【体験談】乳がんがリンパ節転移した時の症状や治療とは?6名の体験談まとめ

更新日:2017/12/07

乳がんのリンパ節転移があった患者の皆様に、「発覚前の自覚症状や痛み」「リンパ節転移が発覚した経緯」「転移発覚後の治療内容」「手術後の後遺症、抗がん剤・放射線治療後の副作用」などについて体験談をお聞きしました。

●自覚症状や痛みなどはあった?
●リンパ節転移が発覚した経緯、転移発覚後の治療は?
●治療後の後遺症や副作用、改善のために心がけていることは?


自覚症状や痛みなどはあった?

リンパ節への転移が発覚する前に、自覚症状や痛みがあったかをお聞きしたところ、5名の方が回答してくださいました。自覚症状や痛みがあったと回答した方が2名、自覚症状は無かったと回答した方は3名でした。一人ひとりの体験談を以下にまとめます。


自覚症状や痛みなどがあった

腋下にとても大きなしこりが感じられました。腋下および鎖骨喉元にも圧迫されるような違和感がありました。(50代女性)

術前の診断ではリンパ節転移なしと言われ、脇の痛みも特にありませんでした。しかし、その後手術待ちの1か月ちょっとの間に、脇が腫れぼったくなり、痛みが出ました。(40代女性)


自覚症状は無かった

乳房には自覚症状や痛みがありましたが、リンパ節の痛みはありませんでした。(50代女性)

私の場合は腫瘍が、乳頭近くで1cm位だったので、まさかリンパ節転移があるとは思いませんでした。自覚症状は全くありませんでした。(50代女性)

自覚症状は特にありませんでした。(40代女性)


リンパ節転移が発覚した経緯、転移発覚後の治療は?

どのような検査を行い、どのような結果でリンパ節転移が判明したのか、リンパ節への転移が発覚した後にどのような治療を行ったのかについて6名のにお聞きしました。

■リンパ節転移が発覚した経緯は?

PET検査でリンパに転移しているのがわかりました。左胸と腋にガンがある画像を見せてもらいました。


■転移発覚後の治療は?

乳房全摘の手術でリンパ切除もしました。

【50代/2017年4月に転移が発覚】

■リンパ節転移が発覚した経緯は?

エコー検査でリンパ節の膨らみはあったのですが、両側共だし、炎症など他の病気でも腫れるから持病のせいでしょうといわれていました。転移が判明したのは、手術の時に行なったセンチネル検査でした。


■転移発覚後の治療は?

治療は入院中に理学療法士の方とリハビリを行い、退院後は自分で続けました。1cmの腫瘍なので部分切除でしたが、リンパ節転移があったので、抗がん剤治療も行いました。放射線治療も行い、温存した胸と、腋下リンパ節、鎖骨リンパ節に照射しました。

【50代/2017年3月に転移が発覚】

■リンパ節転移が発覚した経緯は?

手術の際に転移が判明しました。センチネルリンパ節1個とり3個転移でした。


■転移発覚後の治療は?

手術→抗がん剤→放射線治療のみです。

【40代/2010年6月に転移が発覚】

■リンパ節転移が発覚した経緯は?

右乳房のしこりを自覚してから、定期的に検査を行っていました。自分の中でがん罹患の疑惑から確信に変わった時には、既に右腋下リンパ節に大きなしこりが感じられました。触ってかなり大きいと感じました…転院先にて乳房のしこりと右腋下リンパ節のしこりの組織検査にて、すぐにがん転移であることが判明し、その後の画像検査にて、鎖骨上リンパ節にまで転移していることが判明しました。


■転移発覚後の治療は?

術前抗がん剤にて、手術でも取り去ることが出来ない鎖骨上の転移部分にも注視しながら投薬を行いました(FEC /4回、ドセタキセル/4回)。手術にて右乳房全摘および腋窩リンパ節郭清。鎖骨上あたりまでの範囲での放射線治療も実施されました。

【50代/2013年5月に転移が発覚】

■リンパ節転移が発覚した経緯は?

手術時にリンパ節が腫れていたとのことで、腫れているリンパ節は切除、術後の病理検査でリンパ節転移確定。2/2個転移(センチネル1個、非センチネル1個)でした。


■転移発覚後の治療は?

抗がん剤を3か月(TC1回、EC3回)→放射線(腋窩+乳房+鎖骨上)→現在は、ホルモン治療中(リュープリン注射+タモキシフェン)

【40代/2014年10月に転移が発覚】

■リンパ節転移が発覚した経緯は?

術前検査CT検査などでも転移の所見は無かったので、安心して手術にのぞみましたが、センチネルリンパ節に1個転移があり4個のリンパ節をとりました。


■転移発覚後の治療は?

まだ初期でおとなしいタイプのガンだと聞いていたのですが、広がりがあったため再度手術になりました。放射線治療も受けました。

【40代/2015年8月に転移が発覚】

治療後の後遺症や副作用、改善のために心がけていることは?

リンパ節転移の治療後の副作用について5名のが回答してくださいました。それぞれの治療ごとにどのような後遺症、副作用があったのか患者の皆様の体験談をまとめました。


リンパ節郭清による後遺症

リンパ浮腫になりマッサージとスリーブしています。違和感はすごいありますが先生からは「神経切っているから仕方ない、改善はするが時間かかる」と言われました。(50代女性)

腕が元に戻るかはリハビリ次第と言われ、2、3か月リハビリを続けました。頑張った成果が出たのか今では普通に動かせます。でも今までより疲れやすくなった気がします。無理をすると浮腫んできそうなので、注意しています。手術で神経を切っているため、二の腕から脇、横腹周辺の感覚が鈍いです。回復しないかもしれないし、回復するにしても年単位で考えてくださいと言われました。(50代女性)

最初の1年位はマッサージを行っていたからか、浮腫はありませんでした。しかし、浮腫がなかった事で安心して、マッサージを行わなくなってから、浮腫になりました。今は、マッサージを再開して怠さは軽減していますが、手首で2cm程差があります。スリーブは、すすめられていますが作っていません。(40代女性)

リンパ節郭清を行ったのが利き手側なため、日常的な負荷はかかります。一番の苦痛は、荷物を持つことです。買い物をした後に荷物を持っての帰宅の途は本当に辛いです。また、就寝時に胃の向きを右下にして休みたいのですが、右腕が身体の下敷きとなり、これもとても負荷がかかります…。張ったような重さやだるさ、凝ったような痛みは常にあります。手指の握りの悪さも感じます。(50代女性)


抗がん剤治療による副作用

術前抗がん剤による痺れ、筋肉や血管のひきつれなどの影響は4年経った現在でも残っているようにも感じます。(50代女性)


放射線治療による副作用

放射線治療で日焼けのように皮膚が黒くなるのですが、鎖骨リンパ節にも照射していて、鎖骨付近の焼けタダレがありました。骨に反射するからか鎖骨付近が一番症状が出るようです。放射線治療の焼けタダレは、治療終了後3週間位で乾きて、1か後位で少し痕が残っている位になりました。黒く焼けた脇の方が、まだ赤みがあり、擦れるからか治りが遅い気がします。(50代女性)

放射線治療終了から1年後ぐらいにリンパ浮腫になり、スリーブをつけています。私は腋窩郭清はしていないので、放射線の影響の可能性があると言われました。術後、リンパ浮腫予防のために、病院で指導を受けたとおりに肩を回したり腕の上げ下げなどもしていましたが、発症してしまいました。(40代女性)

※本記事の内容は掲載時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。


≪コラムの元となったQ&A≫

リンパ節転移があった方!体験談を教えてください!


≪みんなのブログ≫

乳がんに関するブログ一覧
日々の出来事から気になるお悩みまで集まっています!



 

【 編集 】
イルイル運営チーム