抗がん剤による味覚障害!患者様11名の体験談と食事の工夫まとめ

更新日:2017/10/31

抗がん剤の治療中に、味覚の変化がおこり、「味がわからない」「味がないため食欲がわかない」といったことで悩まれる方もいらっしゃいます。そこで、実際の患者様に、味覚障害についての体験談と食事の工夫を聞いてみました。

●具体的にどのような味覚障害があったか
●味覚障害はいつからいつまで?
●食べられた物は?調理法などの食事の工夫は?
●まとめ


具体的にどのような味覚障害があったか

抗がん剤の副作用による味覚障害では、「味がわからない」、「何を食べても苦い」、「金属のような味がする」などと悩む方がいるようです。ここでは、実際の患者様から寄せられた症状をご紹介します。

味覚障害で何を食べているのかもわからないくらいでした。苦味・甘味がさっぱりわかりませんでした。(50代 女性)

苦みは感じなかったが、塩やお醤油などの味が、薄く感じられました。(40代 女性)

抗がん剤治療の途中から、お水がまずくて飲めなくなりました。食べる物すべてが変な味で、お水すら飲めなくて辛かったです。(40代 女性)

見た目や匂いに敏感になり、ご飯や油物が食べられないです。
(40代 女性)

副作用により口内炎が酷く普通の食事がとれず、また胸の辺りがずっとむかむかしている状態で思うように食べることが出来なかった。(50代 女性)

苦味が出ました。苦味は、タマネギや紅ショウガを食べた時に特に強く感じました。(50代 女性)

塩味を感じなくて、ただ不味い砂を噛んでいる感覚でした。苦味も感じませんでした。甘味は正常でしたか食事は全く楽しむことが出来ませんでした。(50代 女性)

水が苦くて飲めず、ポカリスエットも苦くて駄目でした。(50代 女性)

何を食べても苦かったです。炭水化物が1番苦くて。水も苦かったです。(40代 女性)

すべての物が「おが屑」を食べているような味。食欲もなくなりました。(50代 女性)

味が感じにくくなり、塩味や味の強い物(辛いなど)を好んで食べました。基本的に食べてもおいしさをあまり感じないので 食欲は減退しました。水は投与から1週間ほどは不味かったです。(50代 女性)


味覚障害はいつからいつまで?

味覚障害がいつからはじまり、いつまで続くのかは気になるところですよね。味覚障害がおこる期間についての、患者様の実際の体験談をご紹介します。

抗がん剤投与後2日くらいから味がわからなくなりました。味覚障害の症状がおさまったのは、4回の抗がん剤投与が終わって2週間くらいでした。(50代 女性)

投与2回目あたりから?という感じになり、投与3回目には、お水が飲めなくなるまでの味覚障害になりました。(40代 女性)

初回投与の2~3日目から舌が白くなり、味覚障害が出ました。味覚障害は化学療法が終わるまで続きました。(50代 女性)

抗がん剤を打ち始めて3日位から口内炎の症状が出ました。(50代 女性)

5クール目から塩味を感じなくなりました。1ヶ月休薬して減約したら、味覚が戻りました。(50代 女性)

初回治療1日目から水が苦くて飲めませんでした。3回目の治療を終えた今も苦味がとれていません。(50代 女性)

1クール目は投与後10日目くらいから3日間位。2クール目は投与して5日目くらいから症状が出て1週間位。3、4クールは投与翌日から10日間味覚障害がありました。(40代 女性)

投与して数日経過後、舌はじめ口中が白く、苔が生えたようなふやけた感触に変化し味覚障害がはじまりました。化学療法終了1か月後あたりには回復していたと思います。(50代 女性)


食べられた物は?調理法などの食事の工夫は?

なるべく素材自体にハッキリとした味がある物を食べました。(40代 女性)

かろうじて少しでも食べられたのは、そうめん(麺つゆだけ薬味なし)、おもち(味なし)、塩むすびでした。薄味で単純な味なら、大丈夫なのかなと思いました。水分は炭酸水なら、飲むことが出来ました。(40代 女性)

春雨スープ、ところてん、旬の果物を食べていました。(40代 女性)

のど越しの良い物、ゼリーやプリンをよく食べていました。(50代 女性)

病院の医師からレモン水が良いようですよ、と教えて頂きました。レモン水は、良かったです!あとは、スイカが1番美味しく感じました。(50代 女性)

苦味がとれなくて、味の濃い物ばかりを食べていました。(50代 女性)

何を食べても苦かったが、冷たいアイスなら少しは平気でした。(40代 女性)

氷は熱を帯びた口中を冷ますにも重宝。水分補給も、ほぼ氷で生き延びていました。(50代 女性)


まとめ

抗がん剤治療中の味覚障害で食事が思うようにとれないと、体力の低下につながります。食事は毎日関わることですので、味覚障害は非常に辛い副作用の1つです。辛い時には我慢せず、早めに主治医に相談しましょう。


このコラムの元となったQ&Aはこちらになります。


※本記事の内容は掲載時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。


 

【 編集 】
イルイル運営チーム