【体験談】子宮体がん発覚前に症状はあった?検査の痛みや費用は?みんなの体験談まとめ

更新日:2017/12/13

関連 :

子宮体がんの患者の皆様に「子宮体がんの検査を受けたきっかけ」「検査の痛みや出血の程度」「検査を担当した医師の性別」「検査を行った時に実際にかかった費用」について体験談をお聞きしました。

●子宮体がんの検査を受けたきっかけは?
●検査の痛みや出血の程度は?
●検査は男性医師?女性医師?
●検査時に実際にかかった費用は?
●まとめ


子宮体がんの検査を受けたきっかけは?

子宮体がんの検査は子宮頸がんの検査と異なり、検診を受ける機会はそうそうありません。みなさんはどのように子宮体がんが発覚したのでしょうか。定期的に検査を受けていたのか、何か症状があって検査を受けたのか、検査を受けるきっかけについて実際の患者様にお聞きしました。

子宮がん検診は、40代前半に受けてから10年近く受けていませんでした。不正出血が続き、尋常じゃない目眩、下腹部の痛み、帯下異常など様々な症状があったため、婦人科を受診しがんの検査を受けました。【50代女性】

不正出血が気になり、婦人科へ行った際に子宮体がんの検査を受けました。【40代女性】

私の場合は、子宮筋腫の手術を受けた際に体がんの可能性も伝えられたため、2ヶ月に1回は検査を受けていました。【40代女性】

子宮体がんの検査はしたことはありませんでしたし、子宮体がん自体も知りませんでした。半年ほど不正出血が出たり止まったりしていました。最初のうちはおりものに血が少し混じる程度だったのが、段々と量が増えてきて、トイレへ行くたびに便器の中が真っ赤になるくらい大出血していたので、さすがにおかしいと思い婦人科のクリニックへ行きました。【40代女性】


≪関連するコラム≫


検査の痛みや出血の程度は?

子宮体がんの検査は子宮頸がんよりも痛いとも言われていますが、実際のところはどうなんでしょうか。検査の痛みや出血の程度についてお聞きしました。

細胞診の痛みは少し感じるくらいの痛みで出血はナプキンを使うくらいありました。組織診の方が痛みも出血も大きかったです。【50代女性】

細胞診の検査の時は、少しだけ痛みがありましたが出血はありませんでした。検査後の体調は、普段と変わらずでした。【40代女性】

細胞診や組織診は、子宮頸がんの検査より多少痛みがありました。出血は普通用ナプキンにちょびっと付く程度で早ければ1日、長くても2、3日には痛みは治まってました。問題は子宮鏡検査で、私の場合は、麻酔をしても痛みがすごくありました。終わっても痛みがひどく直ぐに帰れなかったので、ケアルームに移動して2時間程休ませてもらってから帰宅しました。【40代女性】

検査の痛みは、器具を入れられた瞬間から鈍痛を感じました。最初に診てもらったクリニックでは出血がひどく止血のためにガーゼを膣に入れられて、帰宅してから自分で取るように言われました。紹介状を書いてもらって翌日に行った総合病院では、組織診か細胞診か分かりませんが同じように器具を入れられた時も涙が出るくらい痛くて、出血量もかなりあったようです。【40代女性】


≪みんなのQ&A≫


検査は男性医師?女性医師?

検査を担当した医師の性別についてお聞きしました。

担当医師は、最初に受診した婦人科クリニックも大学病院の外来主治医、手術担当医師、病棟担当医師すべて女性でした。今も外来で当初からの主治医に受診しています。【50代女性】

女性医師でした。凄くいい先生でした。【40代女性】

医師は男性医師・女性医師両方です。定期的に代わったりされていたので。【40代女性】

検査は、クリニックの時は50代くらいのベテランの女医さんで、総合病院の時はまだ医局員の若い男性の先生でした。【40代女性】


検査時に実際にかかった費用は?

検査を行った際にどれくらいの費用がかかったのかお聞きしました。

子宮がん検診の費用は、ちょうど市の受診年齢だったので、子宮頸がんと体がんの細胞診と初診料を合わせても5000円くらいですみました。組織診と大学病院の初診料も合わせて1万円はかからなかったと思います。【50代女性】

6000円ぐらいでした。【40代女性】

費用は6000円から8000円位です。細胞診・組織診以外に血液検査等も含まれたりすると変わってしまうので。【40代女性】

費用ははっきりとは覚えてませんが、クリニックでは3800円くらい、総合病院では検診の他に血液検査とCT造影検査もしたので1万5000円くらいしたと思います。【40代女性】


まとめ

子宮体がんの検診は、2年に1回の受診が推奨され市町村からクーポンが配布される子宮頸がんの検診とは異なり、定期的に受ける機会はありません。不正出血がある、何かがおかしいと感じたら婦人科を受診しましょう。

※本記事の内容は掲載時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。


≪コラムの元となったQ&A≫


≪みんなのブログ≫



 

【 編集 】
イルイル運営チーム