≪医師監修≫妊娠中の子宮頸がん検診で異常があった場合はどうする?検査は妊娠に影響する?

更新日:2017/12/28

関連 :

妊娠中に子宮頸がん検診を受け、異常所見あるいは子宮頸がんが見つかった方は、正常な出産に影響がないか不安に思われる方も多いでしょう。このコラムでは、妊娠中の子宮頸がん検診受診や発見された子宮頸がんが妊娠に及ぼす影響と対処法について、実際に子宮頸がんの各種精密検査から外科手術、抗がん剤による化学療法などをされている婦人科がん専門医の先生にお聞きしました。


記事監修医師鈴木光明先生  

【 記事監修 】
 新百合ヶ丘総合病院がんセンター センター長
 鈴木光明 先生


●妊娠中の子宮頸がん検診は妊娠に影響する?
●妊娠中の子宮頸がんは増えている
●高度異形成から上皮内がんと診断された場合
●早期浸潤がん(ⅠA期)と診断された場合
●ⅠB期、Ⅱ期と診断された場合
●まとめ


妊娠中の子宮頸がん検診は妊娠に影響する?

妊娠への影響はありません。ただ、妊娠中は子宮頸部の血流も増加するので、粘膜細胞を採取した時に多少は出血する場合があります


妊婦さんの中には、微量の出血でも流産を心配される方がいらっしゃいますので、検体の採取法(頸部の奥まで採取する必要はないなど)や、流産などの心配のないことを十分に説明し、恐怖心を取り除いた上で検査を行います。


妊娠中の検体採取方法

子宮頸がんの検診

子宮頸がんが一番できやすいのは子宮の入り口部分なため、検体採取は頸部(外側)表面をこすって細胞を採取します。がんは頸部内側の部分にできることもあるので、頸部の少し内側まで器具を入れて細胞を採ることも必要です。


妊娠していない場合は通常、両方から細胞を採りますが、妊婦さんの場合は頸部内側の部分の検体を採取しない場合が多いです。妊婦さんでは、がんのできやすい部分が頸部外側が多いため、奥の方の細胞を採取しなくても良いことが多いのです。


妊娠を契機に子宮頸がん検診をスタートする方も多い

現在、地方自治体の9割以上が妊婦さんに検診クーポンを配布しており、無料で子宮頸がん検診(細胞診検査)を受けられます。したがって、日本では妊娠を契機に子宮頸がん検診をスタートする方が多いと言えます。


≪みんなのQ&A≫

妊娠中に頸がんが発覚…皆さんは何か症状や兆候はありましたか?


妊娠中の子宮頸がんは増えている

20代、30代の若年女性の子宮頸がんは20年前に比べ約2倍に増加しています。妊娠が多いのはこの世代なので、妊娠中の子宮頸がんが増えていることになります。したがって妊娠するとがんが増えるというわけではなく、妊娠をする年齢層での子宮頸がんが増えているということです。


高度異形成から上皮内がんと診断された場合

高度異形成あるいは上皮内がんと判定された場合、非妊婦では日本婦人科腫瘍学会の「子宮頸がん治療ガイドライン」で推奨されている治療は子宮頸部の円錐切除になります。


しかし、妊婦さんでは、円錐切除による出血や流早産を避けたいため、組織検査、細胞診検査、コルポスコピー検査の所見が一致している場合(正確な診断がなされている場合)は、分娩まで円錐切除を延期することが推奨されています。分娩後1か月くらいたってから精密検査を再度行い、円錐切除を行うことが多いです。


早期浸潤がん(ⅠA期)と診断された場合

早期浸潤がん(ⅠA期)が疑われる場合は、妊娠中であっても診断確定のために円錐切除が勧められます。また、上皮内腺がん(AIS)の場合も円錐切除が必要となります。これらの場合、早産や流産のリスクが増すことがあります。


ⅠB期、Ⅱ期と診断された場合

ⅠB期、Ⅱ期の治療は、子宮頸がんと診断された時期により異なってきます。まず、胎児が子宮外生存可能な状態ならば、原則的に胎児を娩出させ、その後、速やかに子宮頸がんの標準治療を行っていきます。


もし、胎児が子宮外生存の可能性がない場合は、2つの選択肢があります。1つは、妊娠を継続せずに標準治療を行っていきます。もう1つは、胎児の発育を待って娩出(多くの場合帝王切開)し、その後に標準治療を行っていきます。治療方針の決定は、主治医と治療の危険性について十分に話し合った上で、検討していく必要があります。


≪みんなのQ&A≫

円錐切除手術をした後に妊娠した方はいますか…?


まとめ

はじめに、どのステージの子宮頸がんであるかを正確に診断し、ステージが決定したら、子宮頸がん治療ガイドラインに沿って治療を受ける必要があります。ガイドラインはこれまでに蓄積された数百例、数千例のデータから導かれた結論です。以上を十分勘案した上で、患者さん自身が主治医やご家族と相談して、納得できる治療方法を選択していくことが大切です。

※本記事の内容は掲載時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。


≪みんなのブログ≫

子宮頸がんに関するブログ一覧
日々の出来事から気になるお悩みまで集まっています!