら涙が出るのをこらえていました。
「でね、高度異形成から上皮内癌だと手術をする可能性が高いんだ。うちのクリニックでは手術はできないから、大きな病院に行ってみてくれる?」と言われ先生は紹介状を書いていました。
紹介状を書いている時に「もし手術ってなっても手術すれば今なら転移もないし100%治るから大丈夫。そんなに落ち込まないで」と言ってくれました。
帰りの車の中では涙がポロポロ出てきました。
そして家に着き母に電話をしました。
「...

もっと読む

65 view
2017/03/10 12:25

検査結果まで2週間。
長いな。
年末なのにこんな気持ちで年を明けるのは嫌だなと思っていました。


ある時、職場の同期から「新年会をやろう!」と誘われました。


年明け4人で新年会をやりました。
年齢は30歳から35歳の全員女性。
一人は独身。
もう一人は最近結婚したばかりで、もう一人は2人の子持ちです。
同じ職場ですが、部署が違うのであまり会うことがなく久々に会えてとても嬉しかったです。

食事をしながら最近の出来事を話ました。
元彼の悪口や仕事の話、自分の子供の話など久々に会ったので話は尽きません。


私は「ねえねえ、最近子宮頸がんの検診受けた?」と話題を変えると、友達は「全然受けてないや」「市から検診の通知が来たけどそのままゴミ箱に捨てちゃった」など言っていました。
私含めて4人で食事しましたが、私以外は最近検診を受けていませんでした。
同じ女性として少しショックでした。
現実はこうなんだなと思いました。
「実はね。市の検診で子宮頸がんの検査をやったら再検査が出てもしかしたら手術かもしれないんだ」と話すと「えー!!怖いね。私も次検診の通知が来たら受けようかな」と言っていまし...

もっと読む

34 view
2017/03/09 00:23

市で行っている子宮頸がんの検診で再検査となってしまったので家から近く、友達からの評判が良かった婦人科クリニックに行きました。

クリニックに着き、初診の受付を済ませ順番を待っていると、診察待ちの女性が3人ほど座っていました。
みんな平然とした顔で座っていましたが、私と同じ不安な気持ちで診察を待っている人もいるのかなと。思いながら自分もスマホをいじっていました。
待っている間もヤフー知恵袋などで、子宮頸がんのことについて調べていました。
完璧検索魔になっていました。


「○○さん。」と呼ばれ、診察室に入ると60歳前半の女性の先生が待っていました。
女性の先生ってだけで何となくホットした気持ちになりました。
「どうぞおかけください」と言われ椅子に座りました。


「今日はどういったことで来たの?」と柔らかい口調で言われ、「市の子宮頸がんの検診で引っかかってしまったので来ました。」と言い、市の検診の検査結果を先生に渡しました。


すると先生が紙を出し、軽度異形成、中等度異形成、高度異形成、上皮内癌と書き、「○○さんはHSILだから今ここね」と言われました。
「でもまだ確定した訳じゃないか...

もっと読む

51 view
2017/03/08 10:22

最初は市の検診で子宮頸がんの検診を受けたことがきっかけでした。


3年前に第一子を妊娠した時に子宮頸がんの検査を受けてからその後は特に検査をしていなかったのでそろそろしないといけないと思い検診を受けました。
出産してから半年ぐらい経った時に子宮らへんになんとなく違和感があったのですが、出産したのでその子宮の収縮とかが私の子宮で何か起きているんだろう。と思い、本当は検査をした方が良かったのですが、そこまで気にはしていませんでした。


私の市では子宮頸がんの検診は400円でできました。
その時に乳がんの検診も200円でできたので同じ日に検査をしました。


どちらかと言うと乳がんの方が心配していました。
私は今30歳ですが、18歳の時に胸にしこりがあったのでしこりを取る手術をしました。
しこりを取ると良性の腫瘍だったのですが大きさは2cmありました。
手術をして1個は取りましたが、まだ両胸に数個数mmのしこりが残っています。
そのしこりは大きくなるようなら手術をしましょうと言われただけで特になにもしていません。
今でも数年に1度は検査をしています。


子宮頸がん検診の日。
今まで数回...

もっと読む

55 view
2017/03/07 22:31
日記を投稿