顕微授精(ICSI)とは?流れ、費用、受精や妊娠する確率、リスクについて

更新日:2017/03/30

顕微授精は人工授精や体外受精で妊娠が成立しなかった場合や、重度の男性不妊の場合に選択される治療法です。ここでは、顕微授精の成功率やリスク、治療の流れ、受精率、胚盤胞到達率、費用などについて解説します。

顕微授精

●顕微授精とは
●治療の流れとスケジュール
●受精率、胚盤胞到達率
●かかる費用
●まとめ

顕微授精(ICSI)とは

顕微授精とは、精子と卵子を体外で受精させ、子宮へ戻す不妊治療法の一つです。


体外受精と大きく異なる点は、体外受精が卵子に精子を振りかけて自然に受精するのを待つのに対して、顕微授精では細いガラス管を使い、卵子の中に直接精子を注入して受精を促す点です。


顕微授精は「ICSI」とも呼ばれますが、これは「Intracytoplasmic Sperm Injection」の略称です。


対象となる人

「精子の数が少ない」「精子の運動能力が低く卵子に入り込めない」といった場合や、「卵子の受精力が低い」場合など、自然に受精することが難しいときに選択される治療法です。


年齢や不妊治療歴なども考慮されますが、一般的に人工授精や体外受精で妊娠が成立しなかった場合に顕微授精の対象となります。


妊娠の成功率

日本産婦人科学会の報告によると、2013年の体外受精や顕微受精を含む高度な生殖補助技術(ART)による妊娠成功率は、全年代では総治療周期数368,764に対し「妊娠率16.3%」となっています。これを年齢別でみると、以下のような結果となっています。

年齢

総治療周期数

妊娠率

25歳

673

24.7%

30歳

8,009

26.3%

35歳

22,618

23.2%

40歳

33,543

13.7%


治療回数と妊娠成功率

顕微授精で妊娠できた人のうち、約60%が1回目の治療で、約90%の人が3回目までの治療で妊娠しています。


母体や赤ちゃんへのリスク

顕微授精だからといって母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼすということはありません。


染色体異常によるダウン症などの障害をもった赤ちゃんが生まれるリスクが高くなると思われる人もいるようですが、障害を持った赤ちゃんが生まれる確率は自然妊娠と変わりません。リスクが高いとするデータについては、顕微授精を受ける対象者の年齢層が他の治療を受ける対象者よりも高いといったように、他の要因によるものと考えられます。


排卵誘発剤の副作用が主なリスク

顕微授精の主なリスクは、体外受精と同様、排卵誘発剤の副作用や、卵巣から採卵するときの痛みや麻酔、多胎妊娠(双子以上の妊娠)による母体負担などとなります。


→副作用についての詳しくはこちら


治療の流れとスケジュール

顕微授精の基本的な流れは、「排卵→採卵(卵子の採取)→精子採取→顕微授精→胚移植」となり、受精をさせる方法以外は、体外受精と同様の流れとなります。


→治療の流れについては詳しくはこちら


顕微授精の具体的方法(卵細胞質内精子注入法)

顕微授精の具体的方法

顕微授精では、まずパーコール法やスイムアップ法と呼ばれる方法で質の良い精子を1匹選別し、ピペットと呼ばれる非常に細いガラス管の中に吸い取ります。その後、卵丘細胞を取り除いた卵子の細胞質にピペットを刺し、精子を注入します。そして翌日に受精の確認をして、受精卵を子宮に移植できる状態になるまで成長させます。


これは「卵細胞質内精子注入法」と呼ばれ、顕微授精において最も一般的な方法です。


胚移植後の過ごし方

胚移植後、妊娠判定に至る流れについても、体内受精と全く同じです。


アメリカの研究では、肺移植後、安静にしていてもスポーツなどをして体を動かしていても、妊娠成功率に関連性は認められないとの報告が出ています。あれこれ不安に思い悩むよりも、普段通り、リラックスして過ごすのが良いでしょう。とはいえ、激しい運動や飲酒、タバコなどは禁物です。


妊娠判定

妊娠判定

胚移植から約2週間後に、採尿か採血を行い、hCGホルモン値を測定することで妊娠の判定がされます。さらに、胚移植から約3週間後に超音波検査を行って、胎嚢が確認されれば正常な妊娠と確定されます。


性別の確率と産み分け

顕微授精による男女の比率については正確なデータはありませんが、自然妊娠と同様、男子の方が少し多いといわれています。


日本では、性別の特定のための着床前診断をすることが禁止されていますので、技術的には可能でも現実的には産み分けはできません。


受精率、胚盤胞到達率

  • 受精率…約70%から80%
  • 胚盤胞まで成長する確率…約30%

医療機関によって判断基準が異なるため、上記はあくまでも参考数値となります。


かかる費用

費用

不妊治療は保険が適用されないため、顕微授精も費用は自己負担となります。病院や治療内容によって金額は異なりますが、平均して1回で30万円から60万円ほどかかります。


体外受精に比べて費用が高い理由は、卵子に精子を注入する工程に6万円から8万円の費用がかかるためです。


不妊治療のためのローン、保険、助成金を利用しよう

人工授精や体外受精に比べて顕微授精の成功率は高いものの、最終的にどれくらいの金額になるか分からないまま、貯金を切り崩すのは不安ですよね。そうした場合は、不妊治療のためのローンを利用するのも一つの手です。目的ローンのため、金利も安く、利用条件も緩めなのが特徴です。


また、最近は不妊治療のための保険も登場しました。


さらに、国や自治体から助成金が支給される場合がありますので、治療の前に調べておくことをおすすめします。自治体の助成金の有無や金額は、各市町村によって異なるので、お住まいの自治体の助成額や申請期限を確認しましょう。


→不妊治療でかかる費用と助成金について詳しくはこちら


まとめ

顕微授精は、現時点で考えられる最終段階の不妊治療です。


顕微授精を検討しているカップルは、人工授精、体外受精と様々な治療を重ねてきた人が多いと思います。長期的な不妊治療により、焦りや不安、多くの悩みを抱えているかと思いますが、不妊治療を行うにあたり、それらの悩みをひとつひとつ取り除いていくことがとても大切です。夫婦で良く話し合い、納得できる治療へ取り組むようにしてください。

※本記事の内容は掲載時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。


記事監修医師宋美玄先生  

【 監修者 】
 産婦人科医・医学博士
 宋美玄 先生

投稿する