あーちゃむさんの日記 (子宮頸がんの日記)

すべて
子宮頸がん

どんどんしんどくなる体。頑張らねばと思うけど気持ち悪く、哀しくなる心。
飼い主さんのにも心配され、ちょうど自宅と一駅ほどの飼い主さんが送ってあげようかと言ってくれましたが飼い主さんに自宅まで送ってもらうなんて、、、とお断りしたもののもう歩けない。。
診察もひと段落したので帰ってもいいと言われたもののバイクで帰れる自信もなく、人生で後にも先にもこの日だけ母にもうダメだと迎えに来て欲しいと電話しました。
今でこそスマートホンで地図もでるしスムースに来れると思いますが当時はガラケーで車にナビはついていましたがなぜか職場の名前をいれても出て来ず、運転に慣れていない母は困ったそうです。
父に一緒に行こうと言ったようですが、道も分からないんだからタクシーで帰ってこさせろと言ったようで近くに住むまだ子供を産んでしばらくの妹と来てくれ、信じられない。もう離婚する。と母が怒っており私のせいで離婚は困ると思いました。
確かに父が少し冷たく感じましたが、、、w
今でも妹が近くに住んでいるので孫の世話で2人仲良くしているのだと思います。
無事家に帰宅。そのまま朝まで横になりました。
朝、目を開け、ん⁇少しマシ...

もっと読む

77 view
2017/03/19 10:58

尿カテーテルを抜きいつも通りハキハキ元気に先生の診察でしたので無事退院でした。お昼くらいだったかな〜元気に退院し、一週間くらいは安静に。と言われていましたが、今考えたらそんな頑張らなくても...と思いますが、真面目な私は仕事をそんなに休めない‼︎と早速次の日から仕事復帰しました。
しかし、、、、すでに朝からなんか気持ちわるいなーと思っていましたが気のせいと自分に言い聞かせていつも通りバイクで仕事に向かいました。
時間が経つにつれて気持ちわるい、、、けど元々なかなか嘔吐ができないのでもちろん指入れたって余計気持ち悪いだけでした。ただ仕事中なので横にはなれないですが、座って頭を伏せると楽になるような気がしました。その日午前中で1人帰ってしまう日で優しい先輩は私残るよ⁇と言われましたが、自分の休みもかけたと言っても2日休んだし午前中で帰れるなんてきっと先輩も予定があるだろうと思い、大丈夫です‼︎頑張ります‼︎と伝えたもののどんどん容態は悪く、、、、座って頭を伏せるとやはりマシ、、、、どうにか壁をつたいながらも頑張って働きました。しかもそんな日に限って忙しい。。。
私はてっきりここ数日入院で寝...

もっと読む

70 view
2017/03/18 07:59

肩を叩かれと目を覚まし、すでに尿カテーテルは入っていたということは術前だったかな⁇動けないということは術後だったかな⁇
確かなもう寝たきりのときにオシッコがしたくなり看護師さんに言うと膿盆をもってきて「どうぞ」と言われました。
人間ってすごいな。と思ったのがまぁできる人もいるのかもしれませんが、意識的に⁇ベットの上ではオシッコでないんです。出ないのか恥ずかしくて出来ないのか分かりませんが全く無理でした。
しかし膀胱パンパン。じゃあ尿カテ入れますね〜とこれまた気持ち恥ずかしかったですが入れてもらった瞬間、、、ふわっと、、、w
まさにオシッコ限界我慢してトイレで排尿できたときの安心とふわっと感でした。
職場で動物に尿カテーテルを入れることがありますが動物もこういう気持ちになるのかな⁇と今だに思い、ついスッキリしたね〜と声をかけてしまいます。
術後ベットで横になりベットから点滴パックにオシッコが溜まっている私の姿をお見舞いにきたそのときの彼は笑って写真を撮っていました。失礼な奴ですね。
尿カテーテルの思い出は入れてもらった気持ち良さと外した後酷かったんです。。外した人が下手だったのか固定し...

もっと読む

76 view
2017/03/17 17:19

私の手術の時間は確か14時でした。
もちろん絶食絶飲。
朝7時に初めての浣腸‼︎‼︎
浣腸後はちゃんと出たかの確認を看護師さんにしてもらうのが恥ずかしかったです、、、皆さん慣れているのでしょうけど。
その後術衣に着替えて血栓防止のためのストッキングを履きました。
手術前の記憶は緊張と空腹。
朝から手術の人はいいなーと思いました。
そんな中前の手術が時間かかっているので15時ごろになると言われさらなる緊張と空腹感。。
ようやくいざ手術‼︎
ものすごく覚えているのは下半身麻酔‼︎
ベッドに横になり、膝を抱え込んでおへそを見るような姿勢でと言われ、言われた通りに。
しかし刺された瞬間反射的に動いてしまい、、、、
保定されましたw 確か2人か3人に抑えられて2回目で無事麻酔完了。
しかしです、、、時間が経ってどうですかー⁇と太ももを触られるが緊張しているせいかまだ感じます。と言うのが何度か続き、、、鎮静剤を使ってもらいました。その後の記憶はなくしばらくして終わりましたよ〜と肩を叩かれました。

52 view
2017/03/16 22:08

入院したときのことよりその後のことのほうが鮮明ですが手術の入院の説明の用紙を発見しました。

手術前日から入院。
初めての入院でした‼︎
動物看護師をしていますが昔母に動物の看護師になるなら人間の看護師になりなさい。と言われましたがお友達のお母さんが看護師さんで、夜中に誰もいない部屋でナースコールが鳴るとか、亡くなった人が廊下歩いてるとか実体験でしょうが私からしたら怖い話を聞いていたのでとっっても入院が不安でした、、、
病気を放置していた私に手術することになった病院を紹介してくれ、実際に別の病気ですが先に入院手術された職場の大好きな先輩が手紙と羊毛フェルトで四つ葉のクローバーを作ってくれました。
部屋は確か4人⁇6人だったかな? ピンクっぽい感じで病院‼︎と言う怖い雰囲気はありませんでした。
皆さんとっても静かで入院は音を出してはいけないものなのかっというほど静かでした。

58 view
2017/03/15 21:59

はい。旦那はまだ帰ってきていません。
毎日毎日一緒にご飯行く人がいていいね。
私が友達少ないと言うのもあるかもしれないけどこの歳になると結婚して家庭のために女性は家にいるもんね。
男は気楽で羨ましい。

記憶をたどって子宮頚がん円錐切除のための入院と手術。

その前に衝撃だったのは従前検査の結果。
これは繊細に覚えています。

麻酔を伴う手術なので親も一緒に病院へ。
「まず術前検査の結果ですが、輸血を伴う事故などされましたか?それかお母さんでしょうか?C型肝炎ですね。この手術が落ち着きましたら消化器内科ご紹介しますんで」
さらっと先生は恐ろしいことをおっしゃりました。
C型肝炎です。
聞いたこともなかった名前。
もちろん手術も事故もありません。
母は献血が好きなので肝炎なはずがないんです。
思い当たることは1つだけ。
帰りの車の中お喋りな親子でしたがものすごい沈黙。
その沈黙に耐えられず私は家に着くとすぐに美容室に行きました。
その間必死で言い訳を探しました。
きっと母も原因を調べていたのでしょう。
帰ってくるなり問い詰められました。。。
しかしもちろん本当のことを話すわけにはいかず、...

もっと読む

100 view
2017/03/14 00:28

今日は子宮頸がんでもなく妊活でもないですが、、、
はけ口がないのでこちらで愚痴を失礼します。。
毎日毎日帰ってくるのが遅い旦那にイライラ。
彼は美味しいご飯を食べるために働いてるそうなので、ご飯は作っていらんと。
まぁ私は動物病院午前中とダイコクドラック16時からのかけもちで忙しいのでそれはそれで助かるのですが、いつもヒロシという友達と食べて帰ってきます。
毎日朝昼晩外食。
家計は別なので自分のお金やから好きにしたらいいとも思いますが、私と食べてもいいじゃん‼︎‼︎
今日は仕事忙しいと聞いており私はダイコクドラック18時から22時。21時に電話してもでずだったのでまだ仕事忙しいんだなーと思って21時半過ぎにかけるとものすごい音、、、、そう、ヒロシとパチンコに行ってたのですーーーー‼︎
聞いてない。聞いてない。パチンコやめるゆうたやん。彼はパチンコは暇つぶしだそうですが。私は賭け事大嫌い。これは価値観の違いですね。
好きだけどきらい。
いっそ嫌いになれれば楽なのに。
第二の人生歩むなら早くしないとだめなのに。

45 view
2017/03/13 23:16

もう何年も子宮頚がんの検診に行かず、症状があったのか、誰かに勧められて行ったのか、市からの無料検診のお知らせがあったのかは記憶にないですが2014年職場近くの婦人科に検診に行っていました。
結果がクラスⅣにすすんでいました。
(クラス4(陽性) 上皮内がんを想定する)
手術も視野に入れてまたコルポ診 生検をするため大きい病院を紹介されました。
しかし、過去の生検の痛い記憶、、、、、
やりたくない。やりたくない。しかし進行、、、

ちょうど職場の先輩が腰が痛いとずっと言っていて子宮頚がんの検診で同じ婦人科にいくと先輩はチョコレート嚢腫かで同じ大きい病院を紹介されていて生検をしたけど全然痛くなかったと‼︎
信じられなかったけどこのままほって置くわけにはいかないと受診してみることにしました。
そこでの生検の記憶がないのできっと痛くなかったんだと思います。
そこでの記憶は従前検査の結果、尿カテ、術後再入院です。。。

56 view
2017/03/12 00:17

生検がものすごく痛かったこと、3ヶ月に一度の検診。
その当時付き合っていた彼が今思えば馬鹿らしいですが束縛がひどく、産婦人科の先生が男だったのでそんな頻繁に検診に行く必要があるのか。と、、、
まぁ確かにいつも結果結果同じだしもういっか。とまだ若かった私は病院に行くのを辞めてしまいました。
痛かった経験としょうがないですが産婦人科のためお産により自分の検査が後回しになったこと、やはり病気で通っていた私には妊婦さんや赤ちゃんの泣き声は少し辛い部分がありました。
病気のことは気になっていましたが、他の病院を探してみようと思いつつ自分が子宮頸がん異形成であることを忘れて生活していました。

43 view
2017/03/11 23:01

いよいよコルポ生検を行うことになりました。
予約した時間に行きものすごい緊張。
いつもの検査の部屋ではなくお産の部屋だったかと思います。準備万端で台で脚を広げて先生を待っていました。が、、、
「すいません。先生お産が入ってしまったので申し訳ないのですが1度待合でお待ちください」と言われ待合で待つことになりました。
多分1時間近く待ったと思います。
ようやく処置ができることになり2度目の処置台へ。
どれくらいの時間だったかは覚えていませんが、とりあえず痛い‼︎
痛かったことがものすごく記憶にあります。
あとは、私は動物看護師で先生は柴犬を飼いたいらしく相談を受けたのを覚えています。。
しかし泣きながら、、、w
声を出したりはしていませんが涙がポロポロでるくらい痛かったです。

42 view
2017/03/10 18:04

最初子宮頸がんクラスⅡで様子みましょうだったのが何年か経った検査でクラスⅢa疑陽性と進行していました。

改めて調べてみると、がんは見つからないが、細胞に異常が見られる状態がクラス3a。今後がん化する可能性が考えられる細胞があるときにクラス3bと表記されるようです。

3ヶ月に一回の検診。
毎回コメント欄にコルポ、生検をお勧めします。と書かれていました。

何度も結果の説明の時に言われましたがいままでの検査と違い一部を切り取るとか怖くて断っていましたがⅢbに進んでしまい、精密検査を実施することになりました。
コルポスコープという拡大鏡で子宮の入り口をよく観察し、異形上皮やがんが疑われる部分を切り取って組織診を行うそうです。
いままでの検査のようにフラッと検査してもらえるわけではなく予約を取って帰り不安だったのを覚えています。

30 view
2017/03/09 23:32

最初子宮頸がんが検診で発覚した病院に通っていましたが、今考えればどこの婦人科も割とそうですが、16時の予約であっても30分〜1時間は待たないといけないことと、駅直結で忙しい病院だったこともあり先生に相談しにくくなんだか苦手だったので転院することにしました。
しかし徒歩で行ける範囲では他に2つ婦人科がありましたがものすごく古い雰囲気の所とあまりいい噂のない病院だったので、車で20分〜30分程ですが周りからいいよ。と聞いた病院に行きました。
転院した先は産婦人科でまるでヨーロッパの様な作りで待ち時間ももちろんありますが雑誌やパソコンまでも置いてあり自分の番号があとどれくらいかも明確で待ち時間も快適に待てる病院でした。
検査の後結果も聞きに行くのではなく電話で教えてくれる病院でした。
楽でしたが、先生が診察中のことが多いので保留時間が長いのは困った所でした。
そしていつもお会計のとき診察とは別に210円プラスされていたので何かと思っていたら結果説明代でした。

27 view
2017/03/08 19:19

子宮頸がんについて全く知識はありませんでした。
お恥ずかしい話ですが、性行為の際出血があることがありましたが、その当時の彼が私の経験の中では大きかったのでそのせいだろうと思っていました。
社会人になり市から子宮頸がん検診のお便りがきました。
無料だしと軽い気持ちで検査に行きました。
細胞診の検査は足を開いた状態でいることの恥ずかしさぐらいで痛みはありませんでした。
一週間後検査の結果を聞きに行きました。
もちろん陰性?だろうと思っていたのにクラスⅡ。
細胞学的所見は扁平上皮化細胞が見られます。炎症性変化などが見られますが悪性細胞は認められません。
という所見で定期的に検診していくことになりました。

35 view
2017/03/07 18:43
日記を投稿