まひろさんの日記 (妊娠・出産の日記)

すべて
妊娠・出産

手足が寒くて寒くてたまりません。
妊娠すると血行が悪くなったり、筋肉が減るためとか。


お湯や暖房であたためても一瞬よくなるだけで、石みたいに急激に冷えていきます。春先なのに腹巻、厚手のタイツ、ぬくぬくのアウターと季節感のない格好。早く一枚で出かけられる季節になってほしいな…。


それでも、第一子のときよりはだいぶ見た目に対しての意欲がマシになりました。産前産後と、ファッションを気にするどころか、化粧する気力も失っていて、完全に美的意識を無くしてしまっていましたが、妊娠経験を積むにつれ、体力的に辛くても精神的な慣れが大きく、それなりにおしゃれも暮らしも楽しめるようになっているなと思います。


やっぱり部屋でも服装でも、ちょっと頑張って綺麗にしてると、気分も上がって気持ちがいいです。


妊婦になるとただでさえ、太ったり、髪の毛ボサボサになったり、黒ずんだり、毛深くなったり、荒れたり、においがきつくなったり、変なシワができたり、乾燥したり、爪が割れたり、お腹に線が入ったり、顔色悪くなったり、目が窪んだり、いきなり鼻血出たりと、見た目的には本当に嬉しくない変化がもりもりに出てくるので...

もっと読む

39 view
2017/03/26 00:37

妊娠中に絶対出現する、鼻詰まりとドライノーズ。
痛い、かゆい、苦しいを繰り返して結構辛いです。乾燥しすぎて、鼻かむと鼻血出るし、常にヒリヒリする。


不眠も、イライラも、食欲がおかしくなるのも、ホルモンバランスが崩れるだけでこんなにたくさんの変化があると思うと、人間てすごくシステマチックにできていますね。


妊娠って、してみて初めてこんなに沢山の変化があることに気づきました。
独身の頃は、あんなにお腹が大きいから、重くて動きにくそうで大変なんだろうな、くらいしか想像できなかったけど、むしろそれ以外の負担が凄すぎて、重さの負担なんて大したことない。


だから、妊娠というもの自体を経験しない男性の理解を得るのが難しいのは、仕方ないと思いつつ、主人に対して内心愚痴っぽい思いを抱いてしまうことも…


今、主人の仕事が非常に忙しく、家事も育児も協力できるような状態ではありません。
繁忙期以外は帰りが早いため、こどもの遊び相手や洗濯やゴミ出しを率先してやってくれていたので、それらがなくなってかなりしんどいです。


主人が辛いときに、更に追い討ちの負担を負わせることはできない。でも、昨日や...

もっと読む

47 view
2017/03/25 15:37

妊娠してから上80台の下40台が続いています。
妊娠で高血圧のリスクは聞いたことあるけど、低血圧はどうなんだろうと思って調べてみたら、割とあることみたい。


血流量が増えるからのようですが、頭痛やめまいが多いのはこの為か…と納得。血圧の適正値が正直よくわかっていなかったので、低いと言われて気づきました。ただ血液検査でも、貧血には一回もなったことがないので、単に低いだけの様子。


お風呂が特に気をつけなくてはいけなくて、芯まであったまると、いきなり目の前が白くなりだして、気持ち悪くなってしまいます。


なので最近は子どもと同時にお風呂に入らず、まず自分が1人で入って洗いおわってから、子どもを1人ずつ呼んで、洗っては浴槽に入れて、を繰り返して自分が長くお湯に浸かるのを防いでいます。一緒に入ってると、ついつい浴槽の中での遊びに付き合って長湯になりがちなので…。


やっと2人のお風呂のルーティンが出来てきたところでふと、3人になったらどうやってお風呂に入れたらいいんだろう、と思いました。


赤ちゃんをまず洗うにしても、上の2人を洗っている間に、結構長い間赤ちゃんを待たせなくてはいけな...

もっと読む

45 view
2017/03/24 09:01

29w
最近、検診にいってきたら赤ちゃんがななめに入ってるとのこと。
特にそれで何かあるわけじゃないけれど、こういうお腹の子プチ情報は毎回面白い。


長女のときは、「ちょっと頭がおおきいですね」「逆さになってますね」「あんまり動かないタイプですね」など先生の一言一言に、なにか悪い意味があるんじゃないかとドキドキしていたけど、今はただ純粋にそうなんだ〜と思える余裕が出来てきました。


日々忙しすぎて、痛くなってやっとお腹を意識するような生活だけど、本当に子どもは強い。ちょっと増えすぎた体重をどんどん吸い取って大きくなってね。


あと今更だけど、三姉妹って結構珍しいらしく、周りの人からなんとも言えない反応をされます。
特に、父親は息子が欲しいのが普通らしく、よく可哀想がられています笑
いいのか悪いのか、うちの夫婦が子どもの性別にあまり頓着がなくて、もし男の子でも面白かったかもしれないなーくらいにしか思わなかったので、普通は「どっちがいい!」っていうのは話のネタじゃなくて、本当に結構明確に希望があるんだなあと思いました。


人数は3人までと決めているので、そろそろ手術時に併せて...

もっと読む

47 view
2017/03/23 08:45

諸事情により実家・義実家ともにほとんど頼らないで暮らしています。
なので里帰りもなし!という話を、2人目の妊娠の時に、母子手帳をもらいにいって区役所の方にお話ししていたら、「産後・産後ヘルパー制度」のことを教えてもらいました。


家にヘルパーさんを派遣してもらえ、家事全般、上の子のお迎え、病院への付き添いなどいろんなお手伝いをお願いできるシステムです。


産前から産後半年まで、合計で80時間内で利用でき、しかも料金も格安。
一般の派遣を利用すると、1時間で3000円くらいはかかるのですが、この制度を利用すると1時間800円とかなりリーズナブルになります。
住まいの地区の区役所で簡単に登録できます。


10何社の候補施設があり、育児経験のある人が多い施設から、家事代行の専門でやっているところまでバラエティに富んでいます。そこから希望を第三まで出します。


いつから利用したいかや、主に利用したい曜日、頼みたい家事の内容も簡単に書いて提出。
あとは決定した施設から電話がかかってくるので、詳細を打ち合わせます。


わたしは、洗濯や掃除をメインにお願いしました。たまに上の子を家の中で...

もっと読む

59 view
2017/03/22 20:23

今でこそ、今回も手術か〜、くらいにしか思わないけど、最初に予定帝王切開になることを伝えられた時は少なからずショックでした。明らかに子どもの頭が骨盤よりもおおきいので、物凄く上手くいけば、もしかしたらいけるかもしれないけれど、失敗すると母体も子どもも生命の危険を伴うので、帝王切開を勧めるということでした。


遺伝的に背が低く、難産家系の一族のなかでも特にわたしは低いので、親はわたしのとても大きなお腹を見て、初めからそんな気がしていたらしいですが。実際に同じような体型だったらしい父の母親は、分娩が理由で他界しているので、少しでも危険があるなら絶対に切った方がいいと思っていたようです。


まあ危険があるくらいなら仕方ない、とあっさり手術に同意したのですが、友人たちの出産の話を聞いていると、壮絶な体験なのにちょっと羨ましいような、一生に一度は体験してみたかったなーと思う気持ちは少しあります。


VBACという選択もあるけど、わたしの場合は出産が立て続いていることもあるし、現に子宮が薄くなっているので、病院的にNGということ。


妊娠も後期になって、予定日が近づいてくると、ふとこんなどう...

もっと読む

54 view
2017/03/21 08:40

食事作りが全くできなくなったころ、なんとか野菜不足を解消したくて色々考えていました。


野菜がたっぷり入ったお惣菜は、好き嫌いのない次女には有効だったけど、そもそも野菜が好きでなく、偏食な長女は全く食べられませんでした。


前は、色々調理で工夫したり、嫌いなものでも一口、二口は練習で食べさせていたのだけど、食事提供でやっとの状態でそんな気力もなく、簡易なレトルトものにありがちな、タンパク質と糖類オンリーの食事が加速していく長女。


つわりがいつ終わるか分からないし、どうせ食べないし、このまま不健康な食事を続けるくらいなら…と子ども用のサプリメントを導入することにしました。
ハッピープラスという総合ビタミン剤です。一食分のビタミンを補えるというもので、いちごラムネのように美味しく食べられるタブレットでした。


食育に力を注いでいただけに、どんどん理想とかけ離れていく育児に切ない気持ちになりましたが、そこは体調が何とかなってから取り返そうと気持ちを切り替え、とにかく今は結果を一でも二でも良くさせる妥協策で乗り切ろうとの思いでした。


実際にどれほど効果があったかは分かりません。し...

もっと読む

34 view
2017/03/20 08:04

今でもたまに動けなくなるけど、つわりの時期は本当に寝返りを打つのも辛かったです。でも、それまでは朝から晩まで外遊びや何かのイベントで遊んでいた子ども達には耐えられない状況。
「つまらない!どっかいく!遊んで!」コールが鳴り止まない。


リビングに布団を敷いて、寝ながら絵本を読んだり、積み木をしたり、お絵かきをしたり…


どうしても外遊びをしたがるときは、ベランダにシートを敷いてキネティックサンドとお砂場セットを出してみたり…
(砂だらけの体で戻って来てリビングを走り回られる結果になったけど)


色々やってみたけどそれでもやっぱり全然足らない。母込みで3人で遊ぶのが身についてしまっていて、2人だけでは遊んでくれない。相手をしてあげなきゃと思うけど、もう辛くて辛くておかしくなりそう。


そしてついにやってしまった。
無制限huluとyoutube。それぞれの好きな動画をパソコンとテレビで再生して、その隙に休憩。
今までは時間でキチッと決めて見させていたのに、いきなり食事とトイレ、オヤツの時間とお風呂、歯磨き以外ずっと動画フル再生。


確かに子どもは落ち着き、休むことは出来たけど、...

もっと読む

39 view
2017/03/19 09:51

つわりのピークであった7週ごろから15週。吐くことはあまりないのですが、寒気とめまい、酷い倦怠感で動くことが難しくなるタイプでした。


そこで、家事を大幅に短縮する手段として大活躍したのは、100円均一の使い捨て食器。


深皿、平皿、スプーンフォーク、紙コップ、箸と、食器全てを使い捨てに変えました。
もったいないから、食洗機があるから…と第二子までは頑張っていましたが、溜まる洗い物、無くなる食器を見ているのは気分も悪く、ついにいっそ洗い物をやめてしまおうと思いきりました。


紙皿も同じ形でも用途によってサイズを分け、使ったそばからバンバン捨てました。これで、汚いキッチンから解放され、気持ちもスッキリしました。


食器が紙というのはかなり味気ない見た目ではありますが、これはだいぶ楽になった決断でした。
子どもたちは非日常感が楽しかったらしく、キャンプみたいと喜んでいました。

33 view
2017/03/18 10:27

つわり中の食事づくりが困難を極めだしたのが12週頃でした。
トイレにいくのもフラフラの状態。それでも食事は作っていました。わたしは食に対してかなり熱意と興味があるほうで、食育は特に育児で力を入れている分野でもあったからです。


しかし、炊いたご飯をよそうだけで力尽きるなか、飢えさせるよりはマシと、遂に覚悟を決め、あらゆるレトルトを組み合わせて食事を出しました。


缶詰、パウチ、箱物、ラーメン…温めるだけのものが三食続く日々。苦痛でした。大切な体を作る時期にこんな食事でいいわけがない。


特に問題は長女でした。次女は全く好き嫌いがなく、野菜が大好きだったので、レトルトでも野菜の煮物や豚汁などでそれなりに栄養は満たしていました。


長女はもともとかなり偏食があり、野菜もポタージュスープしたものやプチトマト以外は一口二口たべるのがやっとだったので、レトルト食に変わった途端、好きなもの以外は全く受け付けなくなりました。


すぐに食べられるレトルトものは特にビタミン・ミネラルが豊富とはいえず、毎日摂る野菜といえばプチトマトだけ。今度はいつまともにご飯が作れるようになるのか検討もつかない...

もっと読む

41 view
2017/03/17 08:06

本格的に体調が悪くなる前、妊娠がわかった時につわりよりも何よりも一番怖かったのが妊娠中の精神不安定でした。
普段は外に出て遊んだり、いろんな方と交流するのが割と好きなほうなのですが、妊娠した途端に、


「1人になりたい」
「ちょっとしたことで傷つく」
「攻撃的になる」


と、人付き合いには全く向かない自分がブワッと現れ、制御できなくなります。
そのため、長女の妊娠中には、ほとんど人と交流する気がなくなり、引きこもってばかりいました。次女の妊娠中も、まだ長女がほぼ赤ちゃんなのをいいことにほとんど外に出ず、妊娠後期になり落ち着くまで親しい友人とも会わずでした。


しかし、今回はそうはいきません。外遊びの権化と化した、3歳反抗期まっさかりの長女、普段は大人しいが爆発すると一時間超で泣きわめく2歳イヤイヤ期全開の次女が、毎日楽しさと刺激を求めています。


どれほど気分が落ちこもうが体力が辛かろうが、身の回りの世話だけでなく彼女らの遊び欲をどれだけ満たせるのか…。妊娠前でも過労で倒れることがあったのに。


サラウンドで響く理不尽と暴挙の連続にどこまで怒らずにいられるだろうか。妊娠前でも...

もっと読む

47 view
2017/03/16 12:02

めまいに次いで辛かった妊娠超初期状態のひとつが不眠・昼夜逆転です。


物凄くだるく疲れているのに目だけが爛々と覚め、朝方にやっと眠気が来るという状態でした。
眠りについて二時間もすれば子どもたちが目を覚ますのでろくに眠れず、日々憔悴していきました。
そのうち、昼間に強烈な眠気がくるようになり、1〜2時間眠り込んでしまうことも。


とはいえ、遊び盛りの小さな子どもたちが大人しくしていられるわけもなく、特に当時、一人遊びが全く出来ないタイプであった長女が頻繁に起こしにきて、少し静かになったと思ったら、今度はトイレに行きたい(実際はでない)と起こされるので、短時間寝ては起こされの繰り返し、疲労は蓄積され続けました。
しかも、少しといえど昼寝の時間が出来たことで夜間の不眠は加速し、全く寝られない夜も増えました。


しかし、この症状は3Wから7Wごろまで続き、突然消失しました。
第一子、第二子ともにつわりは軽かったわたしですが、この症状は必ず3回ともあり、対処法もありませんでした。


自律神経を崩しやすいタイプは不眠になりやすいとネットで見ました。そういう傾向のある方は、上のお子さんを預...

もっと読む

108 view
2017/03/15 08:20

3Wで発覚し、まだ小さすぎて妊婦健診ができず再検査となった第三子。月経予定日、4Wごろから表れた変化は「めまい」。


絶叫マシン大好きで、車酔いもほとんど経験のないタイプなのですが、このめまいに似ている症状といえば「急性アルコール中毒」。


立つと血の気が引き、手足がしゅうっと冷たくなったあと、目の前が真っ白になるような感覚とともに、ぐるぐると世界が回ります。喉の奥に詰まるような吐き気と激しい動悸、息切れ。


横になっているとマシなものの、寝返りをうっただけでぐるぐる…。


このころまで日課として、児童館や公園、プレ幼稚園、友達の家と毎日いっていたため、上の2人は急激な生活の変化にとまどっていました。普段は前後ろに子どもを乗せてアシスト自転車で移動していたのですが、転びそうになることが増え、やむなく中止にせざるを得なくなりました。室内遊びが好きでない長女は大荒れ。


また、このころから遊びに連れて行くどころか、家の中でもろくに動けなくなりました。遊びたい盛りの子供達に本当に申し訳なくて、毎日謝っていました。のんびりインドア派の次女はともかく、1時間たりとも家の中に居たくない、...

もっと読む

82 view
2017/03/14 08:13

自分の体調の変化に敏感なわたし。
初めての妊娠のときに経験して以来、第二子、第三子ともに妊娠検査薬の反応より早く、妊娠をみつけることができるという特技があります。
その中で特徴的なものを挙げていきたいと思います。

1番強烈な変化は寒気。今回、第三子を確信したころは9月中旬と気候のいい時期だったのですが、歯の根が合わなくなるくらい底冷えし、一日中高熱が出た時のような寒さに震えます。

熱を測っても36度後半とやや平温より高いくらい。(平温が35度台なので高いといえば高いのですが)

寒さの質が、肌寒いというレベルでなく、真から冷え、震えが止まらなくなるのです。


これは…と確信した私は、半信半疑の夫を横目にチェックワンファストを購入。

まだ生理予定日もきておらず、場合によっては陰性になることを、第二子の経験で分かっていたので、一応、二回用を買いました。

結果はものすごくうっすら陽性。
三日後、あらためて産婦人科に行くと、本当に豆粒のような我が子と対面しました。
小さすぎて、先生も「よく気づいたね」と何回もおっしゃるレベルで、おそらく3W位と初期すぎてこれからきちんと育つかも分から...

もっと読む

84 view
2017/03/13 02:29
日記を投稿